創業110周年、最も゛映える″文庫が登場! 「講談社文庫 × クリエイターフェア」開催 - ガメモ

創業110周年、最も゛映える″文庫が登場! 「講談社文庫 × クリエイターフェア」開催 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

講談社は、11月15日(金)から全国約700書店で、『講談社文庫 × クリエイターフェア』を開催します。

10代~30代の男女に圧倒的な支持を得るクリエイターと、創刊48周年を迎えた講談社文庫、創刊4周年の講談社タイガの名作がコラボレーションして、オリジナルカバーを作成しました。

個性的なカバーが12種類

クリエイターは、女優・俳優・モデル・イラストレーターなど、SNSでも多くのフォロワーを獲得している12人。デザインのみならず色味や質感にもこだわり、思わずコレクションしたくなる個性あふれるカバーが完成していて。クリエイターの個性とともに作品の魅力が存分に引き出されています。

この方々とコラボする作品は、東野圭吾さん作の傑作ミステリー『むかし僕が死んだ家』、辻村深月さん作の青春小説『島はぼくらと』など、講談社を代表する名作揃い。

昭和初期から日本人に愛されてきた「文庫」。装丁を入口としてもっと若い“令和世代”の読者にも文庫本の良さを伝えたい! ジャケ買い、大人買い大歓迎! というコンセプトで実施にいたったこちらのフェア、わずか10㎝程度の世界で、クリエイターたちはどのような表現をしているのか? 書店店頭でお手にとってぜひお楽しみください。

「講談社文庫 ×クリエイターフェア」参加クリエイターと書名

莉子 × 『島はぼくらと』(辻村深月)
木村なつみ × 『むかし僕が死んだ家』(東野圭吾)
青戸しの × 『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)
雪見みと × 『今夜、すべてのバーで』(中島らも)
Monet × 『ウォークインクローゼット』(綿矢りさ)
まつうらまれ × 『終わらない夏のハローグッバイ』(本田壱成)
わたらいももすけ × 『変愛小説集』(岸本佐知子)
チョーヒカル × 『密やかな結晶』(小川洋子)
橋下美好 × 『二度寝とは、遠くにありて想うもの』(津村記久子)
ごめん × 『スペードの3』(朝井リョウ)
日出木りんご × 『ジニのパズル』(崔 実)
工藤孝生 × 『星が吸う水』(村田沙耶香)

「講談社タイガ」ってどんなレーベル?

このキャンペーンで気になるのが対象となった小説レーベルの「講談社タイガ」。
こちらは4年前に創刊されたレーベルで、高校生や大学生が主人公の作品が多く、表紙も人気イラストレーターが務めることが多いです。そして書いてる作家も「物語」シリーズの西尾維新、「ブギーポップは笑わない」シリーズの上遠野浩平、「文豪ストレイドッグ」シリーズの朝霧カフカなどがいます。

となると、頭をよぎるのが「これってラノベレーベル?」という疑問ですが、講談社には「講談社ラノベ文庫」と「Kラノベブックス」というライトノベルレーベルがあります。
なので「講談社タイガ」は、ラノベから普通の小説への橋渡しを担っているレーベルだと思われます。
あとは書店で新書サイズのノベルスを置くスペースが減ってきたので、色々なジャンルを網羅するノベルスの後継となるレーベルが必要だったという現実的な理由があったのかもしれません。

このように「ラノベ以外にも小説が読みたい人」と対象がはっきりしているので、「講談社タイガ」から出ている人気作家の小説は、他のレーベルから出版されている小説とは少し違った雰囲気の作品になっています。

 

 たとえば「文学少女」シリーズでおなじみの野村美月の「晴追町には、ひまりさんがいる。」シリーズは、小さな町が舞台の心があたたまるミニミステリーです。
ライトノベルでは、少年少女の傷ついた心の救済や、ちょっとだけうまく行かない恋の話などが多かった作者でした。
でも、「講談社タイガ」で書かれた「晴追町には、ひまりさんがいる。」シリーズは、失敗したために踏み出せない大人を手助けする物語となっています。
素直になれない所や、大人だからしてしまう小細工などから抜け出す手伝いをする話などを読んでいると、対象年齢が学生から社会人になったのかなと思わされます。

気になる作者がいて、最初に読む小説としてはあまりオススメしませんが、何冊か読んで気に入った作家がいて、この人の別な雰囲気の小説が読みたいと思った時は、「講談社タイガ」はオススメのレーベルです。

 

コンフィデンス採用

人気記事