VRの世界で観光&トーク配信! クリエイターでありアイドルでもあるケモノイドVTuberのルートさんはどんな人??

VRの世界で観光&トーク配信! クリエイターでありアイドルでもあるケモノイドVTuberのルートさんはどんな人??

VRの世界で観光&トーク配信! クリエイターでありアイドルでもあるケモノイドVTuberのルートさんはどんな人??

VRChatの世界を中心に配信をしているケモノイドVTuberのルートさん。VRChatのさまざまな世界をゲストと共に写真撮影をしたり、バーを解放して視聴者と共にトークテーマについて語らったりとVRの世界で配信をしているVTuberです。3Dモデラーやアイドルなど幅広い活動をしています。

コンテンツ [表示]

  1. 1ケモノ×アンドロイド! VRの世界を中心に配信をするルートさん!!
  2. 2綺麗なワールドをゲストと写真撮影! 自分も行ってみたくなるVRChat写真撮影旅行!!
  3. 3実際にバーにも行ける!? 参加自由なトーク企画ROOT HUB!!
  4. 4魔法を使って敵を倒す!? 魔法とアクションが合わさったVRゲーム!!
  5. 53Dモデラーとしての腕もある!? BOOTHでも買える作品たち!!
  6. 6アイドルとしても活動中!? 「アステラル」の活動は動画だけではなく配信も!!
  7. 6.1ダンスレッスン編
  8. 6.2ボイストレーニング編

ケモノ×アンドロイド! VRの世界を中心に配信をするルートさん!!

https://www.youtube.com/watch?v=TDh1IktHPDs

VRの世界でアバターを通して交流や生活をするメタバース。

その1つでもあるソーシャルVRプラットフォームのVRChatで配信をしているVTuberが、ケモノの要素を持ったアンドロイド、ケモノイドの「ルート」さんです。

3Dの身体でVRのワールドを友人たちと一緒に巡り、写真を撮り合う写真旅行や、バーに人を招いてワイワイ話をするトーク企画などを配信で行っています。

バーチャル空間で3Dアイテムなどを販売するバーチャルマーケット(通称Vket)では、Vket6から公認配信者にもなっていて、どんなワールドや商品があるのかも紹介。

説明上手なので初めてVketを見る人にも優しい配信もしています。

また、クリエイティブでさまざまなVTuberモデルも制作し、アイドルユニットとして活躍している活動の幅が広いVTuberです。

綺麗なワールドをゲストと写真撮影! 自分も行ってみたくなるVRChat写真撮影旅行!!

VRChatのワールドを巡って写真を撮るバーチャル旅行企画が「VRChat写真撮影旅行」です。

写真はVRChatのカメラを使用していて、オートフォーカスなどの機能もあるので色々な写真を撮ることができます。

写真を撮る人とモデルは毎回変わっていき、大半は4人ゲストがいてその中で写真とモデルを交代。

ワイワイとみんなで撮るので、配信を観ている人も退屈せずに写真を撮るようすやモデルになっているようすが観れます。

ポーズを取るときは、ワールドのステージやエフェクトに合わせないといけないので、ずっと同じポーズのまま何回も撮り直しをして調整もするので、いい写真を撮るには忍耐との勝負ということも伝わってきます。

配信の後半には撮った写真を見せ合うコーナーもあって、誰がどんなことを思って写真を撮ったのか感想が聞けます。

さまざまなワールドを回って撮影をしていくので、自分もVRの世界に行きたくなるような素敵な配信となっています。

実際にバーにも行ける!? 参加自由なトーク企画ROOT HUB!!

VR空間でトークテーマに沿ったことを語っていく、みんなで集まってお酒やおつまみを食べるVR飲み会のような配信です。

トークテーマは毎回変わっていくので、飽きが来ることがなく聞くことができるラジオのようなトーク企画となっています。

配信でリアルタイムにコメント参加するも良し、VRChatでルートさんのバーに行くのも良し、普通の配信とは違う参加の仕方があるので、自分に合った楽しみができます。

ルートさんがコメントとバーに参加している人の話を膨らませて、色んな人の話を聞いて話を弾ませてくれるので、聞いてるほうも参加しているほうも楽しめるトーク配信となっています。

魔法を使って敵を倒す!? 魔法とアクションが合わさったVRゲーム!!

