ユニクロで「ロックマン」や「ソニック」をモチーフにしたレトロゲーTシャツを9月23日から販売! - ガメモ

ユニクロで「ロックマン」や「ソニック」をモチーフにしたレトロゲーTシャツを9月23日から販売! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

ユニクロは、自社のTシャツブランド“UT”の新ラインアップとして、“ザ ゲームクラシックピクセルズ”を発表しました。販売は2019年9月23日からで価格はメンズサイズが各1500円でキッズサイズが各990円です。


今回のラインナップのコンセプトは “1980~90年代に生まれ、多くの方に今も親しまれているビデオゲームを、ピクセルアートで表現したコレクション”ということです。選ばれたゲームは、誕生から現在までシリーズ作品が続いていて、ずっと愛されているゲームとなっています。

「魂斗羅」Tシャツの似合う男になりたい


 『パックマン』、『テトリス』、『ボンバーマン』、『魂斗羅』、『ロックマン』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『ぷよぷよ』の7種があり、その中で『パックマン』、『ボンバーマン』、『ロックマン』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の4種類はキッズサイズも用意されています。

選ばれているタイトルの中で異色を放っているのがやっぱり『魂斗羅』!! ユニクロといえば海外での店舗展開も盛んですから、海外で人気のタイトルということで選ばれたのでしょう。

日本だけの人気にとらわれること無く、海外の人気も考えてのタイトルの選出に「さすが世界企業!」と言ったところでしょうか。とは言っても「魂斗羅」が入っていなくても当時のコナミのゲームでしたら何が選ばれても問題ないと思います。

実際のところ、新宿のビックロに行ってみるとお客さんの大半は外国からの観光の方で、和モノデザインや期間限定販売のポケモンのTシャツを購入されている方が多かったです。

シリーズが継続すればあんなゲームのTシャツも…


ユニクロは以前もレトロゲーのTシャツを販売しており、その時はゲームメーカーとのコラボでバンダイナムコとタイトーのゲームのデザインが発売されていました。
その時発売されたのが、今回も登場している『パックマン』を始め『ギャラガ』や『ゼビウス』、『マッピー』、『ディグダグ』に『スペースインベーダー』でした。

やはり80年代といえばタイトー、ナムコ、カプコン、コナミ、セガの5大メーカーのイメージが強いですが、このシリーズが続くことで色々なメーカーのレトロゲームTシャツが発売されると嬉しいですね。

販売開始日 2019/9/23(月)~

※オンラインストアの販売開始時間はサイト更新時間(AM2:00~3:00頃)です。
※一部店舗では、販売開始日が異なる場合がございます。
販売される商品の詳しい情報は、公式サイトをご覧ください。

ユニクロ公式オンラインストア

 


週刊Vtuber

人気記事