「熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls」が全世界発売決定! - ガメモ

「熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls」が全世界発売決定! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

テクノスジャパンから発売された傑作ゲーム「熱血硬派くにおくん」。このゲームの外伝「熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls」が発売されます。今度の主役は「きょうこ」と「みさこ」のふたりの女の子。何者かに拉致されてしまった「くにお」と「りき」を救出するため立ち上がるという物語です。

ゲームはふたり協力プレイも可能なアクションゲームでPVには「みすず」などの「熱血硬派くにおくん」も登場したキャラクターも登場しています。
アクションシーンは往年の「熱血硬派くにおくん」と比べるともっとフィールドが広くなっていて、アイテムも使えるみたいです。どちらか
というと「ダブルドラゴン」の雰囲気を感じました。

シリーズの原点「熱血硬派くにおくん」って!?

 

この作品の元になった「熱血硬派くにおくん」ですが1986年5月にテクノスジャパンから発売されたアクションゲームです。1980年代に流行したツッパリをテーマにしたゲームで、襲われた親友の「ひろし」の敵討ちのために、くにおがひとりでに敵対するツッパリたちに立ち向かっていくという内容です。

当時は、ゲームセンター自体が不良のたまり場として評判が悪く、その中でツッパリのゲームなので、プレイしているのもそんな雰囲気の方ばかりでした。

残機+ライフ制でやり込めばクリアもできるゲームでしたので、長い時間遊べるゲームとしてゲームキッズたちには人気でしたが、プレイする機会には恵まれませんでした。その後は人気ゲームの宿命として、駄菓子屋の筐体で見かけることが多くなり、そこでプレイした人も多いはずです。

このように日本でも大ヒットしたのですが、海外ではギャングや暴走族の抗争モノとして形を変えて大ヒットしました。それが今回のように海外のゲームメーカーが新作の外伝を制作する事になった理由でしょう。

昭和テイストの不良ゲームなのに開発はなんと海外!!

 

開発を担当したのは海外のゲームスタジオのWayForward Technologiesです。こちらのゲームメーカーの代表作はゲームボーイカラーを始め、3DS、PS4、Nintendo Switchなどで初ビアされている「シャンティ」シリーズです。魔人ジーニーを母に持つ少女シャンティが活躍するアクションゲームで、カートゥーンのようなカワイイデザインのシャンティがベリーダンスを踊って魔法や精霊を呼び出して、難関を乗り越えていくゲームです。

今回、発売されます「熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls」もカワイイキャラクターが大暴れするアクションゲームで、アニメ調のカットシーンやマンガ的な演出も入るそうなので店舗の良い展開が楽しめると思います。

30周年を超えて令和を迎えて新たなる熱血硬派な展開へ!


この時代に「くにおくん」シリーズと「ダブルドラゴン」シリーズの国内版&海外版を18タイトルも収録した「くにおくんザ・ワールドクラシックスコレクション」が発売され、くにおくん30周年をお祝いする空気が流れる中でまさかの新作の登場は、喜びもひとしおです。

こちらの「熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls」の発売日は2019年9月5日で、プレイステーション4、Xbox One、Nintendo Switch、PCにて発売されます。

「熱血硬派くにおくん」くにおくん公式ポータルサイト

「熱血硬派くにおくん外伝 リバーシティーガールズ」公式サイト

WayForward Technologies

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事