ときのそらさんとガッチマンさんがホラーゲーに挑戦⁉  - Vtuber

ときのそらさんとガッチマンさんがホラーゲーに挑戦⁉  - Vtuber

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

5月20日・21日に、ホロライブ所属のVtuberときのそらさんとゲーム実況者でありながらVtuberデビューを果たしたガッチマンさんのコラボ配信が行われました。

そのコラボ配信の内容はホラー耐性の強いときのそらさんが、ホラーゲームに詳しいガッチマンさんと一緒にホラーゲームをプレイするという放送でした。

出典: https://vtuber.confidence-media.jp/media/posts/647/gatutitoki03.png

どんな放送だったの?

1日目(20日)の配信は、ときのそらさんのYouTubeチャンネルで行われました。

The Watchers」という協力型のホラーゲームで、敵から隠れるステルス要素、いかにして敵に見つからずにポイント地点に行くかの謎解き要素が含まれているゲームです。

2人供ホラー耐性があるので、視聴者をイライラさせない速度で進んでとても観やすかったです。謎解き要素のところでは、初対面の2人が徐々に打ち解けて意見を出し合い難問をクリアしていくところがほんわかしていて良かったです。

2日目(21日)は、ホラー実況者であるガッチマンさんが厳選した最怖のホラーゲームをプレイする予定でしたが、予定を変更して前回の続きを行いました。

前回よりも難易度が上がっているので、突破するための攻略ルートが難しくなっていました。そのため、ガッチマンさんの11年間ホラゲー実況をやってきたからこその、ひらめきが光っていました。また、そらさんも大胆に進路を突っ切る行動も披露して、難問をクリアしていきました。

こちらの放送も2人の頼もしさとホラーだとは思えない、ほんわかさでホラーが苦手な人でも安心して観る事ができる配信でした。

 

 コラボは4月あたりから企画されていて、2人とも3Dで動きながらのホラーゲームをする予定でしたが、ガッチマンさん側のモデル調整や外出自粛の影響でなどで今回は上半身のみの映像で配信されました。

「いずれはそれもできるといいな」と2人で話していたので、全身でホラーゲームを実況する二人が見られる第2回のコラボも期待できそうです。

ときのそらさんの活動

ときのそらさんは歌ってみた動画やバラエティ配信を中心に行っているホロライブ所属のVtuberです。

YouTubeチャンネルの登録者は現在34万人越えでチャンネルの他にも、Vtuberドラマ、写真集が出版されています。音楽活動では、ミニアルバムや作詞作曲を自分で手掛けた楽曲を発売、1月にはホロライブ全体でのライブも開催されました。

ホラーゲームについては、好だけれども恐怖心はないので、今回のコラボでもわかる通り大胆に行動することが多いです。

ときのそらさんYouTubeチャンネル

ときのそらさん公式Twitterアカウント:@tokino_sora

ガッチマンさんについて

11年間ニコニコ動画やYouTubeでホラーゲームの実況を行っていたガッチマンさんですが、最近になってVtuber化しました。

実況時代からお馴染みのスーツに眼鏡と忍者頭巾という恰好で、3Dモデルを作成しました。実況のチャンネルはそのままに、Vtuber専用のサブチャンネルを作り、そちらでVtuber活動をしています。

実況アカウントのYouTubeチャンネルは現在126万人、サブアカウントの「ガッチマンV」は現在19万人とVtuberアカウントも登録者が多いです。

ガッチマンさんYouTubeチャンネル

実況チャンネル

Vtuberチャンネル

ガッチマンさん公式Twitterアカウント:@Gatchman666

関連記事

コンフィデンス採用

人気記事