『ダンガンロンパ』の小高和剛による新作実写ムービーゲーム『Death Come True』のサイトが公開!  - ガメモ

『ダンガンロンパ』の小高和剛による新作実写ムービーゲーム『Death Come True』のサイトが公開!  - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

今度の作品は実写! 小出しの発表が悩ましい!

2019年12月9日、『ダンガンロンパ』シリーズで知られるクリエイター、小高和剛氏の新作『Death Come True』(以下、『デスカムトゥルー』)が発表されました。
パブリッシャーを担当するのは、小高和剛氏が『極限脱出』シリーズなどの作品で知られる打越鋼太郎氏とタッグを組んだ『デスマーチクラブ』も担当しているイザナギゲームスです。
現在のところ、発売日やプラットフォームは明かされていません。

発表内容によりますとと、『デスカムトゥルー』は、小高和剛氏がシナリオ&ディレクションを担当する新作実写ムービーゲーム。プロデューサーはイザナギゲームズ代表でもある梅田慎介氏が務めるとのこと。

 

 映画? ゲーム? ひとクセあるクリエイターの今度の仕掛けは!?

キャッチコピーに『これは、映画なのか? ゲームなのか?、あなたの選択で物語が動き出す。』とあって、時限公開で顔のわからない6人の出演者が次々と発表されていく仕組みとなっています。すでに公開済みの衣装を見ると、服装に統一感がなく、中にはホテルマンの制服もありますので、立場の違う人々による多視点のゲームなのかも知れません。
また「映画なのか? ゲームなのか?」というキャッチコピーから映画かな?と思うくらい実写映像が中心なのかもしれません。
いずれにせよ公式の発表が楽しみな作品です。

◆Death Come True(デスカムトゥルー)について
カウントダウンサイトの情報によるとシナリオ&ゲームディレクターはダンガンロンパシリーズの小高和剛、プロデューサーはイザナギゲームズ代表の梅田慎介となっており、新たな実写ムービーゲームという事のみが明かされている。公式Twitterアカウントでも随時情報が更新されて行く。

◆Death Come True(デスカムトゥルー)公式Twitterアカウント
https://twitter.com/DeathComeTrue
◆Death Come True(デスカムトゥルー)カウントダウンサイト
https://deathcometrue.com

◆小高和剛(コダカ・カズタカ)プロフィール
ディレクター、シナリオライター。トゥーキョーゲームス代表。
ダンガンロンパシリーズすべての企画、シナリオを手がけています。シリーズ作品はそれぞれ舞台化、アニメ化され、国内外から高い評価を得ています。
その後、打越鋼太郎、小松崎類、高田雅史らと共にトゥーキョーゲームスを設立。
漫画、アニメ原作、小説執筆など精力的に活動を行っています。

◆イザナギゲームズについて
イザナギゲームズは、日本のクリエイターとともに作ったゲームを世界のマーケットにダイレクトにアピールしている東京都中央区に本社を置くコンシューマーゲームの会社。
資金調達の幅を広げることにより、優れたクリエイターの方々が新しいIP・ゲームを創り出すチャンスを増やし、全世界を販売マーケットとして大きくアプローチすることで、数多くのユーザーにゲームエンターテインメント体験を届けることを目指しています。

・イザナギゲームズ公式サイト
https://izanagigames.co.jp/
・イザナギゲームズ公式Twitter
https://twitter.com/izanagigames

 

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事