【海外の噂】『バイオハザードRE:3』開発を支援した会社の新作はカプコン作品のリメイク!? 

【海外の噂】『バイオハザードRE:3』開発を支援した会社の新作はカプコン作品のリメイク!? 

この記事は海外ホラーゲーム専門ニュースサイト「RELY ON HORROR」のこちらの記事と海外ゲームニュースサイト「Video Games Chronicle」のこちらの記事を参考に書かれています。

『バイオハザードRE:3』の発売が待ち遠しいこの頃ですが、海外からカプコンの新作の噂が流れてきました。
この新作の噂はふたつあり、ひとつは『バイオハザードRE:3』の開発を支援したスタジオであるM-Twoに関するゲームニュースサイト「VGC」の記事と、『バイオハザード』シリーズのリーク情報に信憑性の高いDuskGolem氏のツィートによる新作情報です。

カプコンの新作情報は新進気鋭の開発会社の記事から突然に

「VGC」の記事のメインは『バイオハザードRE:3』に突然、現れた開発会社「M-TWO」についてと、その「M-TWO」のCEOで、元プラチナゲームズの代表取締役社長の三並達也氏の経歴の紹介でした。その記事の最後に「M-TWO」の手掛けている次回作の話題が書かれており、
『現在、Capcomの大規模なリメイクプロジェクトの主要開発者として働いている』
とカプコンのリメイク作品を製作していると発表されていました。

これを受けて実績のある事情通が補足情報をリーク!

この記事を見たカプコンのファンたちは、すぐさま「こりゃ『バイオハザードRE:4』でしょ!」となり、『バイオハザード』シリーズの情報収集にかけては世界一のDuskGolem氏のTwitterアカウントに質問をぶつけました。

DuskGolem氏は「『バイオハザードRE:3』はリメイク作品の他に非対称対戦ゲームも収録される」と情報流出した人で、その情報が正確だったために注目が集まっている人です。
DuskGolem氏はこの突撃質問を受けると。3回のツィートに分けて次のようにコメントしました。

(1/3)この2021年発売のリメイクゲームについては、『バイオハザードRE:3』が発売されてから少しだけお話ししようと思います。 2021年発売のリメイクゲームは2016年後半に開発が開始され、リリースまでに4年から4年半の開発期間を経ていることになります。

(2/3)(3年から3年半は)リメイク版ではなく、オリジナルのバイオハザード3に非常に似た開発になっていますが、その意味については後日に説明します。このリメイク作品の発表は本当にすぐになるだろうし、これまでのシリーズの中では圧倒的に最大の出発点になるでしょう。

(3/3)そのタイトルが明らかになった時に、多くの人がそれについて怒るだろうと予想していますが、彼らは心を開いておくべきだと思います。内部テストなどではハイクオリティのゲームであることを示しており、私はそれにかなり興奮しています。

 

 「それは『ディノクライシス』ですか?」「いいえ、違います」

ツィートをまとめると、開発会社のM-TWOが関わっているタイトルが、2016年から開発中であること、すぐにでもタイトルが発表されること、リメイクすると発表されると「それじゃないだろ!」と怒る人がいることがリークされています。

これを聞いたファンのひとりが「『それじゃないだろ!』と怒る人がいる」という部分に反応して「リメイクされているタイトルは『ディノクライシス』ですか?」と尋ねたところ、明確に否定されました。

カプコンがリメイクを発表してファンから「そこじゃない!」と怒られるタイトルというのが「ディノクライシス」くらいしか浮かばないのですが、一体どんなタイトルをリメイクするのでしょうか? バイオファンの間では「バイオハザード リベレーションズ 3」ではないかと予想されていますがどうでしょうか?

噂なので気にせず聞き流せばいいと思います

発表が待ち遠しいのですが、リーク情報から考えると最も可能性が高いのは次の公式の「PlayStation State of Playストリーム」だと思われます。
ここに書かれているすべての情報は飽くまでも噂ですので、あまり気にせずに笑ってみていてください。「ディノクライシス」ファンもリメイクを否定されたからと言って泣く必要はありません。