ゲーム業界の「3Dデザイナー」とは? 仕事の内容や必要な技術を紹介 - ガメモ

ゲーム業界の「3Dデザイナー」とは? 仕事の内容や必要な技術を紹介 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

3Dデザイナーとは、縦、横、奥行きの3Dで描かれた立体感のある映像を制作するデザイナーです。
3Dデザインはゲームだけではなく、建築やテレビ、映画といった幅広い分野で需要のある分野となっています。
誰の心にも残るような美しい3Dグラフィックや実物と区別のつかないリアルな3Dグラフィックスがどのように製作されているのか。そしてゲーム業界いおける3Dデザイナーの仕事内容や、実際に3Dデザイナーになるために必要な技術を紹介します。

ゲーム業界で3Dデザイナーとはどんな仕事?

映画やアニメ、広告などで日常的に目に触れる機会の多い3Dグラフィックス。それがどのような作業を経て夜に出ているのかを知っている人は少ないです。
3Dデザイナーはゲーム業界ではどのような仕事をしているのでしょうか。仕事内容を紹介します。

モデリング

3Dデザイナーの基本的な仕事として挙げられるのがモデリングです。
ポリゴンという四角や平面から立体的な形を作り上げて行く作業で、コンピュータ上で行う彫刻のような作業です。
デザイナーから渡された2Dのデッサン画を元にキャラクターやモンスター、武器、背景などで使用する物体(オブジェクト)をデザインします。
3Dデータはデータ量が多く、ゲーム機やスマホに負荷がかるためにデータ量を減らす工夫が必要です。そのために少ないポリゴンできれいな造形を作れるかという技術が求められます。
そしてモデリングしたオブジェクトにテクスチャと呼ばれる絵を貼り付けることで、データ量を減らすと同時に精工なデザインを造形することができます。

モーションデザイン、リギング(セットアップ)

キャラクターに違和感のない動きを付けることをモーションデザインと呼び、モデリングと並ぶ重要な作業です。
モーションデザインはキャラクターの性格付けなどにも影響をおよぼします。このモーションデザインを行うためには、作成したモデリングにボーンと呼ばれる骨組みを埋め込む作業をリギングやセットアップと言います。

ライティングやエフェクト、カメラの設定

3Dデザインは太陽の光、街灯、炎、魔法といった光の効果も3Dデザイナーが作っています。
キャラクター視点での視界の変更や、実際には撮影できないようなカメラワークを付けることで、物語の動きの演出を制作していきます。

これを分担作業で作っていくのが3Dデザイナー

流れとしてはモデルを作って、動きを付けて、その動きを様々なカメラワークで撮影するという作業ですが、これをひとりで行うわけではありません。
この一連の作業を複数で協力することで、1つのゲームが制作されていくことが多いため、周囲の人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めなければなりません。

3Dデザイナーになるために必要なスキル・資格

「3Dデザイナーになってみたいけど、一体どういったスキルや資格が必要なのか分からない」といった人に向け、3Dデザイナーになるために知っておくべき情報を紹介します。

3Dツール

3Dグラフィックスを制作する上で、3Dデザイナーのほとんどは3DSMAXやMAYA、Softimageといったソフトウェアを利用しています。
それぞれのソフトに特徴があるため、業界や入社した会社によって使うソフトも変わってきます。
あらかじめ代表的な複数のソフトウェアを利用できるようにスキルを身につけておくことが、就職や転職活動時に有力な武器となります。

忍耐力

3Dグラフィックスの制作にはコツコツ辛抱強く作業できる忍耐力が必要です。ひとつのキャラクターを制作するのに数ヶ月かかることもありますので、求められるクオリティを目指して3Dデザイナーとして丁寧な作業を心がける必要です。

デッサン力

3Dデザイナーが実際に2Dの絵を描くことはあまりありませんが、ありえない関節や筋肉の動きなどをさせないように、2D以上にデッサンを理解している必要があります。
2Dデザイナーのデザインに違和感がないようにモデリングを仕上げることも3Dデザイナーの能力です。

ゲーム業界ではこういった2Dと3Dデザイナーが行う仕事は本来区別されていますが、なぜか3Dデザイナーに2Dデザイナーの仕事が振られることがあります。3Dデザインの仕事にこだわっている人は、会社の人がいる前で落書きなどは控えましょう。

持っておくべき資格

3Dデザイナーになるための資格として鉄板なのが、CGクリエイター検定です。
CGソフトウェアを有意義に使えるのかどうか、3Dグラフィックスの表現能力や知識を推し測る検定で、3Dデザイナーとして就職活動を行う上で外せないものと言えるでしょう。

他にも、色彩検定の資格を持っておくと評価が高まることもあります。
デザインを行う上で扱う「色」に関する知識を問う検定で、1級2級3級と3つに分けられています。
3Dデザイナーは共同作業が多いため、自分の実力を伝えるには資格以外では実務経験しかありません。なのでできる限り、資格は取得しておきましょう。

3Dデザイナーに求められること

3Dデザインはここ数年で技術が格段に進歩しており、次々と新しい技術や表現が生まれ、主要ツールが変わり、どんどんバージョンアップが行われています。
それと同時に制作する作品のクオリティも格段に上がっているため、新しい技術や表現を追い求める好奇心や探究心がないと活躍し続けるのは難しいです。

次のページ

まとめ

関連記事


週刊Vtuber

人気記事