世界的に有名なボードゲーム「カタン」が現実世界で遊ぶスマホゲームに! ナイアンティックからの気になるリプも - ガメモ

世界的に有名なボードゲーム「カタン」が現実世界で遊ぶスマホゲームに! ナイアンティックからの気になるリプも - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

ドイツのCATAN GmbHは、ドイツ発のボードゲームの「カタン(CATAN)」を題材にしたスマートフォンゲームを発表しました。
世界中を巨大なカタンにすると表明していて、公式サイトにある事前登録の利用規約から、開発にナイアンティックが協力していると思われます。

「カタン」ってどんなゲーム?

「カタン(日本タイトル:カタンの開拓者たち)」は1995年に発売されたボードゲームです。プレイ人数は3人から4人ですが、2人用の特別ルールや、5~6人まで遊べる拡張セットなども販売されています。
6角ヘクスを組み合わせて作られる、プレイするたびに変わる島を舞台に、産出される資源を使って、島を一番早く発展させた人が勝ちとなるゲームです。
島から産出される資源は制限があるために、プレイヤー同士が交易をして資源を集めていきます。この交渉がゲームの醍醐味で、世界20カ国語以上に翻訳されて人気となり、過去には、パソコン版や家庭用ゲームとなって国内でも発売されました。

スマホ版はどんなゲームになるのだろう?

今回発表されたスマホ版「カタン」は「CATAN-World Explorers」と呼ばれ、公式サイトではイメージ画像も公開されています。こちらの画像からは実在の地図に「カタン」のコマが置かれていますので、実際の地図とリンクした内容になるのは間違いありません。ナイアンティックが協力しているということで、IngressやポケモンGO 、ドラクエウォークなどのように街の有名スポットなどが、資源の産出場所になるのでしょうか。

また他のゲームではバトルが有力なコンテンツになっていますが、カタンの魅力は「交渉と交易」です。このゲームの魅力をどのように表現するのかが気になるところです。

個人的にはもう歩くゲームは、たくさんあるので実際の地図をマップにしたボードゲームがプレイしたいですね。

 

 

公式サイトでは現在、こちらの「CATAN-World Explorers」の事前登録を受け付けています。地域で日本は選べるもののサイトは日本語に対応しておらず、日本でのサービス開始も未定です。ただ、日本からの登録者が増えれば、サービス開始も早まる可能性があるので早く遊びたい方は事前登録をおすすめします。

「CATAN-World Explorers」公式サイト

 


週刊Vtuber

人気記事