『クラフトピア』の動作環境と遊ぶならこのゲーミングPC! - ガメモ

『クラフトピア』の動作環境と遊ぶならこのゲーミングPC! - ガメモ

オープンワールドで狩りや農業、道具や機械の製作を楽しめる『クラフトピア』。そのゲームが楽しめるPCを紹介します。

コンテンツ [表示]

  1. 1 アーリーアクセス版と製品版の違いは!?
  2. 2
  3. 3 
  4. 4『クラフトピア』を楽しむために必要なPCスペックはコチラ!
  5. 4.1OS
  6. 4.2プロセッサー
  7. 4.3メモリ
  8. 4.4GPU
  9. 4.5ストレージ
  10. 5『CRAFTPIA(クラフトピア)』にオススメのゲーミングPCはこちら!
  11. 6Lightning AT5

狩りや農業に畜産、モンスター退治、道具や武器のクラフト、果ては自動化装置の製作まで…。オープンワールドを舞台にあらゆる事が遊べて造れるRPG『CRAFTPIA(クラフトピア)』。こちらのタイトルが2020年9月4日よりSteamにて2,570円でアーリーアクセスが開始されました。こちらが配信されるやいなや、世界中で人気となり世界中でゲーム実況が行われ、たくさんの人の興味を引きました。

 

 アーリーアクセス版と製品版の違いは!?

まだアーリーアクセス版ということで不具合も多く、アップデートされるまでは不具合も含めて楽しめる人だけが遊べる内容となっています。
アーリーアクセス版と製品版の違いはここで、不具合を見つけたらゲーム会社に報告をしてゲームの完成度を高めていきます。そのかわり製品版よりも早く購入できる上に価格も少し安くなっています。
なので、どうせ遅かれ早かれ購入することが決まっている人はアーリーアクセス版を購入するといいと思います。逆に少しお金を高く払ってもアップデートが少なく、不具合の少ないゲームが遊びたい人は製品版を購入してください。

『CRAFTPIA(クラフトピア)(アーリーアクセス版 / Steam)

 

 

『クラフトピア』を楽しむために必要なPCスペックはコチラ!

このゲームの推奨環境ですが、まだアーリーアクセス版しか発売されていないため最低環境しか発表されていません。なので、今回は問題なく遊べるスペックのPCを紹介します。
Steamで公開されている最低動作スペックは以下のとおりです。

  • OS: Windows 7 SP1以降
  • プロセッサー: 2.0GHz Dual Core相当
  • メモリー: 8GB RAM
  • グラフィック: VRAM 2GB
  • DirectX: Version 11
  • ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
  • ストレージ: 10GB 利用可能

こちらの最低動作スペックを参考にオススメのスペックを考えていきましょう。

OS

OSの最低スペックはWindows7 SP1以降ということですが、すでにWindows7はマイクロソフトの保証が切れているので、最新のWindows10を選択しましょう。ProとHomeがありますがこだわりがなければHomeのほうが安価です。

プロセッサー

次にCPUですが、最低スペックは2.0GHzデュアルコア64bitモデルです。現在のCPUは4コア以上が主流で、格安デスクトップPCのエントリーモデルでもデュアルコアですので、ミドルレンジの価格帯のPCなら問題はないでしょう。

メモリ

メモリは8GBとちょっと高めです。しかし最近のPCでは、DAZNやネトフリなど動画コンテンツを楽しむためにメモリが8GBのものも珍しくありません。
最低スペックですので増設できるなら16GBに増設しておくといいかもしれません。

GPU

こちらもVRAMが2GB以上となっていますが、現状のGPUは4GB以上が主力となっていますので、4GB以上のエントリーモデルで十分だと思われます。

ストレージ

ストレージ(HDD容量)は10GB以上となっています。3Dゲームにしては最低容量は少なめですが、今後のアップデートや他のゲームを遊ぶことも考えて、予算と検討しつつ大きいものにしておきましょう。そしてできればロード時間短縮のためにHDDよりもSSDにしたほうが良いでしょう。

ここまでで必要なPCのスペックを書きましたが、はっきりいってアーリーアクセス版の現状では、そこまで高性能なPCは必要ありません。ゲーミングPCでなくても普通のPCのエントリーモデルでもメモリとGPUをアップグレードすれば問題なく動作します。
とはいうものの、これはあくまでもアーリーアクセス版のスペック。これからゲームのバージョンが上がるに従って徐々にゲームが重くなったり、動かなくなったりするかもしれません。
そんな日が来ないようにするためと、他のゲームに興味を持ったときにすぐプレイできるように、同じエントリーモデルでもゲーミングPCのエントリーモデルを選びましょう。

『CRAFTPIA(クラフトピア)』にオススメのゲーミングPCはこちら!

 

Lightning AT5

CPU Ryzen 5 3500
RAM 16GB
GPU GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
GPURAM 6GB
ストレージ 500GB SSD

『CRAFTPIA(クラフトピア)』にオススメのPCは「Lightning AT5」です。コストパフォーマンスの高いゲーミングPCで、メモリも16GB搭載されています。GPUもGTX 1660で6GBありますので問題なく『CRAFTPIA(クラフトピア)』を楽しめます。
こちらのPCにはキーボードとマウスが付属していませんので、自分で用意する必要がありますので注意してください。

購入はこちらから
Lightning AT5 Minecraft Starter Collection同梱版:89,980 円(+税)

 

ポケットぺア公式サイト(『クラフトピア』開発会社)


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly

関連記事

Geekly

Web3インタビュー