インディーゲームフェス 2019 受賞作品決定! - ガメモ

インディーゲームフェス 2019 受賞作品決定! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

Googleは6月29日、インディー系ゲームデベロッパーが対象のコンテスト「Google Play Indie Games Festival 2019」のファイナルイベントを開催しました。

国内インディーゲーム開発者による新作を対象としたこの企画。応募されたインディーゲームの中から事前に20作品まで選出し、ファイナルイベントにて実際にプレイや応募者のプレゼンを経て、投票によって受賞作品が決定します。

「明日のヒットメーカー」を探すのが目的のこのコンテストではGoogleの他にも、集英社やエイベックス、東宝といったメディアや自社でコンテンツを所有している企業も協賛しており、特別賞として開発資金の援助や自社タイトルのゲーム化ライセンスなどが贈られます。

 

賞品はゲーム開発者ならどれも有益なものばかり

 

今回、トップ20に選ばれたソフトは、Googleから多くの商品が送られます。例えばGoogle Play ストアや、ユーザーやデベロッパー向けの他のマーケティング チャネルでのプロモーション、ゲーム業界の代表的な人物やインフルエンサーと人脈を築くチャンス、開発コストの削減に役立つデバイスなどです。


一般に行われるゲームコンテストよりも、もっとビジネスに直結するコンテストだとも言えるこのコンテストで、今年受賞した作品は以下のものです。

トップ3受賞作品

MeltLand - メルトランド -

とろけた地面を押し上げ "雫(しずく)" を運ぼう!新感覚ボール転がしゲーム。
そこは不思議なとろけた世界…

あなたが出来るのは地面を下から押し上げることだけです。
落とさないよう慎重に、時には大胆に。"雫(しずく)" を転がしゴールを目指そう!

画面で指をなぞって地面を盛り上げたり、タップして地面を揺らしたりしながら透明な雫をゴールまで運んでいくゲームです。
とにかく思い通りに雫が動かない。平らなところを動かすだけでも大変なのに高低差があったらもう一大事。勢いがつきすぎて場外に飛び出ないように慎重に操作をしていきましょう。苦労を重ねてゴールに到着した時のカタルシスはたまりません。

Google Play

AppStore

作者サイト

 

Infection - 感染 -

ゾンビになって人類を滅亡させろ!
全く新しいゾンビの群集アクションパズルゲームが登場!ゾンビに怯えながら逃げ惑う群集を襲う爽快感は前代未聞!?
数百人の群集を追い詰めて一気に壊滅させよう!

噛み付いてゾンビ感染者を増やしながら、決められた人数を感染者に変えていくパズルゲームです。群衆は逃げ方に法則性があり、その法則をうまく利用して先回りや行き止まりに追い込んでゾンビに変えていきましょう。

単純なルールで、失敗しても何回でも再チャレンジができるのでちょっとした息抜きにぴったりです。安易に近くから噛み付いていくと逃げられてクリアできなかったり、ギミックを有効に使わないとクリアできなかったりと、何かと一筋縄ではうまくいかないゲームです。
ゾンビが主役といっても残虐描写も少なめなので、ホラーゲームが苦手の方もぜひプレイしてください。

Google Play

AppStore

作者サイト

 

くまのレストラン

そのレストランでは死者に最後の晩餐がふるまわれます。ハンバーガー、オムレツ、寿司、プリン、なんでもござれ。記憶のかけらさえあれば、生前の好物を作ってご覧に入れましょう。

プレイヤーはお客さんの生前の記憶に「ダイブ」することでお客さんの好物について知ることができます。あなたは助手の「ねこ」として、レストランの店長の「くま」を手伝うことになります。・・・でもじつはあなたも自分が誰なのかよく覚えていないのです。なにが好物だったのかさえも。

「くま」と「ねこ」の二人が織りなす短編レストランストーリー。このゲームには、難しい謎解きも、ワクワクするバトルも、胸躍るアクションも、ありません。でも、そのかわりにきっと、ほんのすこし、思い出にのこります。

美しいドット絵で描かれるメルヘンチックなアドベンチャーゲームです。くまのレストランに訪れたお客さんは死者ばかり。この人達の最後の晩餐を準備するために手に入れた「記憶のカケラ」を除くことで彼らの死の原因がわかります。彼らがなんで最後の晩餐にこの料理を選んだのかで見える死の真相。感動を呼ぶ物語です。

Google Play

AppStore

作者サイト

 

ゴジラのゲームの登場はいつ?特別賞受賞作品を紹介

 

次のページ

特別賞受賞作品


週刊Vtuber

人気記事