マコーレー・カルキンの楽しみは熱いお風呂と「悪魔城ドラキュラ」の動画 - ガメモ

マコーレー・カルキンの楽しみは熱いお風呂と「悪魔城ドラキュラ」の動画 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

ハリウッド俳優のマコーレー・カルキンといえば、天才子役として知られ、1990年に公開された『ホーム・アローン』は世界興行収入4億7668万ドルを記録し、クリスマスの定番映画として全世界で上映や放送がされています。

『ホーム・アローン』リメイク決定のニュースでアップされた衝撃写真

そんな映画『ホーム・アローン』は、ウォルト・ディズニーカンパニーが2019年にリメイクを発表しました。
その話を聞いたマコーレー・カルキンが「現在のケビン(『ホーム・アローン』の主人公の名前)」としてSNSにアップしたのがこの姿。

 

 こんな感じでものすごくだらしない姿を見せつつも、リメイク作品への参戦表明をしたのだと言われています。

熱いお風呂で見る動画

そんな彼が近況としてエスクァイア誌のインタビューに答えています。
インタビューとしては現在のパートナーと妊活中とかいう落ち着いた内容だったのですが、ここで気になるフレーズが現れました。



「熱いお風呂に入って、『「悪魔城ドラキュラ」の歴史』っていうビデオを観るんだ。任天堂のゲームだよ。55分だから、お風呂で観るのに最適でね。」

『「悪魔城ドラキュラ」の歴史』の動画って何!?

ハリウッドの大スターがお風呂でリラックスしながら見る『悪魔城ドラキュラ』の動画とは何でしょうか。ちょっと気になって調べてみました。

 そんな経緯でYouTubeを中心に『「悪魔城ドラキュラ」の歴史』や「History of Castlevania」のタイトルで検索してみましたが、そのタイトルではどれも55分に満たないものばかり。唯一の55分の動画は『悪魔城ドラキュラ』のRTA(リアルタイムアタック)の歴史を紹介したもので、『悪魔城ドラキュラ』の歴史というよりRTAの歴史に比重が置かれた動画でしたので、いまいちスッキリしません。

その後も調査を続けると、55分ではありませんが『悪魔城ドラキュラ』の歴史を語っている動画がたくさんありましたので、こちらをご紹介します。

A Brief History of Castlevania Pt. 1

『悪魔城ドラキュラ』の歴史を語っている動画。パート1ということでこちらの動画では1986年のファミコンディスクシステムの『悪魔城ドラキュラ』から1997年にゲームボーイから発売された『悪魔城ドラキュラ 漆黒たる前奏曲』までを紹介しています。
ゲームのテーマになった「ドラキュラ伝説」を紹介しつつ、説明書や当時の海外雑誌の記事なども紹介しています。海外での『悪魔城ドラキュラ』の人気がわかる動画です。

History of - Castlevania (1986-2014)

こちらも海外からの動画で、初代の『悪魔城ドラキュラ』から2014年にPS3から発売された『悪魔城ドラキュラ ロード オブ シャドウ2』までの32タイトルのゲームプレイ画面をつなげたものです。『悪魔城ドラキュラ』というタイトルのシステムとゲーム機の両方の進化を見ることができます。

【悪魔城ドラキュラ】世界で愛されたシリーズの原点【第61回前編-ゲーム夜話】初期の悪魔城シリーズを作品別に解説【第61回後編-ゲーム夜話】

こちらは日本の方が作られた動画です。シリーズの歴史ではなく『悪魔城ドラキュラ』のゲーム開発の裏話やゲームデザイン、システムの特徴などが語られています。
『悪魔城ドラキュラ』が世界中で愛された理由をテーマ、キャラクター、システム、音楽など多角的に説明している動画です。

 

 マコーレー・カルキンさんは10代の頃に子役として19億円を稼いだ結果、両親がパートナー解消後に骨肉の親権争いを繰り広げてしまいます。そんな若くして大金を得た成功者の今の願いがパートナーとの子供がほしいで、リラックスの手段がお風呂で「『悪魔城ドラキュラ』の歴史」の動画を見ることでした。
お金がたくさんあっても、誰もが羨むような生活を続けるのは飽きてしまうんでしょうかね。

 


週刊Vtuber

人気記事