東京モーターショーのe-Motorsportsのイベントに世界中から強豪が集合! 自動車メーカー対抗戦は完全な真剣勝負! - ガメモ

東京モーターショーのe-Motorsportsのイベントに世界中から強豪が集合! 自動車メーカー対抗戦は完全な真剣勝負! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

2019年10月24日よりお台場地区で開催される「東京モーターショー2019」。この会場で
「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019シリーズ ワールドツアー5」が開催されます。こちらの大会はPS4専用ソフト『グランツーリスモSPORT』を使用して行なわれる大会で、今回は世界中から総勢48名のドライバーが終結して直接対決します。
11月にモナコで行われる「ワールドファイナル」への出場権をかけた戦いも大詰めを迎えていますので、白熱した戦いになることは必至です。

ガチンコ勝負にも色々なプライドが懸けられるわけで…

この「ワールドツアー5」以外にも、いばらき国体の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の少年の部に出場した選手から各都道府県で最速の選手で優勝を争う「都道府県対抗U18全日本選手権」。
世界一のGR Supraの使い手を決めるワンメイクレース「GR Supra GT CUP決勝大会」。
なかでも注目なのが「自動車メーカー対抗・真剣勝負」です。トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、メルセデス・ベンツ、ルノーの10社によるエキシビションマッチ。
各社社員、契約ドライバー、『グランツーリスモSPORT』のスタープレイヤー達がチームを結成し、白熱のバトルを披露する。 普段はあまり交わることのないそれぞれのプロフェッショナルが、ゲームの中でどんなチームワークを見せるのか? 専門ではありませんが、現役のプロドライバーはゲームでも速いのか? 普段はレースをしない自動車のスペシャリストはレースでは速いのか? など興味はつきません。また各自動車メーカーの自社の車へのこだわりとかも知られると楽しくなります。

大会の模様はYouTubeのグランツーリスモLIVEにて配信されますので、現地で観戦が難しい方はこちらで観戦することも可能です。
大会の開催時刻は『グランツーリスモSPORT』の公式サイトにて公開されています。こちらで見たいレースをチェックして忘れないようにしてください。

『グランツーリスモSPORT』公式サイト

世界中から注目されている東京モーターショウで行なわれるe-Motorsportsのイベント。このイベントの他にも限定版のトミカの販売や軽トラの荷台が売り場にして農海産物や工芸品などを販売する軽トラ市などが行なわれます。
最新の車の展示会と言うより車のお祭りといった感じですので、自動車に興味がなくても楽しめるイベントとなっています。

『グランツーリスモ』公式サイト

『東京モーターショー2019』公式サイト

 

『グランツーリスモ』が上手いと車の運転って上手いの?

スポーツゲームをプレイしていると生まれる疑問で「スポーツゲームが上手い人はスポーツも上手いの?」というのがあります。その疑問の答えとなるのが、実は「グランツーリスモ」シリーズです。

実はソニーは日産と協力して、「グランツーリスモ」をきっかけにプロレーサーになれるGTアカデミーという国際的コンテストを行っています。
これはオンラインで予選を行い、そのベストタイムの上位が実車のテストと体力テストを経て選考され、合格すると日産からのサポートを受けて国際レースを走るために必要な訓練とライセンスを取得するチャンスが与えられます。
このアカデミーは2008年から始まり、すでに何人ものレーサーをデビューさせています。

ゲームが上手い人はココがすごい!

コンテストの出身者の他のレーサーにない特徴として挙げられるのが、車への適応力の高さだそうです。実車しか運転していないレーサーに比べて、彼らはゲームとはいえ100車種以上の車に乗っているので、いきなり新しい車に乗せても適応するのに時間がかからないそうです。
ベテランが長い時間をかけて身につけた経験をゲームで補っている感じですね。

スポーツですとやはり体力や背の高さなどの身体能力などがあるため、ゲームでの結果が実践の結果には繋がりませんが、頭脳だけの勝負となると話は変わります。ポーカーのプロというのは相手の手を読んだり、ブラフ(脅し)をかけたりと長年の経験とカンによる駆け引きが必要なジャンルでした。
しかし、インターネットの登場でその状況が変わってきています。若いポーカープロがインターネットカジノで複数のウィンドウを開いてプレイすることで、今までの何倍ものスピードでベテランの持つ経験とカンの差を埋めてしまったのです。

ゲームをプレイすることで身体や時間、金銭的な負担をかけることなく、経験やカンは養えるのでしょう。そこから何が足りなくて、どんなことをすればいいのかが分かる人がプロになれるのだと思います。


週刊Vtuber

人気記事