スマホ&PCでTRPGが楽しめるテキストセッションツール『TRPGスタジオ』配信開始! - ガメモ

スマホ&PCでTRPGが楽しめるテキストセッションツール『TRPGスタジオ』配信開始! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

STRIKEWORKSは、テキストセッションツール『TRPGスタジオ』の配信を開始しました。
テーブルトークRPGのオンラインセッションに、キャラクターの立ち絵と背景、BGMを加えて出力することができるようにしたソフトです。
このツールをノベルゲーム開発ツール『ティラノビルダー』と連携させることで、そのプレイした内容を動画やゲームとして公開や配布することが可能です。

必要なのは最新のGoogle ChromeとTwitterのアカウントだけ


『TRPGスタジオ』の特徴のひとつはブラウザで動作することです。最新のGoogle Chromeを使用することが推奨されていますが、スマホとPCの両方でアクセスして遊ぶことが出来ます。
ただユーザー登録にはTwitterアカウントへの認証が必要で、認証後はマスターとしてルームを作成するか、誰かのルームでプレイヤーとして参加するかを選べます。

ルームの設定は5人までの小部屋、10人までの中部屋、20人までの大部屋に分かれていてシナリオのボリュームによってマスターが設定できますチャットでコミュニケーションを取ると自動で名前とメッセージが表示され、自分で用意したキャラの立ち絵や背景などを使って、シチュエーションを作ることが出来ます。

ゲームマスターはプレイヤーとUIが違っていて、キャラクターの立ち絵や、背景、アイテムやBGMや効果音を設定できたり、TRPGにかかせない4面体から100面体までの7つの「ダイス」を振ることができます。また、その場にいないメンバーを退場させたり、テキストの配置場所の変更など、特殊な機能が多くあります。

『TRPGスタジオ』はブラウザ上でプレイできると紹介しましたが、プレイヤーとして参加するには問題ありませんが、ゲームマスターをプレイしする時は、PC環境を用意したほうがいいかもしれませんね。

ノベルゲーム開発ツール『ティラノビルダー』との連携でゲーム化、動画配信まで可能に!


手軽にTRPGをオンラインで楽しめるうえに、STRIKEWORKSが制作したノベルゲーム開発ツール『ティラノビルダー』と連携させるができるということが、その他のオンラインでTRPGが楽しめるアプリと『TRPGスタジオ』が差別化が図れる有利な点です。

テーブルトークRPGセッションツールの『TRPGスタジオ』でプレイした内容をノベルゲーム開発ツール『ティラノビルダー』で修正して、動画に変換して公開。次回からは参加者が増えたり、もっと人気が出れば長いキャンペーンシナリオになって書籍化。

日本TRPG界の古典「ロードス島戦記」と同じ道が個人で歩める可能性が出てきました。この夏休みに学生の皆さんは、シナリオ作りとセッションにチャレンジしてみるといいかもしれません。(ちなみに『ティラノビルダー』はPCでのみ動作します)

『TRPGスタジオ』公式サイト

『ティラノビルダー』公式サイト

 


週刊Vtuber

人気記事