【ビジネス用語辞典】「罷免」とは? その他の言葉の違いも含めて解説 - ガメモ

【ビジネス用語辞典】「罷免」とは? その他の言葉の違いも含めて解説 - ガメモ

ニュースなどで見かける「罷免」という言葉。この言葉の本来の意味や語源、使い方や似た表現の言葉を紹介。

「罷免」=公職についている本人の意思とは関係なく、職をやめさせる
「罷免」と似た言葉に「弾劾」と「更送」などがあり、自分で使用することがないため
あまり馴染みのない言葉だと思います。
しかし、ニュース等で取り上げられるため言葉の意味を知り、世間話の話題作りの1つにもなりますので教養を身に着けていきましょう。

「罷免」の意味

公職についている本人の意思とは関係なく、職をやめさせる
裁判官や政治家などの公務員を止めさせる場合に使われます。

POINT:「罷免」は離職とニュアンスは似ていますが、役職だけではなく職業も辞めさせられることを指します。

!語源!

「罷」は「(獣等を縄でとらえて)止めさせる」
「免」は「ある状態から抜け出す」
上記から、止めさせて抜け出させる=辞めさせるという意味になりました。

「罷免」の使い方

主な使い方は「罷免を要求する」「罷免権を行使する」
「罷免」は公的な場で使われることが多いため、国民から公職に対しての要求として使用されます。また、罷免を行使するは内閣総理大臣がその他の大臣に対し「解職を要求する」という意味です。

それぞれに使用する際の例

国家公務員

国民が国会議員に対して使うことが出来ます。ただし、国会議員同士の場合は「罷免」ではなく「除名」になります。

<例>:汚職事件を起こした国会議員に対し、罷免を要求する。

裁判官

裁判官に対する「罷免」は「弾劾裁判」と一般的に言います。

POINT:最高裁判所の裁判官に対する罷免は、「罷免選挙」や「解職選挙」と呼ばれることがあります。

<例>:裁判官が不正をしていたことが発覚し、罷免を要求された。

国務大臣

内閣総理大臣がその他大臣に向けて使用することが出来ます。

POINT:この場合「解職を要求する」という意味で、「罷免権を行使する」ということが出来ます。

<例>:内閣総理大臣が罷免権を行使するにあたり、閣議が開かれた。

「罷免」の類語

「罷免」の類語には4パターンを解説します。どのパターンも「辞めさせる」という意味が含まれています。

パターン1:弾劾(読み:だんがい)

不正や犯罪をはっきりさせ、責任を追及すること。
弾劾はその意味から、「不正などをはっきりさせること」が含まれるため、
罷免をされるだけでなくその理由も明らかにするということです。

パターン2:更迭(読み:こうてつ)

役職や役割を交代させること。
「罷免」は「直接的に辞めさせる」ですが「更迭」は「交代させること」を意味します、そのため「関節的に辞めさせること」という意味になります。

パターン3:解任(読み:かいにん)

役職を辞めさせること。
「罷免」は「役職だけでなく職業も辞めさせること」で「解任」は「役職を辞めさせること」のみになります。

<例>:今回の株主総会で、彼を取締役から解任すること決定した。

パターン4:懲戒免職(読み:ちょうかいめんしょく)

法律やルール違反によって裁かれるという意味で使われることが多く、単純に辞めることを要求することには使いません。

<例>:自分の生徒に手を出してしまったため、懲戒免職になった。

次のページ

まとめ

関連記事


週刊Vtuber

人気記事