NIGOROとroom6が東京ゲームショウ2019に伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を出展! - ガメモ

NIGOROとroom6が東京ゲームショウ2019に伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を出展! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

株式会社room6は、NIGORO開発、伝説のおビンタバトルゲーム「薔薇と椿」スマートフォン版を、9月12日(木)~9月15日(日)の4日間、千葉県幕張メッセで開催される日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ2019」に出展することを発表しました。

伝説的人気のFLASHゲームがスマホに移殖

「薔薇と椿」というFLASHゲームをご存知でしょうか。伝説の昼メロドラマ「牡丹と薔薇」にインスパイアされたのかされていないのかわかりませんが、2007年に公開されて以来、1500万回以上遊ばれた伝説のゲームです。

華族、椿小路家の長男、俊介の嫁として嫁いだ玲子。しかし夫の俊介は嫁いだ次の日に他界。椿小路家の人々の高貴ないびりが続く中、玲子の中の庶民の血が燃え上がる。俊介にもらった薔薇の花を胸に、玲子は椿小路家の人々に宣戦を布告したのである。

ゲームの内容は華族の椿小路家の女性たちと庶民の玲子のビンタバトル。攻撃ボタンを押して表示された軌道に沿ってマウスを動かし、ビンタをします。軌道から大きくズレていたりタイミングが遅いと避けられ、カウンターのビンタを受けます。

攻撃が終わると攻守交代で今度は防御します。防御ボタンを押して、タイミングよく軌道に沿ってマウスを動かします。軌道とタイミングが合えば、相手のビンタを避けて逆にカウンタービンタを決めることもできます。

こうして相手の体力を0にすれば勝ちとなります。

FLASHとmixiの全盛期、ニコニコ動画のサービスが始まった頃に大流行しました

グラフィックの美麗さや思わず笑ってしまうようなキャラクター同士の会話、そして選べるとはいえ難易度の高さが話題を呼び、名作と呼ばれました。
ちょうどその頃は招待制SNSのmixiの全盛期で、楽しいFLASHアニメやゲームをマイミク同士で共有するのが流行していました。このゲームも難易度が高いため、クリアを競ったりするのが楽しかったですね。

このように栄華を誇ったこのゲームも2020年のFLASHの更新終了に伴い、プレイできなくなると思われていました。
それがスマートフォン版となって見事に復活しました。元々、表示された軌道に沿って、マウスを動かして攻撃や防御をするので、どちらかといえばスマホでの操作のほうが向いていると思われます。
今度、配布されるスマホ版はさらに格闘要素が増えているとのことで、より楽しめると思われます。

そしてこの作品のお披露目となる「東京ゲームショウ2019」では先行体験試遊の他、フライヤーや、ポストカード、ビンタステッカー、薔薇&椿ステッカーなどの無料配布が実施されます。会場に行かれる方はぜひ立ち寄って遊んでみてください。

<スマートフォン版「薔薇と椿」基本情報>

タイトル名:薔薇と椿

ジャンル:おビンタ格闘バトルゲーム

プラットフォーム:iOS / Android

発売地域:グローバル

価格:無料

開発:NIGORO

配信、開発協力:room6

発売日:2019年内を予定

NIGORO公式サイト

room6公式サイト

room6公式Twitter

 


週刊Vtuber

人気記事