『ibb & obb(イッブとオッブ)』Nintendo Switchオススメインディーゲーム

『ibb & obb(イッブとオッブ)』パートナーとの愛と信頼が試される協力パズルアクション!【おすすめインディーゲーム】

Nintendo Switchで遊べるインディーゲームの中からオススメインディーゲームを紹介します。今回は今週発売の協力パズルアクションゲーム『ibb & obb(イッブとオッブ)』です。
こちらのゲームですがひとりでは遊べません。必ずふたりで遊んでください。Nintendo Switchを2台用意して、両手と両足で1台ずつプレイすれば一人でも遊部こともできますが、あまり推奨されていません。
発売日は2020年3月5日で価格は1,580円(税込)。ただし2020年3月4日の23時59分までは15%オフの1,343円(税込)で購入できます。

今こそ必要! ONE TEAMの精神!

『ibb & obb(イッブとオッブ)』は、重力が場所によって入れかわる不思議な世界を協力プレイで乗り越えていく2人用のパズルアクションゲームです。
上から下に重力が働いている世界と、下から上に重力が働いている世界を行き来しながら、ibbとobbはゴールを目指します。
道中には行く手を邪魔する障害物や敵が待ち受けており、それらを重力の特性を活かしたり、アイテムを利用することで人で協力して乗り越えていきます。

パズル要素とアクション要素の難易度が高く、何度もトライアンドエラーを繰り返していくので、相談と協力、そして何よりも失敗しても許す心が必要になります。
このゲームは「解法がわかっていても操作ができない」、「どちらかしか解法をわかっていない」、「うっかりミス」という状態が、かなりの確率で発生します。
そのため、ふたりで情報を共有して攻略法を相談、そして独特のジャンプの感触や上下が逆の世界での操作など失敗要素に溢れていますので、許す心が本当に必要です。
こちらのゲームはネットで世界の人とも協力プレイができるのですが、外国人だと言葉が伝わらない上に、初対面の相手だとアクションゲームレベルがわからないなど、とんでもない『苦痛』を感じてしまいます。

言葉も気持ちも通じなければクリアはできない

このことから推奨されている2人プレイの前に、「お互いのプレイレベルを知っている仲の良い相手との」を付け加えてほしいです。そしてオンラインで険悪になってしまうと、関係の修復が不可能になりかねません。できるなら悪い流れを切る意味での交代要員を準備した状態で、誰かの家に集まってプレイしてください。そのぐらい難易度は高いです。

ステージは全部で15種類に隠しステージが8種類。少ないかと思われるかもしれませんが、1ステージに大体20分から30分はかかるので、遊びごたえは十分だと思います。
週末は心を許せる友人や家族と一緒にプレイしてください。

開発元「Sparpweed」公式サイト

『ibb & obb(イッブとオッブ)』販売サイト(Nintendo Switch版)

『ibb&obb(イッブとオッブ)』販売サイト(STEAM版/PC)