片付けていて見つけた初代ゲームボーイの処分の仕方

片付けていて見つけた初代ゲームボーイの処分の仕方

新型コロナウイルス感染予防のために部屋で過ごす機会が多くなりました。そしてブームに乗って「断捨離」を始め、ついに押入れやクローゼットの奥にある手つかずのダンボールを開けた時に見つかる小さい時に遊んだおもちゃの数々。そのおもちゃの中に初代ゲームボーイはありませんか? 実は初代ゲームボーイは意外な用途から思ったより高い値段で売れるのです。

全世界で5千万台売れた大ヒット商品!

ゲームボーイは世界で約5千万台を売り上げた携帯ゲーム機です。1991年に勃発した湾岸戦争に参戦したアメリカ軍に娯楽としてゲームボーイが配布されるなど、世界を代表する携帯ゲーム機となりました。
しかし発売から30年が過ぎて、初代ゲームボーイは今、世界的に残存数が少なくなっています。それというのも初代ゲームボーイはサイズが大きく頑丈、中にはいっている電子基盤も大きく頑丈なため改造がしやすいということで世界中でニーズが高くなっています。
オークションサイトなどで出品されているものを見ると、動くかどうかわからないジャンク品以外では大抵の初代ゲームボーイが「バックライト改造、クリーニング済み」と書かれていて、手が加えられています。
しかし電子工作をしたい人にとって欲しいのは、改造済みの本体ではなくて、改造できる本体なのです。そんなわけで頑丈な作りが取り柄の初代ゲームボーイは動作確認済みですとだいたい2500円~3000円くらいで取引されます。ちなみに動くかどうかわからなくても1000円くらいはしますので、出品するだけムダというほどでもありません。

音楽の世界でも密かに人気

また、音楽のチップチューンというジャンルで、初代ゲームボーイはかなり人気の高いアイテムとなっています。チップチューンとは80年代のパソコンやファミコンなどの制約の多い音源で音源の音色を生かした楽曲を制作、演奏するジャンルです。
そのチップチューンというジャンルの中で初代ゲームボーイは、持ち運びやすさと低音の良さから人気となり、照明の暗いクラブで演奏ができるようにバックライトを仕込んで任天堂非公認のカートリッジを差し込んで演奏していたわけです。
もちろんスマホやPCでも同じような音は出せますが、楽器にこだわるのがアーティストなのでできれば本物が使いたいということで、初代ゲームボーイが人気です。
 
電子工作市場とチップチューン市場。小さいですが確かなマーケットがあるので価格崩壊せずに一定の市場価格が保たれているゲームボーイ市場。
もしも部屋の片付けをしていて初代ゲームボーイが見つかったら燃えないゴミに捨てないで、オークションに出品してみてください。ちなみに平均落札価格はNintendo DS LiteやPSPよりも高いですよ。