「ゲームプランナー」ってどんな仕事? 仕事内容や必須スキルを紹介!

「ゲームプランナー」ってどんな仕事? 仕事内容や必須スキルを紹介!

「ゲームプランナー」とは文字通りゲームのプラン(計画)を立てる人です。ゲームの企画やイベントの企画を立て、それに伴う準備をして、現場で指示を出す仕事を行います。さらに実行された計画の結果を分析して次に繋げる仕事も含まれています。
ゲームをビジネスとしてだけではなく、遊びとして楽しめるかも追求する仕事です。

ゲームプランナーの仕事とは?

先ほど説明したようにゲームプランナーの仕事は企画立案、制作準備、制作、分析の4つに大きく分けられます。そのそれぞれの内容について少し細かく説明します。

1.企画立案

プロデューサーやディレクターからの依頼を受けて、ゲームの企画を考えます。それはゲーム内のイベントだったり、キャラクターの持つスキルなどの他、ソーシャルゲームですと毎回のイベントの内容や新アイテムなども含まれます。
さらに「A社の〇〇みたいなゲームの企画を考えて」という身も蓋もない依頼をされることもあります。
プロジェクトはいろいろな方向から始まりますが、面白いゲームにするのはもちろん、ビジネスとして成功するかどうかも考慮しながら企画を考えていきます。

2.制作準備

自分が立てた企画にGOサインが出ると、仕様書の作成が始まります。仕様書は、プログラマーやデザイナーが実際に開発や制作を行う際に必要となる説明書のことです。全員が迷ったら立ち返る場所ですので、ゲームやイベントの細かいことまでわかりやすく整理された状態で書かれます。そしてその仕様書から推定してゲームの発売やイベントの実装までのスケジュールを立てます。

3.制作

仕様書の内容をもとに実際の制作を進めていきますが、周囲の意見を参考に制作中でも仕様書に微調整を行っていきます。エンジニアやデザイナーとコミュニケーションをとりながら、大事な意見は柔軟に取り入れつつ進めていきます。
修正した仕様書をベースに制作を進めていき、プログラマーやデザイナーなどチームの進捗状況を管理したり、不具合を確認するデバッグ作業やリリース前の告知対応なども行います。

4.運営

ソーシャルゲームなどの場合は、リリースしてからの運用も大切な仕事です。定期的にイベントを企画し、毎回KPI(新規顧客獲得数)を分析して次のイベントに活かしたり、仕様のアップデートを行ったりするなど、地道な運用を継続して行っていくことが重要です。
毎回新しいイベントを企画して運営していくことになりますので、その都度デバッグが必要になりますし、不具合などがあった場合はお知らせを掲載したり、カスタマーサポート対応を行うことも必要になります。

プランナーのゲーム製作における役割

ゲームプランナーの仕事は上で書かれているように非常に多岐にわたります。しかしゲーム制作における役割という視点から見ると次の3つに分けられます。

1. ゲームデザイン

「ゲームデザイン」はゲームの面白さの土台になるアイディア出しから始まって、そのアイディアをどうやってゲームの中に活かすのかを設計することです。
ゲームはユーザーが動いたり選んだりすることによって進行していくコンテンツなので、物語の中でユーザーがどんな行動をするのか、様々な要素を考慮しながら、アイディアをゲームシステムに盛り込んでいくことが必要になります。

2.プランニング

文字通りの企画立案から始まり、スケジュールの計画など様々な準備をする役割です。
ゲーム開発はデザイナー、プログラマー、デバッガーなど様々な部署と連携を取り、時には外部の会社の協力を得て成功する仕事です。事前にしっかりとした準備をすることがプランナーにとっては重要な仕事になります。

