加賀市主催イベント「加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議」目の前の社会課題の解決だけでなく、より未来志向で地域を考える無料ハイブリッドイベントを12/10(土)に開催

加賀市主催イベント「加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議」目の前の社会課題の解決だけでなく、より未来志向で地域を考える無料ハイブリッドイベントを12/10(土)に開催

加賀市主催イベント「加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議」目の前の社会課題の解決だけでなく、より未来志向で地域を考える無料ハイブリッドイベントを12/10(土)に開催

加賀市(市長:宮元 陸)は、2022年12月10日(土)にWeb3.0関係者が集まる環境やコミュニティを形成するために、日本全国のWeb3.0関係者へ向けたイベント「加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメント〜」を開催します。
ディー・フォー・ディー・アール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤元 健太郎、以下D4DR)は、本イベントの運営支援をするとともに、代表の藤元健太郎が総合コーディネーター/モデレーターとしてイベントに登壇します。

コンテンツ [表示]

  1. 1イベント概要
  2. 2イベント申し込みページ

加賀市では、先端技術の社会実装によって地域課題の解決や市民生活の質の向上を実現する「スマー トシティ加賀」の実現を目指しています。

2018 年 3 月には日本で初めて「ブロックチェーン都市」形 成を宣言し、行政が先端技術導入を先導するまちづくりに取り組んでいます。

また、2019 年 11 月には エストニア共和国のハープサル市との間で友好交流覚書を締結し、電子国家エストニアとの交流を深め るとともに、電子居住制度 e-Estonia を参考モデルとした新たな関係人口の創出を目指す「e-加賀市民 制度(加賀版 e-Residency)」を 2021 年 5 月に発表しました。

その後マイナンバーカードの普及率で国内トップクラスとなり、デジタル ID 基盤の構築を進めるとともに、デジタル田園都市国家構想を 先導する役割として国家戦略特区「デジタル田園健康特区」へ 2022 年 4 月に指定されています。

加賀市主催イベント「加賀市 Web3.0 未来エンパワーメント会議」 目の前の社会課題の解決だけでなく、より未来志向で地域を考える 無料ハイブリットイベントを 12/10(土)に開催 今後、日本の地方都市を代表する電子自治体としてさらに加速すべく、Web3.0 を活用したスマート シティにも取り組んでいきたいと考えています。

今回「加賀市 Web3.0 都市構想」を発表し、国家戦略 特区としての特例措置や実質コストゼロ起業の支援サービスなど、関係人口100 万人創出を掲げる加賀市ならではの施策を、Web3.0 エンジニアやクリエイターなどに広く知っていただくとともに、 本イベント前に記者発表する e-加賀市民制度の実証を満を持して実施するにあたり、加賀市での Web3.0 の取り組みをサポート・推進する環境・コミュニティ形成の下地作りのスタートにしたいと考え、本イベントを開催いたします。

イベント内容は、プレゼンテーションとして「加賀市 Web3.0 都市構想」について、加賀市の最高デ ジタル責任者である山内智史が説明し、ゲストの株式会社フィナンシェ代表取締役 CEO 國光宏尚氏に 世の中の Web3.0 の現状と地方創生における可能性についてお話いただきます。

また、ディスカッショ ンは「Web3.0 の地方創生における可能性・地方ならではの強みについて」と題して、テーマを① 「Web3.0×地方創生」、②「Web3.0×加賀市」と分けて行います。

ディスカッションゲストに、スポー ツを通して地域活性化に取り組んでいる琉球アスティ―ダスポーツクラブ代表取締役早川周作氏や、ブ ロックチェーン業界・産業が発展するために貢献されている株式会社ブロックチェーン戦略政策研究所 代表取締役樋田桂一氏、ソニーのグループ内スタートアップでかつ e-加賀市民事業の採択業者であるコ ーギア株式会社代表取締役社長川村文彦氏に加わっていただき、テーマを掘り下げていきます。

加賀市だけでなく、他の地域でも地方創生の参考としていただける内容で実施いたします。

目前の課 題を解決することに注力するのではなく、ありたい未来から「バックキャスティング」で今を捉 えて、新たな取り組みを創出するヒントを得られるイベントです。

イベント概要

日時:2022 年 12 月 10 日(土)14:00~17:00(現地開場 13:30~/オンライン入室開始 13:50~) ※オンライン参加の方は~16:25 にて終了となります。

会場:ホテル アローレ(石川県加賀市)/オンライン(Zoom ウェビナー) 参加費:無料 参加申込:https://www.d4dr.jp/kagacity-web3event-221210

申込締切:オフライン 2022 年 12 月 7 日(水)正午/オンライン 2022 年 12 月 9 日(金)正午

テーマ: 「加賀市 Web3.0 未来エンパワーメント会議〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメン ト〜」

イベント登壇者:

株式会社フィナンシェ代表取締役 CEO 國光 宏尚 氏

琉球アスティ―ダスポーツクラブ代表取締役 早川 周作 氏

株式会社ブロックチェーン戦略政策研究所代表取締役 樋田 桂一 氏

コーギア株式会社代表取締役社長 川村 文彦 氏

加賀市長 宮元 陸

加賀市最高デジタル責任者 山内 智史

総合コーディネーター: D4DR 株式会社 代表取締役社長 藤元 健太郎

イベント申し込みページ

加賀市Web3.0未来エンパワーメント会議〜バックキャスティングでありたい未来をエンパワーメント〜
加賀市では、先端技術の社会実装によって地域課題の解決や市民生活の質の向上を実現する「スマートシティ加賀」の実現を目指しています。 2018年3月には日本で初めて「ブロックチェーン都市」形成を宣言し、行政が先端技術導入を先導するまちづくりに取り組んでいます。 また、2019年11月にはエストニア共和国のハープサル市との間で友好交流覚書を締結し、電子国家エストニアとの交流を深めるとともに、電子居住制度e-Estoniaを参考モデルとした新たな関係人口の創出を目指す「e-加賀市民制度(加賀版e-Residency)」を2021年5月に発表しました。 その後マイナンバーカードの普及率で国内トップクラスとなり、デジタルID基盤の構築を進めるとともに、デジタル田園都市国家構想を先導する役割として国家戦略特区「デジタル田園健康特区」へ2022年4月に指定されています。 今後、加賀市は日本の地方都市を代表する電子自治体としてさらに加速すべく、Web3.0を活用したスマートシティにも取り組んでいきたいと考えています。 D4DRでは、これまでリサーチを繰り返し創り上げたナレッジをフルに活用して未来を予見し、未来から時間を逆引きしてシナリオを描くバックキャスティングアプローチで、2030~2040年を視野に入れた戦略づくりをサポートしています。 本イベントは、石川県加賀市が主催、D4DRが企画運営支援をし開催します。 イベントでは「加賀市Web3.0都市構想」を発表し、国家戦略特区としての特例措置や実質コストゼロ起業の支援サービスなど、関係人口100万人創出を掲げる加賀市ならではの施策を広く知っていただけます。また、イベント前に記者発表するe-加賀市民制度の実証を実施するにあたり、加賀市でのWeb3.0の取り組みをサポート・推進する環境・コミュニティ形成の下地作りのスタートにしたいと考えています。 加賀市だけでなく、他の地域でも地方創生の参考としていただける内容で実施いたします。目前の課題を解決することに注力するのではなく、ありたい未来から「バックキャスティング」で今を捉えて、新たな取り組みを創出するヒントを得られるイベントです。

▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly