秋葉原に同人&インディーゲームが大集合!~デジゲー博2019 レポート~ - ガメモ

秋葉原に同人&インディーゲームが大集合!~デジゲー博2019 レポート~ - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

2019年11月17日、秋葉原UDXにて同人&インディーゲームの展示・即売イベント“デジゲー博”が開催されました。

インディーのゲーム開発者が一堂に会して、開発したゲームを展示し、試遊、購入ができるイベント。いわゆるコミケのような同人誌即売会のゲーム版といったイベントです。

プラットフォームが増えて新しい遊び方や表現が生まれる

今年で7回目を迎えるこのイベントでは、従来のスマホやPC(Steam)をプラットフォームとしたものに加えて、Nintendo Switchをプラットフォームにしたゲームが増えていました。
試遊をする際も、Nintendo Switchを渡されるケースが多くなり、Nintendo Switch向けにUIや操作などもこだわっていて、とても遊びやすくなる工夫がされていました。

また一般の開発者だけでなく、普段はゲームの一部のパートの開発を担当していたり、名前を出さずにゲームの開発をしている企業が、自社販売のオリジナルタイトルを発表していたり、VRやARなどゲームの「新しい遊び方」を発表していました。
そしてゲーム開発に必要なフォントやツールの使い方などの技術書も販売されているのが、このイベントの特徴だと思われます。

会場の様子

試遊した参加者は開発者に直接、感想や要望を伝える様子があちこちで見られました
250を超えるブースが出展していた
セガ・インタラクティブのブースではアーケードに移植予定のインディーゲームのテストプレイを実施
プロジェクターを使ってゲーム大会などのイベントも開催
「Dragon Marked For Death」のブースではver.3.0から追加される新ジョブ「盗賊」と「巫女」が先行プレイできた
Nintendo Switchにて発売中のインディーゲーム「MONKEY BARRELS」


週刊Vtuber

人気記事