ゲーム業界に就職・転職する時に一目置かれる志望動機とは? - ガメモ

ゲーム業界に就職・転職する時に一目置かれる志望動機とは? - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

ゲーム業界は成長産業であったり子供の頃からのあこがれの職業ということで、就職や転職でも希望者が多い業界です。
手を上げれば入れるというわけには行きませんので、履歴書などもしっかり作り込んで応募しなければなりません。今回は、たくさんいる希望者の中から一目置かれる志望動機の書き方についてお送りします。

「ゲームが好きだから」なのはあたりまえ

もちろんゲーム会社を希望する以上「ゲームが大好き」というのはあたりまえです。なのでいくら「好き」をアピールしても減点されないだけで加点には繋がりません。具体的に希望するゲーム会社のタイトルを上げたところで「へー」と感心されて終わります。

同じ好きなら徹底的に「好き」のほうがインパクトがありますので「やり込み」アピールしましょう。リアルタイムアタックや縛りプレイ、攻略サイトを作ったとか具体的なやりこみをアピールできると印象も変わってくるとおもいます。
さらに、そのやり込んでいたゲームがどうしたらもっとおもしろくなるか、ここを変えたいなどの自分なりのアイデアも考えておきましょう。ゲーム会社が求めているのはゲーマーではなく、ゲームが作れる人です。

何故、数ある業界の中でゲーム業界を選び、このゲーム会社を選んだのか?

「ゲームが好きだから」、「この会社のゲームが好きだから」だけではなく、この会社に入って具体的にどんなことがしたいかを書きましょう。
自分自身が学校や以前の会社で学んできたこと、自分の才能などをどのような部署でどのように活かせるかを具合的に提案しましょう。自分がこの会社で働いているビジョンを明確に見ていることを相手にアピールしましょう。

志望動機は簡潔かつ分かりやすく

志望動機はプレゼン能力のテストと思いましょう。志望動機は簡潔にということで、一番最初に言ってしまいましょう。理由から言ってしまうと、話したり書いている最中にこれも足したいあれもアピールしたいとなってしまい、時間や文字数が長くなってしまいます。
まず最初に結論を言うことで、あとから話すまたは書く理由も簡潔にすることができます。

そしてゲーム業界ということでプランナーやディレクターを希望する場合は、文章力や人前でしゃべる能力を見られるケースが多いです。書かれていることに対して簡潔にわかりやすく補足していきましょう。

転職の場合、前職の経験とそこからできることをアピール

転職者の場合は即戦力となることが期待されています。なので前職での経験値を強くアピールする必要があります。この会社に入って即戦力としてどのように活躍できるのかを具体的にアピールしましょう。

志望動機には長期的な目標や将来的なビジョンも必要です

ゲーム会社でどんな職種を志望していても将来のビジョンは重要です。こちらも「面白いゲームを作りたい」だけではなく、業界の事情を踏まえた上で具体的な成長目標を言いましょう。あらかじめネットや本などで業界の事情を知っておくのも重要です。
そしてこの会社じゃないと自分のビジョンが実現できないという、就職活動や転職活動の軸となる部分をしっかりとアピールしましょう。

おわりに

志望動機はこれまでに書かれてきた4つ(転職者は5つ)のポイントに気をつけてアピールしましょう。ただこの4つをアピールすることに集中しすぎて、話したり書かれている内容がバラバラになってしまっては元も子もありません。
文脈の流れの中でうまく伝えられるように推敲やリハーサルを重ねてください。
志望動機を伝えることで、自分で自分自身をプレゼンしていることを覚えておきましょう。

 

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事