小説・ライトノベル10,000点以上が読み放題! 「角川文庫・ラノベ読み放題」スタート!

KADOKAWAが誇る各文庫レーベルの本が、毎月定額料金で読み放題となる「角川文庫・ラノベ読み放題」がスタート。

サブスクリプション方式でKADOKAWA系列の文庫が読み放題!

月々一定の料金を課金するサブスクリプション方式で、豊富なコンテンツが読み放題となります。気になるラインナップも角川文庫をはじめ、電撃文庫やスニーカー文庫などのライトノベル、ビーズログ文庫や角川ビーンズ文庫などの女性向けレーベルも読み放題に含まれています。また「文芸カドカワ」や「デジタル野性時代」といった文芸雑誌のバックナンバーも読み放題に含まれています。

また、収録されている作品には2019年の最新のものも含まれていますので、懐かしい本だけが公開されているというわけではありません。
またライトノベルではシリーズ全巻が読み放題となっているものも多いので、途中で買い足す必要がないのも好印象です。ただ全巻読み放題になっているタイトルは一部ですので、注意が必要です。

「角川文庫・ラノベ読み放題」の料金は月額760円(税抜)(※Apple ID決済は840円(税込))ですが、サービス開始から2020年1月31日(金)までの間は無料でこのサービスをお試しいただけます。

角川文庫・ラノベ読み放題】公式サイト

オススメの文庫を紹介!

涼宮ハルヒの憂鬱(谷川 流/角川スニーカー文庫)

2003年に第1巻が発売され、2006年にアニメ化され人気が爆発。00年代のライトノベルを代表する作品となりました。普通の高校生キョンが、行動力が突出している同級生の涼宮ハルヒ
に振り回される学園コメディ。現在は装丁が一新されて角川文庫版が発売中です。

 

 イリヤの空、UFOの夏(秋山瑞人/電撃文庫)

2001年に発売された2005年にOVAが発売されました。00年代のオタクカルチャーを語る上では切り離せない「セカイ系」の代表的作品です。「セカイ系」とは「ボクとキミの小さな世界」が直接的に世界滅亡や全人類の運命に関わってくるような物語です。セカイ系の作品としては他にもコミックの「最終兵器彼女」(高橋しん/小学館)やアニメ「ほしのこえ」(監督:新海 誠)などが挙げられます。

 

 ロードス島戦記(水野 良/角川スニーカー文庫)

第1巻は角川文庫、第2巻以降は角川スニーカー文庫というライトノベル草創期の代表作。2019年に新章が始まったことで再注目されています。ライトノベルの歴史を語る上で外せない作品であり、日本の異世界ファンタジーが舞台の作品で影響を受けていない作品はないと言っても過言ではありません。
この作品の挿絵に描かれたエルフのディードリットの耳は、その後の全世界のファンタジー作品のエルフの耳に影響を与えたと言われています。
この「読み放題」では、1988年に発売されたオリジナル版の1巻と2013年に発売された新装版の読み比べができます。

 

 この他にも森見登美彦や「金田一シリーズ」でおなじみの横溝正史、「忍法帖」シリーズの山田風太郎などエンターテインメント作品がずらりと揃っています。
通常の読み放題ですと「1万冊が読み放題!」と言って、見たこともない読み切りマンガや自費出版の自伝などが並んでいたり、雑誌のバックナンバーも1万冊に含まれていたりするものですが、こちらはKADOKAWAから発売されている文庫の読み放題ですからクオリティも安心です。

年末年始の休暇で交通機関での移動が増える季節です。202年1月末まで無料ですので、まずはお試しで加入して、電車や飛行機の中で利用してみてはいかがでしょうか?

 

 


以下、リリース


 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下、KADOKAWA)と株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋場一郎)は、電子書籍総合ストアBOOK☆WALKER(以下、BOOK☆WALKER)にて、本日12月3日(火)より、月額760円(税抜)でKADOKAWAの配信する電子書籍10,000点以上が読める、小説の定額制読み放題サービス「角川文庫・ラノベ読み放題」をスタートします。
 月々一定の料金で豊富なコンテンツを利用できるサブスクリプション方式により、読者は気軽に豊富な電子書籍を利用でき、新しい形の読書体験をすることができます。読書の楽しさを、より多くの方々に感じていただくことができる新サービスとなります。
 読み放題の対象作品は、創刊70年の歴史を持つ角川文庫の不朽の名作や、アニメや映画などをはじめとする様々なメディアミックス展開がされたライトノベルの話題作など、バリエーション豊かに揃えており、その数10,000点以上。デジタルの利点を活かし“いつでもどこでも、場所も手間もとらずに”これら豊富な作品にアクセスすることができます。
 「角川文庫・ラノベ読み放題」の料金は月額760円(税抜)(※Apple ID決済は840円(税込))ですが、サービス開始から2020年1月31日(金)までの間は無料でこのサービスをお試しいただけます。

【角川文庫・ラノベ読み放題】公式サイト:https://bookwalker.jp/ex/feature/subscription/?adpcnt=7qM_N3f

 KADOKAWAとBOOK☆WALKERが挑戦する読み放題という新しい読書体験を、この機会にぜひお楽しみください。

■「BOOK☆WALKER」とは
 出版社直営の総合電子書籍ストアです。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCにてお楽しみいただけます。今後も作品ラインナップの充実とともに、出版社直営の総合電子書籍ストアとして、新しい読書スタイル、より良いサービスの提供を目指してまいります。
●BOOK☆WALKER公式サイト:https://bookwalker.jp
●公式Twitterアカウント:(@BOOK_WALKER

■株式会社KADOKAWAについて
 出版、映像、版権、デジタルコンテンツ、ネットワーク・エンターテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営、動画コミュニティサービスの運営などを行う会社の経営管理と、それに関連する事業などを幅広く展開しています。デジタルトランスフォーメーション戦略の推進によって、優れたIPの創出と多重化、メディア展開の拡充を図り、世界有数のメディアパブリッシャーへの成長を目指しています。
●KADOKAWAオフィシャルサイト:https://www.kadokawa.co.jp/