【噂】「バイオハザード4」のリメイク版の製作が開始! 開発担当は「バイオRE:3」にも参加したM-Two

【噂】「バイオハザード4」のリメイク版の製作が開始! 開発担当は「バイオRE:3」にも参加したM-Two

この記事は海外ニュースサイト「VGC」のこちらの記事を参考に書かれています。

『バイオハザード2』と『バイオハザード3』のリメイク版に続き、複数の開発関係者がVGCに語ったところによると、『バイオハザード4』のリメイク版は2022年の発売を目指して本格的な制作が開始されたとのことです。

ここで注意が必要なのは、カプコンの「バイオハザード4」リメイクプロジェクトについては、ここで紹介した噂以外にも「RE:2」と「デビル メイ クライ V」チームの一部が共同開発するとの噂もあり、「ありそう」な噂話が数多く浮上しています。

今回紹介する噂では、開発は大阪に拠点を置くM-Twoが主導しており、元PlatinumGamesの代表である南達也氏が設立した新スタジオで、2018年からプロジェクトの準備を進めているとのこと。

しかし、2020年の「バイオハザード3」がレッドワークスがディレクションを務めたのと同様に、カプコンの社内チームや他の外部スタジオが開発リソースを大きく貸し出す可能性が高いとみられています。
そしてこのリメイクには、オリジナルゲームのディレクターである三上真司氏が参加していることが明らかになっています。

累計750万本売れた超人気作品! 「バイオハザード4」

リメイクされる『バイオハザード4』は2005年にニンテンドーゲームキューブから発売されてからさまざまなプラットフォームで発売され累計750万本の売り上げを記録し、カプコンの歴代最高評価を獲得しています。
このゲームは2000年代のゲームの中で最も影響力のある作品の一つとされており、特に3人称視点における肩越しからの視点は、その後の多くの3人称視点のシューティングゲームに広く採用されています。

そして、このゲームはそれまでのシリーズの特徴の多くを覆すもので、弾薬の不足などのサバイバル要素が薄れ、よりスピーディーで緊張感のあるペースが導入されている。
シリーズの顔とも言うべきゾンビでさえ、狂信的な宗教教団に取って代わられて、ロス・イルミナードはこれまでの『バイオハザード』のような単独での悪役ではなく、大集団でプレイヤーを襲うようになりました。

バイオハザード4』は、発売から15年の間に何十回も移植やリマスターが行われていますが、完全なリメイクは行われていません。

2020年の『バイオハザード3』には、4のリメイク版への潜在的な言及が多数含まれており、その中には、パラサイトゾンビの導入や、4で大きく取り上げられたクイックタイムイベント(QTE)に似たイベントも入っていました。

リメイク作が大当たりの今、4のリメイクは必然!?

『バイオハザードRE:2』は、650万本以上の出荷を記録し、「期待を上回る」結果となっており、『バイオハザードRE:3』も全世界でパッケージ版だけで売上本数が200万本を超える出荷数となっています。
『バイオハザードRE:3』に関しては新型コロナウイルスの影響で世界的に小売店が閉鎖中のため、予測通りの販売本数ではななかったのは当たり前のことでしょう。

このようにリメイク作品でも全世界的なヒットとなるのですから、『バイオハザード4』のリメイクの噂が流れるのは必然ですね。

バイオハザード公式サイト

【噂】『バイオハザード8』は2021年に発売? 重大な転機となる作品になるかも!?