国連「IGF京都2023」で「メタバース登壇」! スイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ、VTuberバーチャル美少女ねむがプレゼン

国連「IGF京都2023」で「メタバース登壇」! スイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ、VTuberバーチャル美少女ねむがプレゼン

国連「IGF京都2023」で「メタバース登壇」! スイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ、VTuberバーチャル美少女ねむがプレゼン

国際連合主催によるインターネット政策の国際会議「インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023(IGF京都2023)」が10月8日から12日までの4日間京都で開催されることが決定した。開催国である日本政府からは総務省が参加しており、総務大臣 松本剛明氏によるメッセージが公開された。今回サブテーマの一つとして「AI・先端技術」が挙げられており、Day0 イベント「メタバース住人との対話――新たなアイデンティティとダイバーシティ」では、近年注目の集まる仮想世界「メタバース」について、スイスの人類学者リュドミラ・ブレディキナ、日本のVTuber(バーチャルYouTuber)バーチャル美少女ねむが英語でプレゼンテーションを行うことが決定した。ねむはメタバースの世界から会場に設置されたスクリーンに登場しデモを行う「メタバース登壇」を行う予定だ。

コンテンツ [表示]

  1. 1インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023(IGF京都2023)
  2. 1.1総務大臣 松本剛明氏によるメッセージ
  3. 2IGF2023 Day0 イベント「メタバース住人との対話――新たなアイデンティティとダイバーシティ」
  4. 3研究ユニット「Nem x Mila」

インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023(IGF京都2023)

IGF(インターネット・ガバナンス・フォーラム)は、インターネットに関するあらゆる課題について、国連主催のもと、多様な関係者が対等な立場で対話を行うインターネット政策の分野で最も重要な会議の1つです。2006年の第1回会合以降毎年開催されており、第18回目となる本会合が京都で開催されます。今回の会合では、“Internet We Want – Empowering All People -”(私たちの望むインターネット~あらゆる人を後押しするためのインターネット~)という全体テーマのもと、多様なステークホルダーが主催する約300のセッションが開催され、あらゆるインターネットの諸課題について議論を実施します。

 

●開催期間:2023年10月8日(日)~12日(木)

●会場:国立京都国際会館(京都市)

●主催:国際連合

●全体テーマ:“Internet We Want – Empowering All People -”(私たちの望むインターネット~あらゆる人を後押しするためのインターネット~)

●サブテーマ:

 ① AI・先端技術
 ② インターネットの分断回避
 ③ サイバーセキュリティ、サイバー犯罪、オンラインの安全性
 ④ データガバナンス・トラスト
 ⑤ デジタルデバイド・包摂性
 ⑥ グローバルデジタルガバナンス・協力
 ⑦ 人権及び自由
 ⑧ 持続可能性・環境

●参加登録:IGF京都2023に参加する場合は、現地参加、オンライン参加に関わらず、事前に国連認定システムに登録する必要があります。参加料は無料です。

 

※出典:インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023

 - https://www.soumu.go.jp/igfkyoto2023/

総務大臣 松本剛明氏によるメッセージ

『インターネットの普及に伴い、我々の生活のあらゆる側面で、物事が根幹から変わるデジタルトランスフォーメーションが起きています。生成AIをはじめとする最先端技術の恩恵が、スマートフォンを通じてあらゆる個人に及んでいます。情報通信インフラを通じて、言語を超えて膨大なデータが流通・処理され、人類はインターネットという基盤の上に、可能性が大きく広がる新たなステージに立っています。そのような状況の中で、インターネットに関わる様々なステークホルダーが一堂に会し、インターネットの諸課題について議論するインターネット・ガバナンス・フォーラム(IGF)京都2023を日本で開催できることを喜ばしく思います。

 

今回のIGFは“Internet We Want – Empowering All People -”(私たちの望むインターネット-あらゆる人を後押しするためのインターネット-)を全体テーマとして開催されます。まさに、全人類の未来にとってのインターネット、誰一人取り残さない、自由で開かれたインターネットの発展に向けて、世界からお集まりいただいた皆様による活発なご議論が、より良い未来につながることを確信しております。(後略)』

 

※出典:インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023 - https://www.soumu.go.jp/igfkyoto2023/

IGF2023 Day0 イベント「メタバース住人との対話――新たなアイデンティティとダイバーシティ」

本セッションは、メタバース住人のリアルを解き明かすことを目的としています。バーチャル美少女ねむ氏は世界最古の個人系バーチャルYouTuberであり、仮想世界メタバース上でのアバター人格としてメディア出演や書籍・記事の執筆などで活躍しています。ねむ氏はメタバースの世界から会場に設置されたスクリーンに登場し、オンラインで本セッションに登壇します。ねむ氏によるメタバース生活のデモンストレーションでメタバース住人の生活を理解し、「人生を送ることのできるインターネット」であるメタバースとは果たして何なのか、メタバースで生まれる新しいアイデンティティ・経済・多様性の可能性、ハラスメントの問題、新たなジェンダー規範について議論します。

 

参考:メタバースが及ぼす人類の新たな進化 バーチャル美少女ねむ | 京大ELP 短期集中講座2022 - https://www.elp.kyoto-u.ac.jp/intensive/2022/nem/

 

●日時:10月8日(日)18:00~19:00 
●場所:Workshop Room 4

●スピーカー:

 ・バーチャル美少女ねむ(メタバース文化エバンジェリスト)※オンライン登壇

 ・リュドミラ・ブレディキナ(マルタ大学、人類学者)※オンライン登壇

 ・前村昌紀(JPNIC)

●サブテーマ:① AI・先端技術(メタバース)

●SDGs目標:5. ジェンダー平等

●形式:プレゼンテーションと質疑応答

●言語:英語

 

※出典(日本語訳:バーチャル美少女ねむ):IGF 2023 Day 0 Event #134 Talk with Metaverse residents – a new identity and diversity | Internet Governance Forum - https://intgovforum.org/en/content/igf-2023-day-0-event-134-talk-with-metaverse-residents-%E2%80%93-a-new-identity-and-diversity

研究ユニット「Nem x Mila」

「Nem x Mila(ねむみら)」はリュドミラ・ブレディキナとバーチャル美少女ねむがVTuberやメタバースが人類に与える影響を調査するために結成した研究ユニットである。

※TBWA Worldwideによる「Nem x Mila」へのインタビュー映像

●リュドミラ・ブレディキナ

マルタ大学社会福祉学部ジェンダー&セクシャリティ学科で博士課程在籍。2022年に「バ美肉」「VTuber」に関する修士論文でジュネーブ大学のジェンダー分野の学術賞「プリ・ジャンル」を受賞。

・Twitter : https://twitter.com/BredikhinaL

・研究ポータル(マルタ大学) : https://malta.academia.edu/LiudmilaBredikhina 

・参考:ミラ「バ美肉」論文で学術賞「プリ・ジャンル」受賞 https://note.com/nemchan_nel/n/ne05416248557

 

●バーチャル美少女ねむ

日本のVTuber/作家で、メタバース文化エバンジェリスト。HTC公式VIVEアンバサダー。2022年に解説書『メタバース進化論(技術評論社)』を出版。「ITエンジニア本大賞2023」ビジネス書部門で大賞を受賞。
・Twitter : https://twitter.com/nemchan_nel

・研究ポータル(researchmap):https://researchmap.jp/nemchan_nel

・参考:『メタバース進化論(技術評論社)』特設サイトhttps://note.com/nemchan_nel/n/n464c528e9b7a

リンクと画像の例

Risdom事前登録受付中!

Sample Image

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」日本上陸!

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」