書籍紹介:『ゲーム業界で働く』(ぺりかん社)ゲーム制作の流れやスタッフのインタビューが掲載された業界の基礎知識が詰まった書籍

書籍紹介『ゲーム業界で働く』(ぺりかん社)ゲーム制作の流れやスタッフのインタビューが掲載された業界の基礎知識が詰まった書籍

「ゲーム業界で働きたい」と思ってはみたものの、ゲーム雑誌のインタビューに登場するのはプロデューサーやディレクターといったポジションの人ばかり。具体的にゲーム業界にはどんな職種があってどんな仕事をしているのか? そんな疑問に答えてくれる書籍が発売。

中高生向けとはいうもののゲーム業界の説明は現実的!

『ゲーム業界で働く』(著:小杉真紀・山田幸彦/ぺりかん社)は「ゲーム業界で働きたい」という夢を持った中高生向けに書かれた書籍です。中高生向けとは言うものの内容は、ゲーム業界とはどんなところかの説明から始まり、ゲーム制作の流れや最大の関心どころでもある給料や労働環境の話も書いてあるので、将来の不安も和らぐ内容です。

またプロデューサーやディレクターなどのゲーム雑誌のインタビューで見かける人たちを始め、プログラマーや品質管理、eスポーツの運営など普段では話を聞く機会が少ない職種の方にもインタビューをしています。さらにそのインタビューの中では、ゲーム開発の現場で自分がどのような仕事をしているのかはもちろん、求められる能力やこの職種を目指している人たちへのアドバイスも収められています。

ゲーム業界への「夢」を「志望」へと変えられる一冊

「ゲーム業界に就職したい」とは思ってはいるものの、具体的にゲーム業界のどんな職種になりたいかが決まっていない人もいると思います。そんな人達はこちらの書籍を読んで、イメージを掴みつつ「ゲーム業界で働く」夢を具体的にしていくといいでしょう。

 

ゲーム業界で働く (なるにはBOOKS 補巻26)
出版社: ぺりかん社
ISBN-10: 4831515698
ISBN-13: 978-4831515698
発売日: 2020/6/10
価格:1500円+税

「ゲーム業界で働く」紹介ページ(ぺりかん社)