ゲームプランナーの転職先はどこがいいのか 転職するのコツもご紹介!

ゲームプランナーの転職先はどこがいいのか 転職するのコツもご紹介!

ゲームプランナーの転職先はどこがいいのか 転職するのコツもご紹介!

ゲームプランナーから転職するにはどのような仕事があるのでしょうか。元のゲームプランナーという仕事を活かした転職についてご紹介していきます。キャリアアップするための転職のコツや、その他にもゲームプランナーに転職する時のコツもこの記事で紹介していきます。

コンテンツ [表示]

  1. 1ゲームプランナーの転職後のキャリア
  2. 1.1同業種の場合
  3. 1.2異業種の場合
  4. 2ゲームプランナーの転職先の探し方のコツ
  5. 3ゲームプランナーの転職の志望動機・面接のポイント
  6. 3.1志望動機
  7. 3.2面接のポイント
  8. 4ゲームプランナーの転職で注意すること
  9. 4.1スキルを身に付けることから始める
  10. 4.2転職するなら早めに行動する

ゲームプランナーの転職後のキャリア

ゲームプランナーの仕事は、コンセプトと基本構成を考えます。企画からリリース後の分析と運用も行っています。同業種で転職する場合、ゲーム業界ならばメインゲームプランナーを目指すのがよいです。他業界の場合は同業種であっても、仕事内容が変わってくるのでスキルを全て活かせるところはありません。

他業種の場合は、ゲーム業界ではゲームプロデューサーを目指せます。他業界ならITやWeb業界がオススメとなっています。

同業種の場合

同業種でゲーム業界に転職する場合は、メインゲームプランナーを目指しましょう。サブよりも責任を持つ仕事になりますが、その分給与もよくなります。

ゲーム業界以外の場合にプランナーを目指す場合は、何をプランニングするかによって必要なスキルが変わってきます。数値などの扱いや考え方などは、同じところがあるかもしれませんが、フルにスキルを活用できないのを覚えておきましょう。

ゲーム業界

ゲームプランナーはメインとサブの立場があります。メインプランナーは管理職とされることが多く、給与もサブより上乗せされています。また、企業などの組織に長年いると自ずと管理力が求められてきます。そのため、ずっとサブプランナーでいると居場所がなくなってしまうケースが多いです。ですので、ずっとプランナーでいるつもりならば、メインプランナーを目指しましょう。

映像業界

グラフィック関連の業務をやっていたならば、ゲーム業界と親和性の高い映像業界もオススメです。実際に、ゲーム業界と映像業界では人材が行き来することも多いです。

また、映画製作会社ならば共通の技術があるので、デジタルCGの技術があれば転職する可能性もアップします。グラフィック技術に詳しくなくても、映像プランナーとしてWeb動画などを企画する仕事ができるでしょう。

イベント会社・広告代理店

ゲームのように人を楽しませたいことがしたい人は、イベント会社や広告代理店に転職するのもありです。この業界ではイベントプランナーとして、セミナーやコンサートなどを企画する仕事ができます。

イベント会社と広告代理店の仕事内容は、ゲームプランナーとは違いますが、企画を考えることと人を巻き込む動き方をします。なので、ゲームプランナーの仕事と似ていて働きやすくなっています。

異業種の場合

ゲームプランナーが他の職種に転職するのは難易度が高いです。もともと、ゲーム業界でプランニングという専門スキルが乏しい職種なので他の場所に移ることが難しくなっています。

ゲーム業界ならば、自分好みのゲームが作れるような立場であるゲームプロデューサーになるのがよいです。しかし、ゲームプランナーと同じ立場になっている企業もあるので、細かい役職の線引きをしていない有名企業の方がオススメです。

ゲーム業界以外ならば、労働環境が似ているIT・Web業界が働きやすくなっています。

ゲーム業界

ゲーム業界ならば、ゲームプロデューサーにチャレンジするのもよいでしょう。ゲームプロデューサーは、ゲーム開発プロジェクトの最大権力を持ちます。そのため、ゲームプランナーよりも好きにゲーム制作を行えます。

ゲームプロデューサーになるためには、プランナーからディレクターになり、そこからプロデューサーになるステップがあります。なので、まずはディレクターから目指してみてはいかがでしょうか。

IT・WEB業界

もし転職をするのならば、環境の近しいIT・WEB業界の働き方がギャップも少ないのでオススメです。IT・WEB業界は始業時間が遅めだったり、フレックスタイム制度があったりするので、ゲーム業界と環境が似ています。

