Freem!この夏のおすすめホラーゲーム2本! - ガメモ

Freem!この夏のおすすめホラーゲーム2本! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

国内最大クラスの無料のパソコンゲームの紹介や配信を行うウェブサイト「Freem!」。今回はこちらのサイトで配信されているゲームの中からこの夏にオススメのフリーゲームを紹介します。

8月も半ばになり長い夏休みのしっぽが見え始めた頃、まだまだ夏も終わりじゃないとばかりにこの夏にプレイしてほしい終わらない熱帯夜がちょっとだけ涼しくなるホラーゲームを2作品をピックアップです。

殺人鬼の街

「ウミガメのスープ」という論理型推理ゲームをごぞんじでしょうか。
一人が問題を出し、他の人がその問題に対する質問をしていきます。出題者は基本的にYES/NOでしか答えることはできません。その出題者からの返答で、どうしてそういう状況になったかを推理して解答していきます。

代表的な問題として「ウミガメのスープ」がありもその問題は

男がレストランで、ウミガメのスープを注文した。一口それを口にした男はウエイターを呼び、「これは確かにウミガメのスープかね」と聞いた。ウエイターは「さようでございます」と答えた。

その夜、男は自殺した。なぜ?

というものです。この理由を出題者に質問しながら考えていきます。

このゲームはその「ウミガメのスープ」のゲーム版といったところです。発生した殺人事件の容疑者にYES/NOで答えられる質問していき、殺人の動機と経緯を解明していきます。

殺人の動機を水平思考論理パズルで解き明かす

「殺人鬼の街」はプレイヤーは表示されている結果から、そのシチュエーションを想像して選択肢を選んでいくことで事件の全貌を知ることができます。

そしてすべての事件の資料に目を通し殺人の動機と経緯がつながった時、主人公が目にする情景はどんなものになるのでしょう。

このゲームは選択肢も少なく、CGも変わりません。殺人を犯した人の立場になって想像をめぐらして謎を解いていくのがメインです。寝苦しい夜に派手な演出や音楽がない環境の中で、猟奇的なシチュエーションを読み明かしていく。

殺人犯の思考がちょっとだけ理解できるようになった自分に怖くなるそんなホラーゲームです。

殺人鬼の街(「Freem!」紹介ページ)

べの倉庫(作者ホームページ)

 

ヨミクニサン

「いつもの電車が見たこと無い行き先に向かった」あとに待っているのは、「人がいないのに動き続けている工場」、「立入禁止っぽい鉱山」や「明らかに尾行されている気配」など「怖い」しか無いシチュエーションの数々。

それでも少し冷静なのはスマホ越しだからでしょうか。それとも、指示待ちの亮太に対して「自分がしっかりしなきゃ」と思うのでしょうか。

最後に「ヨミクニサン」をプレイする際には「Freem!」にてソフト本体のダウンロードの他に「RPGツクールXP RTP」のダウンロードとインストールが必要です。

「RPGツクールXP RTP」のインストールが終了後に「ヨミクニサン」を起動すればゲームが遊べます。

ヨミクニサン(「Freem!」紹介ページ)

RPGツクールXP RTPダウンロードページ

国内一人旅ブログはこいりむすめのいえ。(作者ブログ)

 


週刊Vtuber

人気記事