VTuber
VTuber

Vtuberによるレトロゲーム実況は個人レベルで可能なのだろうか

顔出ししたくないけどYoutuberになりたい

若者のなりたい職業の上位にYoutuberがランクインするようになったが、自身で可能かといえば勇気が出ない。顔出しすれば、上手くいっている時は良いのだろうが、炎上した際は大きなリスクが伴うことが予想されるからなのは言うまでもない。

ところが「Youtuber」と「顔出しNG」をメリットのみで両立させる動画が目立ち始めている。それがバーチャルYouTuberだ。

Vtuberとは。自身で理解を深めるためにまとめてみた。

バーチャルYouTuber(バーチャルユーチューバー、Virtual YouTuber、VTuber)は、YouTuberとして動画配信・投稿を行うコンピュータグラフィックスのキャラクターの事。

YouTube以外のサービスを利用する際などにYouTubeという特定のサービス名を使用することを避けるため、単に「VTuber」(または「バーチャルライバー)と呼称することがある。

「外見がコンピューターグラフィックスやイラストのキャラクター」であるユーチューバーを指す用語であり、2016年12月に活動を開始したキズナアイが初めて使用した。
これ以前にも同様の技術を使用したキャラクターは存在したのだが、それらのキャラクターは当時はバーチャルYouTuberとは呼ばれていなかった。

そのため当時はバーチャルYouTuberという語はキズナアイのことを指す単語でしかなかった。

ミクと同じくキズナアイがカンブリア爆発


2017年からは、「電脳少女シロ」、「ミライアカリ」「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」、「輝夜月」など、今日でも多くの視聴者数を確保している仮想YouTuberが新規に参入し、キズナアイが自称として使っていたバーチャルYouTuberという語はこうした仮想YouTuberの総称として認識され、使用されるようになった。

こうしたキャラクターの中にはグッズ販売を行ったり地上波のテレビ番組に出演するなど、メディア展開するものもある。その際の分かりやすい呼び名としてバーチャルYouTuberの呼称が使われる場合もある。

バーチャルYouTuberは様々な実験や検証、対談、知識の伝達、ファンとのコミュニケーション、ゲーム実況、歌、ダンスなどを活動内容としている。
音楽との親和性が高いともされ、オリジナル曲の楽曲提供やバーチャルYouTuberに特化した音楽レーベルの設立、VRライブの開催など音楽業界との交流も進行中。
2019年1月2日にはNHK総合でバーチャルYouTuberの歌に関する特別番組「NHKバーチャルのど自慢」が放送された。また、ファンによる二次創作活動も多く見られる。

なりたい自分になるため

バーチャルYouTuberの総数は7000人を超えており、2018年7月10日時点で、登録者数の合計は1270万人、動画再生回数は7億2000万回を上回っている。
「なりたい自分になれる」「制約を乗り越えることができる」ことが大きな魅力であるとされ、現実の性別・外見にとらわれない活動をする者も多数存在する。

なるほど徐々に質・量ともに上がってきたため、目に付くようになってきたのだと感覚的に理解していたようだ。
しかしながら、すぐに自身で使用できるかといえばそれは違う。

単純に動画をYoutubeにアップするだけなら、携帯で撮影したビデオや各種動画作成用のアプリで作成することもできたし、この方法なら大きなコストをかける必要はない。

だがVtuberとしての動画を作成するなら、最低限3Dモデルの作成、キャラクタの音声のへ対応は必要だし、すでに個人で作成するよりは会社組織などで制作運営されているのが現状であろう。

俺はレトロゲームで行く

それでもリスクを回避可能であるVtuber動画のアップは魅力があり、最低限のクオリティが保てるのであれば個人で運営してみたい。

私にとってレトロゲームの実況は、やりたい事とリスクヘッジの両立ができるカテゴリーだ。

レトロゲームが明確な定義が設けられているわけではなく、特に家庭用ゲーム機においては主に年代によって変化していく概念であり、ファミコン以前を指していたり、セガサターン・プレイステーション(1994年)より前に発売されたハードの作品を指すようになったりしている。

最新の技術が使用されているVtuberによる、メガドライブのレトロゲーム実況という組合せ等は、色々なギャップゆえに賛否両論あって再生数を稼げるのではないかと考えている。