転職するならば、ゲームプランナーのスキルが活かせるWebディレクターがよいです。Webディレクターは、周囲のコミュニケーションを取りながらプロダクトを作りあげます。この部分はゲームプランナーで培ったコミュニケーション能力と調整力が活かせるので、Webディレクターは狙い目の仕事となっています。

ゲームプランナーの転職先の探し方のコツ

まず、最初にどうして会社を辞めたいと思うのかを整理しましょう。原因がわからなければ、転職先でも同じように辞める可能性があります。今感じている不安やつらさは何なのか、ゲーム業界から離れて解決できるかを検討しましょう。

転職先を探すには、転職サイトか転職エージェントを利用します。専門的サイトやエージェントもあるので、転職したい業界のサービスを利用するとよいでしょう。

ゲームプランナーの転職の志望動機・面接のポイント

転職してもゲームプランナーを続けたい人は、志望動機に担当したプロジェクトをまとめましょう。もちろん企業研究をして、その会社に行きたい理由も書きます。この企業研究は面接の時に、自分が収益を上げら人物だとアピールするためにも必要となってきます。

志望動機

ゲームプランナーの志望動機は、なぜその企業を選んだのかと自分がいることで貢献できることを書きましょう。それに加えて、自分がこれまで行ったプロジェクトの概要をまとめていきます。プロジェクトの説明では、どんな仕事をしたのか、どの程度成功したのか、そのプロジェクトで何を学んだのか、学んだことをどのように活かせるのかを説明しましょう。

また、なぜ転職をすることにしたのかと、転職する必要性など、転職する理由も即答できるようにしておきましょう。これができなければ、「現在の職場でもできることではないか」と企業側に思われてしまいます。

面接のポイント

ゲームプランナーに要求されることは、収益を確実に上げてくれる人材です。なので、自分が担当したゲームのリリース後の実績・収益性に関心が高いことをアピールしましょう。さらに、経営者目線があることもアピールすれば、会社に利益をもたらしてくれる人材と思われるので、採用される可能性が上がります。

企業が出している既存ゲームについての、改善案や派生企画の提案など収益アップに貢献できることを言えるとよいでしょう。

ゲームプランナーの転職で注意すること

ゲームプランナーから転職をしたい場合は、自分がなりたい仕事に就くためにスキルを磨いておくのがおすすめです。また、他の仕事に転職する時は未経験の場合が多いです。なので、未経験可の求人に募集できる若いうちに転職をしましょう。

これから先のキャリプランを考えつつ、ゲームプランナーを続けられるのか、転職した方がいいのかを考えつつ、ここから紹介する注意点を見ていきましょう。

スキルを身に付けることから始める

転職する時は、自分のやりたいことやキャリアプランを決めて、必要な専門スキルを身に付けることからスタートします。社内で自分の求めるスキルを磨けるようだったら、ポジションの異動も視野に入れましょう。

ゲームプランナーのスキルは専門スキルなので、他業種・他職種ではなかなかスキルを活かせませんが、ビジネススキルはどこでも通じます。数値分析やリーダーシップなどのソフトスキルは転職に有効なので、そこも磨いておきましょう。

転職するなら早めに行動する

ゲームプランナーの仕事にやりがいを感じなかったり、ずっと同じ職に就くつもりがなかったりする場合は、早いうちに転職をしましょう。ゲームプランナーの仕事から転職する場合は、未経験の求人を探すことになるので、未経験でも採用してもらえる20代までに再スタートをすることをオススメします。

また、未経験や経験不足で採用される場合は現在の年収よりも低くなることが多いので、今の仕事をずっと続けることがなければ、早めに動きましょう。

ゲーム業界で働くならコンフィデンス!

 
なかなか転職先が見つからない…
ゲーム業界に就職したいけど未経験でも大丈夫?

ゲーム業界に特化したコンフィデンスの人材派遣なら

  • 最短1週間で就業可能!
  • 有名ゲーム会社の案件多数!
  • 安心の正社員採用

まずはお気軽にお問い合わせください。

confidence

コンフィデンスメンバーや会社情報を発信する「QOGL+」

 

  • ゲーム業界への人材派遣でできるお仕事の内容は?
  • 残業はどのくらい?休みは取りやすいの?
  • 社内制度は充実している?
  • どんな人たちがコンフィデンスで働いているの?

コンフィデンスで働くメンバーのインタビューをお届けする採用メディア「QOGL+」。

募集要項やコーポレートサイト、採用ページだけではわからない働く現場の情報を見ることができます!
 

QOGL+

▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly