ざっくりわかるクリプトスペルズ(Crypto Spells)|スマホで簡単に始められる!無課金にも優しい!

ざっくりわかるクリプトスペルズ(Crypto Spells)|スマホで簡単に始められる!無課金にも優しい!

ざっくりわかるクリプトスペルズ(Crypto Spells)|スマホで簡単に始められる!無課金にも優しい!

日本でもじわじわ広まってきたブロックチェーンゲーム。NFTやゲーム内アイテムの仮想通貨への換金など、かなり注目されるこの分野。今回は「国産」のブロックチェーンゲームであるクリプトスペルズ(Crypto Spells)とは?をテーマに語ってまいります!

コンテンツ [表示]

  1. 1クリプトスペルズ(Crypto Spells)とは?
  2. 2クリプトスペルズの魅力①|手軽に始められる!難しい設定はなし!
  3. 2.1ウォレットの設定なし!スマホで遊べるお手軽さ!
  4. 2.2無課金でも楽しめる?!ブロンズ縛りの大会とは?
  5. 2.3補足|カードはNFT化されている。発行枚数が決まっている。それゆえに奥深い。
  6. 3クリプトスペルズの魅力②|欲しいカードはピンポイントで買える!脱・ガチャ!
  7. 3.1持ってるカードを売買できる!マーケットというシステムとは?
  8. 3.2補足|ランダムでカードが手に入る「採掘」の仕組みとは?
  9. 4クリプトスペルズの魅力③|「ユーザーが主役」の仕組み!カード作成とガバナンス
  10. 4.1カードの能力調整について、ユーザーにも発言権がある
  11. 4.2自分のオリジナルカードを作ることができる!
  12. 5運営が元気です!|NFTの「墓場」を作る!TCGVerseの挑戦
  13. 6とにかくやってみてくれ。話はそれからだ。

いつもの。カード作成権がまだないので、マナレシオ1にとりあえず調整してみた。

自分のオリジナルカードを作るには、大会で勝つ自分のアートを使う、などいくつかきまりがあります。

また、ゲームのバランスを壊さないように運営との相談も必要だそうな。
 

オリジナルアートをカードのサイズにカットする図

運営が元気です!|NFTの「墓場」を作る!TCGVerseの挑戦

長々書いてきましたが、最後にどうしても伝えたいこと。

それは、運営元会社であるCryptoGamesのTCGVerseという取り組みです。

今のデジタルカードゲームだと、いくら課金して強くなっても、

ゲームに飽きてしまったり、サービス自体が終了してしまったら、

そのカード達の価値は、いっきに「0」になってしまう訳です。

特に、サービス終了はしんどいです。飽きただけなら、先ほどのマーケットで売ればいいですが、

サービスが終了してしまったら、すべてのカードの価値が「0」になってしまいます。

↑Crypto Gamesの運営の小澤さんのツイート。爽やかな漢気を感じる。

この取り組みがメタバースやweb3の文脈でどれだけ先進的な取り組みなのか、

私が語りだすとおそらく止まらなくなってしまうので、一つだけ皆さんに伝えたい。

みんなが課金して手に入れたそのお気に入りカード。

サービスが終了しても別ゲーで使えるぞ。

これだけで、この取り組みのすごさが伝わるのではないでしょうか。

TCGVerse。いちゲーマーとしてはものすごくうまくいってほしい取り組みの一つです。

とにかくやってみてくれ。話はそれからだ。

ここまで、色々語らせていただきました。

ですが、ここまで語っても、やっぱり魅力って伝えきれないものだと思うんです。

特に、面白い作品が溢れているゲームの世界なら、なおさら。

逆に、期待してたけどやってみてガッカリ、みたいな話もたくさんある訳です。

百聞は一見に如かず。

しかしながら、ワンプレイは千聞に勝る。


「あなたにとって」面白いのかどうなのか。

その事実は、実際にダウンロードして、プレイしてみてから決めてほしいのです。

公式サイトはこちらでございます。是非ともみんなでプレイしてみてくださいね!

はがね
ライター

はがね

Web3の分野、中でもNFTを専門に、インタビューライターをやっております。 新しい分野の最前線で活躍する方のインタビューを通じて、世の中に魅力的なコンテンツを広めたいがゆえに書いています。 Twitter:@hagane_Web3 アイコンはNFTアート『MIRAI』の22番ちゃんです。


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly