北尾社長吠える、eSportsに仮想通貨とニコラス・ケイジの関係

北尾社長吠える、eSportsに仮想通貨とニコラス・ケイジの関係

2020年6月にeスポーツ業界への参入とともに、新会社設立を発表したSBI e-Sports株式会社ですが、eスポーツチームやメディアの運営を仮想通貨 XRP (リップル)で支給することを検討していると発表いたしました。

仮想通貨で支払いでどうかわるのか

仮想通貨XRP (リップル)で支給するということでどう変わるのか。米国の俳優ニコラス・ケイジが出演した映画「ロード・オブ・ウォー」を思い出しました。
ニコラス・ケイジ演じる武器商人ユーリ・オルロフ、彼が武器を販売した相手が支払いをドルでの現金支払いではなく、麻薬で支払うというシーンがありました。
「なぜ、現金ではないんだ」と迫るユーリ。それに対して「お前は麻薬での支払いをラッキーだと思うはずだ。なぜなら市場で裁けば何倍にもなるからだ」

そこじゃないだろう!!と思いますが、実際、SBI eSportsが仮想通貨XRP (リップル)で取引することのメリットとしては、ゲーム内通貨での利用を考えているからだと思います。

将来は、世界中のあらゆるところで、例えばゲーム好きの少年が稼いだ仮想通貨XRP(リップル)で自分の好きなeスポーツチームのグッズを購入したり、自分自身でeスポーツチームを持ったりすることが可能になるということなのだと思います。夢が広がりますね。

映画「ロード・オブ・ウォー」の主人公ユーリは世界から戦争が亡くなるとは信じていませんでした。ただeスポーツが世界中で開催される世界は戦争が亡くなる感じもします。映画もおすすめです。

2021年3月期 第1四半期 SBIホールディングス株式会社 決算説明会