新刊紹介:アカツキ創業者・代表取締役CEO塩田元規 初の著書『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』 - ガメモ

新刊紹介:アカツキ創業者・代表取締役CEO塩田元規 初の著書『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

スマホゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ロマンシング サガ リ・ユニバース」などの運営サービスで知られるゲーム会社アカツキ。
この会社の創業者であり代表取締役CEOでもある塩田元規氏の初の著書『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』が、幻冬舎 NewsPicks Bookから10月3日に発売されます。
この発売に先立ち、9月18日からAmazon.co.jpにて予約販売を開始しています。確実に入手を希望される方はAmazon.co.jpにて予約販売を開始していますのでそちらを利用してください。

Amzon.co.jp予約販売ページ

『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』について

2010年6月、当時27歳であった塩田は、共同創業者である取締役COO 香田哲朗とともにアカツキを創業。
2016年には東京証券取引所マザーズ市場への上場、翌年2017年には東証一部へ市場変更を果たしました。
2018年度決算では通期売上⾼ 281 億円、営業利益 136 億円となり、過去最⾼の売上⾼・営業利益を達成しています。

塩田は本著の中で、「アカツキは目に見えないもの、感情・ハートを大切にしたから成長できた」と語っています。
人々との出会いや繫がり、旅を通して気づいた「ハートドリブン」という考え方により、数字・計画・思考だけではなく、感情・直観・感性を研ぎ澄まし自身の内側を進化させてきたプロセスや気づきについて振り返ります
。自分の内側を進化させること、そのために大切なこと。そして、それが外側の世界を結果として大きく変えていくことを物語を通しながら分かち合っています。

そして、「ハートドリブン」をベースに、感情・ハートを中心とした経営スタイル、拍手文化、はだしで過ごすオフィス、分かち合いなどアカツキ独自の企業文化についても紹介しています。

 著者 塩田元規コメント

『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』では、僕自身の人生の旅と、アカツキの成長の旅の物語を赤裸々に分かち合いながら、自分の感情や心を丁寧に扱うことの大切さについて書いています。

自分の感情や心を丁寧に扱うことがアカツキという企業の成長にどう貢献してきたか。
そして、アカツキに限らず、これからの新しい時代に生きる人、企業の成長にとってもすごく必要なことである理由についてもふれています。

アカツキの企業経営や組織論の話もしていますが、何より一人ひとりが自分の人生において、外側に正解を求めるのではなく、自分の内側にある宝物を思い出していくことが大事であること。そして、それが 結果として外の世界も変えていくということ。
そんなことをメッセージにした本です。

正解がないこれからの時代だからこそ、一人ひとりが自分の可能性を輝かせていくために、この本を読んで少しだけ立ち止まって、自分自身の心の真実に耳を傾けるきっかけになればいいなと思っています。

魂を込めて書いた本です。そんな僕の想いが多くの方の心に届くことを願っています。


■ 書籍概要
タイトル:『ハートドリブン 見えないものを大切にする力』
著者:塩田元規
発売日:2019年10月3日
定価:本体 1,500円+税
判型:四六並製
頁数:272
発売:幻冬舎 NewsPicks Book


株式会社アカツキ 会社概要
アカツキは、心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンとしています。モバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。

株式会社アカツキ公式サイト
 


週刊Vtuber

人気記事