〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第2回 小俣泰明(アルサーガパートナーズ株式会社 代表取締役社長) - ガメモ

〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第2回 小俣泰明(アルサーガパートナーズ株式会社 代表取締役社長) - ガメモ

2016年に設立されたアルサーガパートナーズは、「最高品質を最速で」をコンセプトにスマホアプリからディープラーニングまでIT領域全般を得意とする開発会社。技術力の高いエンジニア集団として、右肩上がりの成長を遂げている。同社の代表兼CTOである小俣泰明氏、そしてゲーム業界で人材事業、ビジネス・マッチング、コミュニティサービスを手掛ける竹下和宏の対談を通じ、アルサーガパートナーズの人材育成方針、高い技術力を支える哲学をひもとく。

竹下お話を聞けば聞くほど、アルサーガパートナーズはエンジニアにとって理想的な会社だなと思います。

小俣ITサービスもゲームも、ユーザーの心理を掴むというところでは大差ありませんよね。ゲームを作れる人は他のサービスも作れますし、サービスを作れる人はゲームを作れます。好奇心がある方にとっては、弊社の仕事はものすごく楽しいと思います。

 ――最後に、ゲーム業界を目指す方に向けてメッセージをお願いします。

小俣夢のある話もしましたが、やっぱりスマホゲーム業界の現状は厳しいのも事実です。業績が落ち込んでいる企業も多く、絵師さんもかつてのように引く手あまたではありません。ゲーム系専門学校を卒業しても、一般企業に就職するよう諭される人も多いでしょう。ですから「ゲーム業界は楽しいから、入ったほうがいいよ」と言いすぎるのも良くないと思っていて、今は、現状を正しく伝えることが重要だと思っています。

とはいえ、かつて就職氷河期だった時期に就職できなかった方がずっと頑張りつづけた結果、今は返り咲いているという現状もあります。ですから、たとえゲーム以外の仕事に就いても、そこにはゲームに必要な要素がちゃんとあるんだと意識して、そこで仕事をしつづけて機を待つという考え方もあるのではないかと思います。

竹下確かにそうですよね。ただ、今後もスマホゲームがなくなることはないでしょう。いずれチャンスが来るので、その時に下準備ができているかが重要です。幻想を抱かず、スキルを身につけておくのが良いのではないかと思います。うまく凌いで次のチャンスにつなげてほしいですね。

小俣そうですね。

竹下好奇心のある人材を一から育て、マネジメントによってスキルを高めるアルサーガパートナーズの理念に、我々も共感しました。人材事業を担う我々も、ぜひアルサーガパートナーズとともにゲーム業界に貢献できたらうれしいです。

アルサーガ パートナーズ株式会社 :https://www.arsaga.jp/

 株式会社コンフィデンス お問い合わせ窓口 :https://confidence-inc.jp/contact-public

recruit

 〈ゲーム業界リレーインタビュー〉バックナンバー

〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第1回 竹下和広(株式会社コンフィデンス 取締役) - ガメモのイメージ
〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第1回 竹下和広(株式会社コンフィデンス 取締役) - ガメモ
約30年にわたり、ゲーム業界でビジネスプロデュースをしてきた竹下和広。長年培ってきたネットワークを活かし、人材事業にとどまらず、ビジネス・マッチング、コミュニティサービスに乗り出した竹下が目指すゲーム業界の未来とは。
〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第2回 小俣泰明(アルサーガパートナーズ株式会社 代表取締役社長) - ガメモのイメージ
〈ゲーム業界リレーインタビュー〉第2回 小俣泰明(アルサーガパートナーズ株式会社 代表取締役社長) - ガメモ
2016年に設立されたアルサーガパートナーズは、「最高品質を最速で」をコンセプトにスマホアプリからディープラーニングまでIT領域全般を得意とする開発会社。技術力の高いエンジニア集団として、右肩上がりの成長を遂げている。同社の代表兼CTOである小俣泰明氏、そしてゲーム業界で人材事業、ビジネス・マッチング、コミュニティサービスを手掛ける竹下和宏の対談を通じ、アルサーガパートナーズの人材育成方針、高い技術力を支える哲学をひもとく。
<ゲーム業界リレーインタビュー>第3回スマホ ゲーム「感染x少女」クリエイティブインタビュー 猫口眠@囚人P - ガメモのイメージ
<ゲーム業界リレーインタビュー>第3回スマホ ゲーム「感染x少女」クリエイティブインタビュー 猫口眠@囚人P - ガメモ
2016年からスマートフォン版のサービスが開始された「感染×少女」(エイジ)。このゲームのクリエイティブディレクターとして活躍されているのが猫ロ眠@囚人P氏。ボカロPとしてニコニコ動画からデビューした氏が、なぜクリエイティブディレクターになったのか。その転機となった出会いのエピソードを中心に、猫ロ眠@囚人P氏のゲーム制作における想いや未来についてお聞きしました。
<ゲーム業界リレーインタビュー>第4回 コンフィデンスの協力を得てStarcaster Gamesが『Gladiux』 (日本名:剣闘士X)でグローバル・マーケットに進出~ - ガメモのイメージ
<ゲーム業界リレーインタビュー>第4回 コンフィデンスの協力を得てStarcaster Gamesが『Gladiux』 (日本名:剣闘士X)でグローバル・マーケットに進出~ - ガメモ
2019年12月に発表された新作『Gladiux(日本名:剣闘士X)』(アクワイア)。2020年の発売を目指して製作中のこのタイトルの開発を担当しているのがStarcaster Gamesです。 インディーズゲームスタジオとしてアメリカ、中国そして日本で活動をしているStarcaster Games のアダム・スターキャスターCEOに『Gladiux』の開発を行うにいたった経緯を尋ねました。
<ゲーム業界リレーインタビュー>第5回 500本のミニゲームで仕掛ける、小売業(飲食、アパレル等)オウンドメディア活性化の取り組み - ガメモのイメージ
<ゲーム業界リレーインタビュー>第5回 500本のミニゲームで仕掛ける、小売業(飲食、アパレル等)オウンドメディア活性化の取り組み - ガメモ
飲食やアパレルなどの小売業で顧客の獲得のために運営されているオウンドメディア。毎日のように発信されるの自社の情報を顧客に見てもらうため、割引クーポンやポイントサービスなど様々なサービスが試みられています。 こ顧客獲得のサービスに新しいアプローチとして500本のミニゲームを提供している合同会社ダイスコネクティングあべき正博代表にお話を伺いました。
ゲームクリエイターへの応募やゲーム業界ヘの転職ご相談はこちらまで

 

関連記事


Android

iOS

人気記事