3.開発プランナーと運営プランナー

ソーシャルゲームの場合、大きく分けてく「開発プランナー」と「運営プランナー」のふたつのタイプのプランナーがいます。
このふたつは役割が大きく違っていて、「開発プランナー」はゲームの土台となる『おもしろさ』を作ることが得意なプランナーで、「運営プランナー」はユーザーが長く楽しめるようなイベントや課金施策を考えるのが得意なプランナーです。
特にソーシャルゲームの場合ですと、ゲームリリース後のイベント運営や課金施策なども考慮してゲームデザインを行う必要があるため、コンシューマーゲームやアーケードゲームのプランナーとは求められることが少し変わってくることになります。

ゲームプランナーになるために必要なスキル・資格

1. 物事を冷静に分析する力

自分が面白いと思ったゲームや、世間で流行っているゲームがなぜヒットしているのか、その要因や理由を特定して、自分の企画に活かすことがプランナーには求められます。
そういった面白さの芯の部分を発見するためには、冷静な分析力が必要です。

2.マーケティング能力

現在どんなゲームが流行っているかなどのトレンドを調査するマーケティング能力も、必要なスキルです。マーケティングだけでヒットするゲームを企画することはできませんが、ユーザーのトレンドを踏まえてゲームを企画するほうが、ヒットする確率は高くなると言えるでしょう。

3.コミュニケーション能力

ゲーム業界の職種の解説で必ず出てきますが、プランナーにももちろん必要です。プランナーはデザイナー、プログラマー、デバッカー、さらには外部会社などとコミュケーションを取り、部署と部署の橋渡し役も務めなければなりません。
メンバーと円滑なコミュニケーションが取れるかどうかは、ゲーム制作をスムーズに進行させることを可能にする能力です。

4. 持っておくべき資格

ゲームプランナーになるために必要な資格はありませんが、指示書や仕様書など、PCをつかって資料を作成することが多くなるため、パソコンスキルはあったほうが無難です。
オフィス系の資格があると、採用の際にパソコンスキルの指標となりますので、有利になると思われます。また真面目にパソコンの勉強をしているというアピールにもなります。

ゲームプランナー適正がある人

1. とにかくゲームが好き

ユーザーの視点が第一ですから、ゲームが好きというのは重要です。仕事としてではなく、プライベートでもたくさんゲームをすることで自然に勉強ができます。
また「ゲームが好き」ということで、ユーザーが喜ぶような細部にこだわったオリジナルなイベントなどを聞かうすることが可能となります。

2. 発想力と企画力に自信がある人

ゲームプランナーの仕事は、他の職種と比較して多岐にわたりますが、その中でも一番の醍醐味は、自分で考えたものがゲームとして遊ばれるというところです。
人の発想や企画は似たものが多くなります。なので、誰も考えつかないような発想や企画を考えられる能力ではなく、自信を持って誰かが考えていそうな発想や企画を発表できる能力が必要です。

3.細かな作業が得意な人

発想や企画がプランナーの醍醐味なら、スケジューリングや部署と部署との調整はプランナーの辛い仕事の代表です。データの分析なども細かい仕事に入ってきますので、丁寧な仕事が全部署からの好感を呼びます。

ゲームプランナーからその後

ゲームプランナーはその仕事の内容上、キャリアアップとしてはディレクター、プロデューサーへと進んでいきます。プランナーとして企画書や仕様書の書き方を覚え、データの分析力、コミュニケーション能力を身につけることで、ディレクターへとステップアップをしていきます。
小さな仕事をおろそかにせず「A社の〇〇みたいなゲームの企画書を作って」という身も蓋もない依頼もしっかりとこなしていきましょう。

まとめ

ゲームプランナーの仕事は企画を考えるだけではありません。しかしメインの仕事は、企画を考えることです。自分の考えた企画を実現させるために仕事が多岐に渡ってしまうのです。

自分の考えた企画が実際のゲームとして形にできるのは、とてもやりがいのあることです。
面白いゲームを考える「企画力」だけではなく、たくさんの人の協力を得て、実際に形にできる「実現力」も、プランナーにとって大切なスキルとなります。