海外でも転売ヤーのせいでNintendo Switchが買えない状態が続く - ガメモ

海外でも転売ヤーのせいでNintendo Switchが買えない状態が続く - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

新型コロナウイルスの影響や『あつまれ どうぶつの森』の人気のおかげで日本国内では大手電器店や通販サイトで抽選販売が行われ、申込者の多さにサーバーがダウンするほどのアクセスを記録しています。
それは海外でも同様で、オークションサイトのeBayなどでは新品の多くは450ドルから500ドルで売られています。Nintendo Switchの定価は299.99ドルなのでだいたい1.5倍以上の値段で取引されています。

この高額転売の原因は海外でも日本と同じように「転売ヤー」が存在しているからです。彼らはオンラインショッピングサイトで特定の商品の在庫を確認し、販売店舗から自動で購入するツールを使って根こそぎ購入しています。

オープンソースのツールを使って転売ヤーが暗躍

このツールはNate氏がオープンソースで公開している「Bird.Bot」と呼ばれるツールです。このツールがやっている作業は、通販サイトを24時間、巡回チェックして、在庫が復活した瞬間にカートに追加し、スムーズに精算するという作業です。
作者のNate氏はこのツールを公開することで、転売ヤーと一般人が同じ舞台で戦えるのではないかと思っていたそうですが、現実は違いました。

また転売ヤー同士でコミュニティを形成し、「Bird.Bot」のカスタマイズや通販サイトの攻略法、何よりも在庫情報を共有することでNintendo Switchを入手しています。またこのコミュニティでは通販の他にも店頭在庫確認アプリを使って実店舗で購入している人もいて、一般の購入希望者では対抗できないくらいの状態になっています。

これに対して通販サイトは対策できないのかとなりますが、たいていの場合、規制と規制破りはイタチごっこになった上に、そのしわ寄せは一般ユーザーが購入どころかログインできないといった不具合に繋がってしまいます。
かといって抽選販売となっても転売ヤーは何百個もアカウントを持っていますし、欲しい人に適正な価格で手に入る可能性は低いです。以前は携帯会社に紐付いたアドレス以外での応募禁止などの防衛策もありましたが、あまり意味はなかったようですし、格安スマホなども普及している現在では、一般の応募者が絞られてしまいそうです。

高額転売を買わないのが防御策

そんな感じで、転売ヤーのかき掻きいれ時となっていますが、幸いなことにNintendo Switchは生産台数を増やしているとのことですので、あきらめずに抽選販売や任天堂公式サイトなどを巡っていれば購入できると思われます。転売ヤーを儲けさせないことが欲しい商品を入手できるようになる最大の手段ですので、ここは我慢して応募を続けましょう。

任天堂ハードの確実な入手法は!?

そして最後に任天堂ハードの確実な入手方法として挙げられるのが「発売日前に予約する」です。実際、NintendoSwitchもNintendoSwitchLiteも発売前でしたら、すべての通販サイトで全色予約購入ができました。
これはWiiUやWiiFitの時でも同様でしたので、任天堂のローンチ戦略と思っていいかもしれません。
一番、買いやすい時期に買っておくのが一番、安く買える方法ですので、とりあえず任天堂の新ハードは発売前に予約購入をしておいたほうがいいです。
ポケモンやスマッシュブラザーズ、ゼルダなど発表された瞬間に購入確定するソフトがあるのですから「まだ欲しいソフトがないから」と新ハードの購入をためらう前に予約をしておきましょう。

入手困難なNintendo Switchを自作する海外勢が登場!

  

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事