「大航海時代VI」が今夏にリリース。サービス開始に先駆けて7月29日よりクローズドβテストの実施が決定 - ガメモ

「大航海時代VI」が今夏にリリース。サービス開始に先駆けて7月29日よりクローズドβテストの実施が決定 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

コーエーテクモゲームスは2019年7月22日、スマートフォンアプリ「大航海時代VI」(iOS/Android)を今夏にリリースすると発表しました。

今度の海はスマホの海だ!漕ぎ出すぜ野郎ども!


 海洋冒険シミュレーションRPG「大航海時代VI」は2014年にリリースされた「大航海時代V」から5年ぶりのナンバリング最新作となる作品です。
今回のゲーム進行の中心となるのは商館の経営で、世界各地の港を舞台に農園や鉱山といった施設を建設し、様々な交易品の生産をして、それを取引することでゲームが進んでいきます。
さらに、商館に持ち込まれるクエストを請け負うと、「交易」「海戦」「探検」という3つの「大航海シリーズ」ではおなじみ要素のゲームを楽しめるとのことです

 また,スマホということで、ナンバリング作品で初となるマルチプレイによるリアルタイム海戦が実現されている点も要注目です。


さらに今回の発表に合わせて,クローズドβテストを7月29日から8月1日まで開催することも同時に告知されました。

CBTの募集人数はiOSとAndroidの各OSで500名ずつで、合計1000名が参加可能とのこと。7月25日23:59まで参加申込みが受け付けられているので、興味のある人は公式サイトで注意事項を確認のうえ、余裕を持って締切までに申込みをしましょう。

応募の際にiPhone端末はアプリ「TestFlight」が、Android端末はGmailアドレスとなりますので、申し込む前に用意をしておいてください。

クローズドβテストへの申込みは下のリンク先にあります応募フォームから申し込みができます。

「大航海時代VI」公式サイト

○クローズドβテスト実施期間
■2019年7月29日(月) ~ 8月1日(木)まで
○対応機種
■iOS
iOS9.0以上(iPhone5s以降)
■Android
Android5.0以上、メモリ(RAM)2GB以上の端末
■募集人数
1,000名 (iOS:500名、Android:500名)

大航海時代のプレイし過ぎでスパイスオタク爆誕!

大航海時代の思い出といえば、学生の時に大航海時代の交易にガッチリはまり、大航海時代ハンドブックも購入し、王宮の呼び出しにも応じず、スパイス貿易に明け暮れていました。
そしていつしかハンドブックなど見ずとも世界中を旅して、スパイスを手に入れ、倉庫が余ったら日本で銀を買って暮らしていました。

そんなある日、学校の授業でスパイスの主な産地という話になり、先生から出される問題を次々と答えるスパイスオタクが爆誕していました。
当時は大航海時代のおかげで、自分の中だけでスパイスの産地は一般常識だったのですが、やっぱり他の人にとっては知らなくてよい知識だったようです。

今、思い返してみるとコショウはともかく、ナツメグやシナモンの産地なんか即答できる学生なんて気持ち悪い以外、何者でもありませんでしたね。

とりあえずラッキーだったのは、そんなスパイスオタクをいじり続けるほどの持久力がクラスになかったことです。瞬間的に流行って終了しました。あのままクラスメイトに言われ続けていたら、今頃はヨガの行者か本格インドカレー屋さんになっていたことでしょう。

その後も「大航海時代」のプレイは続け、2ではイスラム商人をプレイしたり、ONLINEの時はキャンペーンに参加するためにネカフェに通ったりもしました。
今回の新作はスマホということで場所を選ばずにプレイできるところと、商館の経営も重要な要素ということで昔取った杵柄のスパイスオタクぶりを発揮したいところです。

とりあえずは忘れないようにクローズドβテストに応募しましょう。

「大航海時代VI」公式サイト

「大航海時代VI」公式Twitter


週刊Vtuber

人気記事