ゲームプログラマーの転職先の選び方|転職を成功させるコツ

ゲームプログラマーの転職先の選び方|転職を成功させるコツ

ゲームプログラマーの転職先の選び方|転職を成功させるコツ

ゲームプログラマーから転職したいと考えている方、どういったキャリアを積めばよいのかお悩みの方、プログラマーとして培ったスキルやノウハウを生かせる職業の選び方はどういったものがあるのか、転職を成功させるコツなどをご紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1ゲームプログラマーの転職後のキャリア
  2. 1.1転職先が同じ業種の場合
  3. 1.2転職先が違う業種の場合
  4. 2ゲームプログラマーの転職先 探し方のコツ
  5. 3ゲームプログラマーの志望動機・面接のポイント
  6. 4ゲームプログラマーの転職で注意すること
  7. 5まとめ

ゲームプログラマーの転職後のキャリア

Photo by200degrees

ゲームプログラマーとは、プログラミング言語というコンピューターを動かす言語を使って、ゲームを開発する仕事です。今の世の中パソコンを使わない会社はないといってもよいため、常に需要はありますが、ハードな仕事であることも知られているため広い範囲で人材不足となっています。プログラマーやシステムエンジニアとして転職先の需要は尽きないでしょう。

基本的には、同じゲーム業界ではゲームプログラマーから上の役職にキャリアアップをめざす転職。違う業界では培った技術・スキルを利用して、プログラマーやシステムエンジニアなどになります。
 

転職先が同じ業種の場合

同じゲーム業界内で転職先を探す場合、業界の空気やゲーム開発のノウハウを知っていることを活かして、ゲームプログラマー以外のゲームプランナーなどの職業を選ぶことも可能になります。

ゲーム会社の就職は、テレビモニターを使用するゲーム機を使ってプレイするコンシューマーゲームを作成しているゲーム会社や、ゲーム機そのものを開発するくらいの大手企業になるとかなり倍率が高いです。スマートフォンをつかうアプリ・ソーシャルゲームを扱う会社には、新規参入したばかりの会社もあり人手不足・技術不足もあいまって比較的多くの募集があります。

会社によってゲームプログラマーの人数や役割などが違うことがあり、メインプログラマーというリーダー的な位置になると給料も高くなります。

自信があるなら転職先を成長の見込みのある中小企業にし、プロデューサーやディレクター・プランナーとしても兼任しながらゲームプログラマーをするという選択も出来るようになるでしょう。

転職先が違う業種の場合

転職先がゲーム業界ではない違う業種へ進む場合でも、基本となるプログラミング言語は共通していることが多いです。プログラミング言語の使用スキルはゲームに限らず需要があります。ゲーム業界以外でのプログラマーとしての仕事は、大きく分けて「組み込み系」と「オープン系」の2つにわかれています。

組み込み系は、電化製品など電子基盤を持った機械を動かすためのプログラミングをする仕事です。スマホで使えるゲーム以外のアプリの開発などもこちらになります。使用するプログラミング言語は「C言語」「C++」が多くなります。ゲーム業界と同じく会社内での開発が多い仕事です。

オープン系は、複数のPCや電子機器などをオンラインで接続し運用できるようにする仕事です。「Javascript」がよく使われます。他の会社やお店に出向いてネットワークを構築するほか、トラブルが起きた時にすぐに対応しないといけない仕事でもあります。

ゲームプログラマーの転職先 探し方のコツ

Photo byPexels

プログラマーの転職先を探すには、転職サイトや就職支援をつかうのをおすすめします。必要な情報が記載されており、どのような条件があるのかなどを正しく把握することが出来ます。

求人を出している人の知識が無い場合では会社で使っているプログラミング言語などが把握されてなかったり、引継ぎが出来ていない場合などもあります。就職先の会社で使われているプログラミング言語を事前に調べておきましょう。

 

ゲームプログラマーの志望動機・面接のポイント

Photo bylukasbieri

具体的な転職理由を答えるために、待遇や環境など自分が求めていることを言葉に出来るようにしましょう。そこから会社に求めることも浮かんできます。しかし、過去の愚痴を言うだけではなく未来を見据えるように前向きな言動を心がけましょう。

プログラマーの仕事は激務となりやすいので、精神力や忍耐力、自分なりのストレスの解消方法を持っていることをアピールするのも大事です。

転職先では前職での実績をきちんと説明できるようにしましょう。履歴書には自分の使えるプログラミング言語をきちんと明記しておくのも重要です。

ゲームプログラマーの転職で注意すること

Photo byDarkmoon_Art

プログラマーとして培ったスキルを活かす転職の場合は、重要なのはプログラミング言語の種類です、必ず転職先の会社で使っている言語を事前に調べておきましょう。

また、プログラマーの仕事は激務のため、年齢も考慮する必要があります。40代以降は募集も減るためプログラマーとして転職するのか、他の職種につくのかをしっかり考えてキャリア設計をしましょう。

まとめ

Photo byOpenClipart-Vectors

ゲームプログラマーはゲーム開発をするためにはならなくてはならない重要な職業です。しかし、プログラミングの技術はゲーム業界だけでなくさまざまな業界でも必要とされています。転職先を選ぶ際には同じ業界でキャリアアップを目指すか、違う業界でこれまでのスキルを活かすのかの大まかな2択となるでしょう。プログラミングの仕事は体力的・精神的にハードな仕事となるので今後の人生設計も考えて早めの決断が必要になります。

ゲーム業界で働くならコンフィデンス!

 
なかなか転職先が見つからない…
ゲーム業界に就職したいけど未経験でも大丈夫?

ゲーム業界に特化したコンフィデンスの人材派遣なら

  • 最短1週間で就業可能!
  • 有名ゲーム会社の案件多数!
  • 安心の正社員採用

まずはお気軽にお問い合わせください。

confidence

コンフィデンスメンバーや会社情報を発信する「QOGL+」

 

  • ゲーム業界への人材派遣でできるお仕事の内容は?
  • 残業はどのくらい?休みは取りやすいの?
  • 社内制度は充実している?
  • どんな人たちがコンフィデンスで働いているの?

コンフィデンスで働くメンバーのインタビューをお届けする採用メディア「QOGL+」。

募集要項やコーポレートサイト、採用ページだけではわからない働く現場の情報を見ることができます!
 

QOGL+
ガメモ編集部
ライター

ガメモ編集部

ガメモの編集部が持ち回りで取材して記事書いています。


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly