『Dead by Daylight』4周年記念は『サイレントヒル』とのコラボとクロスフレンド・クロスプレイ機能の搭載

『Dead by Daylight』4周年記念は『サイレントヒル』とのコラボ!

非対称型のマルチプレイ対戦が特徴のサバイバルホラーアクション『Dead by Daylight』が、4周年を記念した配信でKONAMIのホラーゲーム『サイレントヒル』とコラボすることを発表しました。新たな殺人鬼として三角頭のThe Executionerが現われ、生存者としてはCheryl Mason(シェリル・メイソン)が登場。新マップとしてミッドウィッチ小学校が加わります。この「サイレントヒル」とのコラボの配信時期は6月だそうです。
この公開に先駆けて、すでにSteam版はバージョン4.0.0として公開テスト開始されており、他の家庭用ゲーム機のユーザーより早く遊べます。

精神を削るルックスの三角頭がやってくる!

新たなキラーは「三角頭」と呼ばれておなじみのエクセキューショナー。彼の能力は公式フォーラムからの情報のみですが以下のとおりです。特殊能力“裁きの儀式”から派生する特殊攻撃や特殊アビリティが特徴だと思われます。

●特殊能力: 裁きの儀式

苦悶の扉を開き、裁きを受けよ!大鉈が大地を引き裂き地獄のような構造物が現れて、近寄るすべての者に激しい苦痛をもたらす。
能力ボタンを押すと発動する。発動したら能力ボタンを押したまま好きな方向に移動し、地面にトレイルを刻み込む。ボタンを離すとトレイルが完成する。
トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。煩悶の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。

●特殊攻撃:地獄の罰

裁きの儀式が発動中、攻撃ボタンを押すと地獄の罰を発動する。このアビリティはエクセキューショナーの前方にエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。地獄の罰は、障害物を貫通する。

●特殊アビリティ:贖罪の檻

煩悶のステータス効果を受けた瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、生存者を持ち上げてマップ上のフックに運ぶことなく贖罪の檻に送り込むことができる。
贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができる。贖罪の檻で耐久フェーズを迎えた生存者は、エンティティを退けるためにスキルチェックを行う必要がある。生存者は、贖罪の檻とフックとの間で処刑進行度を共有する。
贖罪の檻から救出された生存者、あるいは救出した生存者は、煩悶の苦しみから解放される。

●特殊アビリティ:最後の審判

フックまたは贖罪の檻ですでに耐久フェーズに入っており、かつ煩悶に苦しんでいる瀕死状態の生存者の前に立ってアビリティ発動ボタンを押すと、最後の審判を発動してその生存者を惨殺することができる。

またエクセキューショナーの固有パークは以下の3つです。

●強制苦行

任務の妨げになる者たちは、厳しい裁きに苦しむことになる。味方の代わりに攻撃を受けた生存者は20/25/30秒間衰弱のステータス効果に苦しめられる。

 

●煩悶のトレイル

あなたは餌食となる人間を苦痛と罰の道へと誘導する。発電機を蹴ると15/15/15秒間探知不可状態を得る。この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。この効果は120/100/80秒ごとに1回のみ発動する。

●デスバウンド

闇の中で人生が重なり合った者たちは、共に苦しむ宿命にある。殺人鬼から32/32/32m以上離れた場所で生存者が別の生存者を治療して1段階回復させると、治療を施した側の生存者が叫んで位置が判明し、45/45/45秒間デスバウンドが発動する。発動中、その生存者は治療した生存者から16/12/8m以上離れると忘却のステータス効果に苦しむ。

新サバイバーはシェリル・メイソン

そしてサバイバーの新キャラクターであるシェリルの固有パークは以下の通りです。
サイレントヒルでの恐怖の体験をくぐり抜けてきた彼女の境遇が反映されたいます。
彼女は恐怖に立ち向かう若きベテランとして、自分と仲間を勇気づけるようなパークを持っています。固有パークのソウルガード、血の協定、抑圧の同盟で計り知れない苦難を乗り切り、仲間とのコンタクトして目標を達成します。

●ソウルガード

これまで計り知れない苦難の道を歩んできたあなたは、強く鍛えられている。瀕死状態から治療されるか回復すると、4/6/8秒間我慢のステータス効果を得る。
あなたが呪縛のステータス効果に苦しんでいる (呪術パークの効果を受けている) 間、瀕死状態から自力で完全に回復することができる。

●血の協定

それはまるで、あなたの潜在的な部分が目覚めたかのようだ。あなたは仲間を助けるために自分を超越できるような感覚を覚える。あなたかオブセッションが負傷すると、両者とも互いのオーラが視えるようになる。
オブセッションを治療するか、オブセッションに治療してもらうと、両者とも4/6/8秒間迅速のステータス効果を得る。オブセッションになる確率が低くなる。血の協定は自分がオブセッションになると無効となる。

●抑圧の同盟

悪意に満ちた力によって駆り立てられることに慣れたあなたは、それを自分の有利になるよう利用し始めた。発電機を合計80/70/60秒間修理すると、抑圧の同盟が発動する。
このパークが発動中、発電機を修理しながらアビリティ発動ボタンを押すとエンティティが召喚され、その発電機が30/30/30秒間ブロックされ、このパークは無効になる。抑圧の同盟の効果を受けた発電機は、生存者全員に白いオーラで表示される。

より詳しい情報を知りたい方は、公式フォーラムにて上記で抜粋を紹介した新章のキャラクター解説のほか、PC版の公開テストバージョン4.0.0でのその他の新機能や修正事項などが掲載されています。こちらを見て不具合の修正やゲームバランス調整などに目を通しておくほうがいいかもしれません。

4周年記念配信では、そのほか2020年の年内にPCと全ゲーム機の垣根を超えて対戦ができるクロスフレンド・クロスプレイ機能の段階的な実装などを含む今後の方針なども明かされました。こちらも先程のコラボ紹介のように、概要が公式フォーラムに日本語で掲載されているので、プレイヤーの人はそちらもチェックしておきましょう。

『Dead by Daylight』公式サイト

『Dead by Daylight』公式Twitterアカウント:@deadByBHVR