島本和彦が『パワプロ』新シナリオの原案を担当! 廃校の危機に奮闘する野球部とアイドルを描く!

島本和彦が『パワプロ』新シナリオの原案を担当! 廃校の危機に奮闘する野球部とアイドルを描く!

『逆境ナイン』や『アオイホノオ』などの代表作で知られる熱血漫画家の島本和彦が、スマートフォン向けゲーム「実況パワフルプロ野球」の新シナリオの原案を担当。「逆境転生クロスナイン 十門寺東高校」というタイトルの新シナリオは2020年3月12日より公開されています。

野球とアイドルの両立!? これがパワプロ版『君の名は。』?

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』は、「パワプロ」シリーズでお馴染みの育成モード「サクセス」を楽しめる野球選手育成ゲームです。島本和彦とのコラボレーションは、2018年3月に人気コミック「逆境ナイン」とのコラボで誕生したシナリオ「全力学園高校」編以来の2回目になります。
今回の「逆境転生クロスナイン 十門寺東高校」の新シナリオは、廃校の危機に直面した「十門寺東高校」が舞台。廃校を避けるための実績作りに選ばれたのが、かつて強豪だった野球部と学園アイドル!? 学校を救うために練習に励む彼らに突如、異変が…。

このシナリオでは、一定期間で野球部員とアイドル部員の心が入れ替わり、普段は野球の練習をしている野球部員も、アイドルのレッスンを受けることになります。アイドルのレッスンをすることで野球のレッスンにもプラス効果があらわれます。
野球選手としてだけではなくアイドルとしてもトップを目指して頑張りましょう!!

今回のコラボに対しての熱い思いを動画とインタビューで!

今回の新シナリオの配信を記念して、島本からオフィシャルコメントも送られました。コメントは「私が全力で編み出した個性豊かなキャラクターをパワプロアプリに送り込みました。熱いストーリーを展開してくれると思います!」というものでした。

島本和彦オフィシャルインタビュー

――島本先生とのコラボは、2018年3月に配信された「全力学園高校」編に続き今回が2回目。前回のコラボはいかがでしたか。

自分が描いた「逆境ナイン」という漫画が、ゲームになるとどうなるんだろうと。KONAMIさんには、分かりやすくて、感動が伝わる形にシナリオを構成していただいたと思っています。自分の漫画をプレーヤーとして追体験できたので、私自身もプレーしてみて感動しました。 

――今回、島本先生原案のシナリオを作るという依頼を受ける決め手を教えてください。

「逆境ナイン」のようなタイプのアイデアを出してほしいという、今までに経験のない依頼でした。
漫画を描く場合、どのように始めて、読者に向かってどのような展開で、どこまで進むか、ある意味余計なことを考えるのですが、純粋に「逆境ナインのような別の話をアイデア重視で考えてほしい」という非常に面白い提案だったので、是非やってみたいなと思いました。
あと、自由な形で考えていいと言われたので、挑戦したい気持ちがすごくわいてきました。

――シナリオの原案はどのように練り上げていきましたか。

アイデアがたくさん浮かんできて、色々なことをやりたくなってしまいました。KONAMIの本社に伺った際、スタッフの方に「あれはどうか」「これはどうか」とアイデアをぶつけさせていただいて、その反応をみながら、「これはいけそうだな」、「これはそうでもなさそうだな」とアイデアを練り上げていきました。
それで、10連休があったので、この連休で一気に原案を仕上げようと。自分の子供が高校生の時に合宿したホテルがあるのですが、そこを借りて缶詰め状態になって、露天風呂に入りながら、「これだ!」とひらめくこともありました。
男女の心が入れ替わるという設定は、「逆境ナイン」を昔書いた時、女性ファンの方から「今は男らしい男がいない。女性の方がよっぽど男らしい!」という熱いメッセージをいただいたんです。その言葉がずっと頭にあって、「男の肉体の中に、男らしい女性の魂が入る」という設定をいつかやってみたいと思っていたんですよね。
野球部員の魂に、女性の魂が、「ちょっとどけ!私に体を使わせろ」と入れ替わり、今までになく、突拍子もないことができるのではと。今まで私たちが抱いている野球のイメージからかけ離れたことをゲームでは実現してくれると考えて原案を作りました。

――漫画とゲームのシナリオ作りで違う点はありますか。

ゲームでは、漫画よりも破天荒なことをやってもプレーヤーが受け入れてくれるんじゃないかなと思っています。
漫画にすると、私が最後まで責任をもってニュアンスや読んだ時の印象などを決めていきますが、ゲーム作りのプロの方にそういったものを任せて、料理されていくというのが違いでもあり、非常に楽しみな部分ですよね。
仕事というか、考えていても楽しいし、すごく面白いイベントですよね。

――「逆境転生クロスナイン 十門寺東高校」をどのように楽しんでほしいですか。

女性が野球をやるという作品はほかにもあるのですが、女性の心だけが男性の体に入って、自由自在に操れるわけです。もはやパイロットですよね。
男性の体に入って体を動かすというのが面白いと思いました。ゲームをプレーしていくうちに魂の入れ替わりによって起こる作用を想像しながらプレーすると非常に面白いですよね。
男性にも入り込めて、女性にも入り込めて、すごく楽しいことになると思いますね。
私が編み出した個性豊かなキャラクターを『パワプロアプリ』に送り込みました。熱いストーリーを展開してくれると思います。

――最後に、最近、島本先生が襲われた逆境はありますか。

同人誌即売会というものがあるのですが、私は通常の仕事をしている中で趣味として同人誌即売会に作品を出しています。
事前に余裕をもって少しずつ作るのではなく、私の場合はその時の「風の力」というか「こういうものが面白いよ」という「風」を感じながら、それに瞬時に呼応するという制作体制をとっています。
そんな中、1週間後に同人誌即売会を控えているという状況で、「こんな面白いネタが出てきちゃったよ」ということがあったんですよ。
印刷屋さんには表紙のカラーを入稿して何千部も刷っているので、落とすわけにはいかないんです。「助けて~」と思いながら描きますよね。この年になったら命がけの作画ですよ。時間がないとはいえ、やっつけではダメですから。
このラインは超えないと、という完成度のラインがあるので毎回命がけ。時間かけて丁寧に作られた作品よりも同人誌即売会の世界では、その時に吹いている風に乗って、瞬間的に瞬発的に3日間ぐらいで命を懸けて描いたものをみなさんが求めてくるんです。
私はそういう戦いが好きなんです。

◇島本和彦先生のプロフィール
1961年生まれ。北海道池田町出身。大阪芸術大在学中の1982年に「必殺の転校生」で漫画家デビュー。代表作に「炎の転校生」「逆境ナイン」「吼えろペン」など。現在も連載中の自伝的作品「アオイホノオ」が2014年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2015年に小学館漫画賞・日本SF大会星雲賞自由部門を受賞。2019年4月、清掃業の「(株)ダスキン アイビック」(札幌市)、書店などを運営する「(株)アカシヤ」(同)の社長だった父親の跡を継ぎ、社長に就任。

『実況パワフルプロ野球』公式サイト:http://www.konami.com/pawa/app/

■タイトル:実況パワフルプロ野球
■メーカー:KONAMI
■ジャンル:野球・育成
■配信日:配信中
■対応OS:Android(5.0以降)、iOS(9.0以降)
■価格:基本プレー無料(アイテム課金制)
■著作権表記
阪神甲子園球場公認 ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2018年のデータを基に制作しています。
©Kazuhiko Shimamoto ©Konami Digital Entertainment