Netflix人気ドラマシリーズ『Witcher Season2』が新型コロナウイルスの影響で撮影中断

Netflix人気ドラマシリーズ『Witcher Season2』が新型コロナウイルスの影響で撮影中断

こちらの記事は海外ニュースサイト「DEADLINE」のこちらの記事を参考に書かれています。

コロナウイルスの大流行により、Netflixは撮影に入ったばかりの 『The Witcher』 第2シーズンの撮影を一時的に中止することになりました。

撮影中断期間は2週間! 状況によってはさらに延長も

シーズン1が大好評を得たNetflixのドラマシリーズ『The Witcher』。こちらの第2シーズンの撮影スケジュールは今後、2週間は何も書かれていない状態になりました。
さらに新型コロナウイルス流行が拡大しているため、この撮影休止期間はさらに長くなりそうという予測もあります。
Netflixは撮影スタッフと出演者の健康と安全を第一に考えており、病気を取り巻く状況が好転したときのみ、撮影再開するとのことです。

『The Witcher』 第2シーズンはイギリスで撮影されており、この撮影中断の決定はイギリスでコロナウイルスの影響で撮影を中断した初めてのテレビドラマシリーズとなりました。
この撮影中断期間中でも撮影スタッフにはNetflixから報酬が支払われるとのことです。

『The Witcher』を皮切りにNetflixの作品は撮影中断になる可能性も

この撮影中断の決定は『The Witcher』 第2シーズンだけに限った話ではありません。Netflixは先週、米国とカナダのプロダクションを閉鎖するという全面的な決定をしたという情報も入っています。
これまでNetflixでは新型コロナウイルスへの対策は、製作チームごとに対応していましたが、『The Witcher』 の撮影中断が決定した以降は、イギリス国内のすべての独立系プロダクションの活動を中断させるとの噂もあります。

『The Witcher』 第2シーズンは1ヶ月前に撮影が始まったばかりで、公開は2021年の初めでした。しかしこの撮影中断で公開は遅れることになるでしょう。もしかしたら2021年の公開も危ういかもしれません。

『The Witcher』第2シーズンにはヘンリー・カヴィルが演じるジェラルド以外のウィッチャーも登場します。ゲームに登場するエスケルとランバートはスエ・エルステッド・ラスムッセンとポール・ブリオンが演じます。

『The Witcher』とは!?

『The Witcher』はポーランドの作家、アンドレイ・サプコフスキによって書かれたファンタジー小説です。1986年から始まったシリーズはスラブ神話がモチーフとなっていて、北欧を中心にヒットしました。そのヒットを背景にコミック、映画、テレビドラマ、テレビゲームにボードゲームとマルチメディアに展開していき、さらにファンを増やしていきました。
日本では、小説が2010年に第1巻が『魔法剣士ゲラルト』のタイトルで邦訳され、その後は翻訳の刊行は中断。ゲームの人気によって続巻が刊行されました。

日本では第1作がPCのみでの発売、第2作がPCとXbox360での発売ということで、知る人ぞ知る名作という扱いでした。第3作になってプラットフォームにPS4とNintendo Switchが加わったことで日本でも大人気作品となりました。
ドラマ版『The Witcher』は、ゲームのドラマ化というわけではなく、原作の小説に基づいた映像化になっています。

Netflix独占配信のドラマシリーズ『ウィッチャー』の内容は原作とゲームのどっちよりになるの!?