「RUINS MAGUS」というVRゲームのアンバサダーをしています。

魔法使いとなってバトルをこなしていくアクションゲームとなっていて、魔法を投げて敵に攻撃したり、ダンジョンの罠をタイミングよくかわしたりとVRならではのアクション機能があります。

ルートさんはアンバサダーのみに配布されたものと、みんなが遊べるようになった体験版と遊んでいたので、ゲーム本編ではハードモードでプレイしています。

通常よりも強くなった敵は、初見のボス相手だと倒すことが難しく配信の最後のほうには、ルートさんが苦戦するようすがみられます。

ルートさんの配信では、VR酔いしやすい人のために画面の真ん中にロゴが用意されていて酔いを軽減できる心遣いがされています。

また、ルートさん自身を観ることでも軽減がされるので、ゲームが気になるけどVR酔いしてしまう人はこの2つを見ると楽になるかもしれません。

3Dモデラーとしての腕もある!? BOOTHでも買える作品たち!!

https://www.youtube.com/watch?v=j7RnybPatPk

3Dモデラーとしての仕事もしているルートさん。

ニコニコ動画から歌い手として活動している「こげ犬」さんの3Dモデルの制作など、数々のVTuberの3Dモデルを作っています。

活動初期のほうではVRoidで自分の新しいモデルを制作する配信をしていました。

この配信はルートさんのYouTubeチャンネルか、画像の下にあるURLから見ることができます。

BOOTHではルートさんが身に付けているアクセサリーや靴が販売中です。

このほかにも、少女姿のウサギモチーフのケモノイド「ロップバニー」のヘアスタイルとアクセサリーが販売されています。

3Dモデル以外にはルートさんの背中についているエンブレムステッカーも販売していて、販売ページにはエンブレムの意味が書いてあります。

アイドルとしても活動中!? 「アステラル」の活動は動画だけではなく配信も!!

VTuber通して「キラキラしたい」「ステージに立ちたい」。

そう思っていたルートさんと、「すのう・あにぅ」さんは、プロデュサー「匠」さんと共にアイドルを目指すことになりました。

バーチャルアイドル「アステラル」は“バーチャルで、輝き生きるアイドル”をコンセプトとしていて、会議の様子や練習の様子を動画や配信を通して見せています。

「アステラル」の目標は「VRライブをしたい」「オリジナルソングが欲しい」で、この2つの目標に向かって頑張っています。

ダンスレッスン編

ダンス練習定点配信では、本当にダンスを練習しているようすが配信されています。

課題曲をリアルタイムで練習している定点カメラでの配信は斬新で、自然体の雰囲気が個々の配信とは違った感覚でファンには嬉しい配信です。

身長差もあって兄妹みたいでほっこりします。

“バーチャルで、輝き生きるアイドル”を、コンセプト通りに伝えるため動画だけではなく、リアルタイムの配信で練習をすることによって、視聴者にもコンセプトが伝わるおもしろい配信となっています。

ボイストレーニング編

https://www.youtube.com/watch?v=3P77Loe3We4

リアル&バーチャルシンガーソングライターのMiliaさんを迎えた配信では、ボイストレーニングのようすを配信しました。

最初に歌声を聞くためにワンフレーズ突発で歌を歌ったあとに、唇をプルプルさせる練習を開始。

唇を振動させるには息の調整が難しく、長く持続させるには結構コツが必要なのでルートさんは苦労していました。

音程を出していくレッスンでは、高音を出すときにやってしまう喉を締め付け和らげるために、リップトリル(息で閉じた唇を「プルプル」させて音程を上下させること)の練習を開始。

リップトリルは息の量が適切になるのと、のどの締め付けがなくなりやすくなる効果があります。

これは息を出しながら唇を震わすことと音程がつくことで、3つのことを同時にやるので混乱して、緊張が抜けてきます。

そうするとノドの締め付けもなくなるので声を出しやすくなっていくのです。

今回の配信はファンだけではなく、歌を勉強している人にも為になる配信となっています。

配信のアーカイブは「アステラル」のYouTubeチャンネルか、上の画像にあるURLから見れます。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/VRHKEMONOIDch
Twitter:https://twitter.com/KEMONOID_ROOT
BOOTH:https://kemonoid-factory.booth.pm/
アイドルユニット「アステラル」のTwitterアカウント:https://twitter.com/VidolASTRAl
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCbx0c5TjSP-LZM7jLopmdDg

翠花
ライター

翠花


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly