メタバースとは何か|超ざっくり・超わかりやすく解説

メタバースとは何か|超ざっくり・超わかりやすく解説

メタバースとは何か|超ざっくり・超わかりやすく解説

話題のワード「メタバース」前回、メタバースとは?というテーマで、メタバースのイメージついてざっくり説明してまいりました。今回は、アメリカのマシュー・ポールさんの「メタバースの7つの条件」に触れながら、メタバースとは?を一段階深く解説していきます!

コンテンツ [表示]

  1. 1復習①|メタバースとは「ネット上の新世界」
  2. 2復習②|メタバースの7つの条件とは?
  3. 3メタバースとは?|リセットも一時停止も終了もできない「永続性」
  4. 4メタバースとは?|「無限の同時接続ユーザー」は実現できるか?
  5. 5次回予告|メタバースに近づいている条件

復習①|メタバースとは「ネット上の新世界」

前回の記事にて、メタバースは「ネット上の新世界」であるとざっくり説明しました。

そもそも、メタバース(Metaverse)という単語は

「超越した」という意味の「Meta」

「世界」という意味の「Universe」

の2つの単語を合体させて作られた造語です。

現実世界とは別の、インターネット上の新しい世界。

それらを総称して「メタバース」と呼ぶことが多いようです。

Photo bymohamed_hassan

復習②|メタバースの7つの条件とは?

また、メタバースについて詳しいアメリカのマシュー・ボールさんは、

2020年にメタバースの7つの必須条件を提示しました。

その①|永続的であること

その②|同期的であること

その③|無限の同時接続ユーザー

その④|完全に機能した経済

その⑤|実社会との垣根なし

その⑥|相互運用性

その⑦|幅広い人々の貢献

PAKUTASOより引用

 
何言ってるのか全然わからねぇ……


※画像はPAKUTASOより引用

ですがみなさん、ご安心ください

7つの条件を軸に、メタバースとは?をより深く理解できるよう、

今回はその①「永続的であること」とその③「無限の同時接続ユーザー」

に絞り、いつもながらざっくり、解説していきます!

メタバースとは?|リセットも一時停止も終了もできない「永続性」

例えば、オンラインゲームをイメージしてほしいんです。

ちょうど前回の記事でも、メタバースをイメージするためにオンラインゲームを例として出しました。

インターネット上の別世界であり、

アバターを使って動き回ることができ、

コミュニケーションをとることができる。

メタバースに求められる条件のいくつかを満たしているのがオンラインゲームです。

Photo byExplorerBob

ですが、オンラインゲームが「永続的」なものであるか?

というと、ちょっと疑問が残ります。

例えば、多くのゲームには定期メンテナンスという、ゲームが一時停止する時間がありますよね?

例えば、サービス終了という、逃れられないゲーム空間の終了はありますよね?

また、ゲームのリセットボタン押したら、リセットできてしまいますよね?

こういった理由から、現在のオンラインゲームは「完全なメタバース」ではない

あくまでインターネット上の「仮想世界」であるというのが一つの考え方です。

メタバースとは?|「無限の同時接続ユーザー」は実現できるか?

イメージしていただきたいことがあります。

私たちが生きている現実世界で「世界が満員なので入れません」とか、あります?

「こちらの飲食店は席が満員です」

とか

「この電車の車両にはこれ以上人が入れません」

とかは、あると思います。

ですが、例えばゲームの世界で遊んだ後に、現実に戻るとします。

この世界に新しいプレイヤーがログインするようなものです。

その中で、いきなりウィンドウがパッと開かれて、

「この世界は満員でログインできません」

とか、表示されること、あります?

VRゴーグルの電源を落としても、元居たゲームの世界から戻ってこれないとか、あります?

たぶん、ないですよね。



メタバースは「もう1つの世界」という話をずっとしておりますが、

現実の世界と一番違う点、1番の障害になる点が、この「同時接続性」です。

Photo bygeralt

そもそもなぜ、ログインできる人数に上限があるのか?

それは、どれだけインターネットが進化しても、パソコンが進化しても、

CPUが高性能になってもクラウドが普及してもスマートフォンの時代になっても、

ある1か所のサーバーで情報を管理しているという事実は、

まったく変わっていないからなのです。

サーバーは、いわゆる「中央集権型」の仕組みです。

そもそも、なぜアクセス数の上限が存在するのか?

例えば、オンラインゲームの場合。

プレイヤーは自分のPC、あるいはスマートフォンからゲームを立ち上げます。

すると、そのゲームを管理しているサーバーにつながり、その中でゲームを楽しめる訳です。

そして、サーバーもあくまでモノなので、アクセス上限というものがあります。

昔よりもだいぶアクセス数は増えたとはいえ、まだまだ無限とは言えません。


先ほど紹介した7つの条件を提唱するマシュー・ボールさんは

従来の「1体多」のネットワークではなく、「多対多」のネットワークが必要

と言っています。

「多対多」が実現したネットワークの姿がどんなものなのか?

それについては、技術の進化に期待ということで……

次回予告|メタバースに近づいている条件

Photo byPIRO4D

完全な新世界の実現には、まだいくつかの技術的壁がある

今回は「メタバース実現にあたってちょっと対策が必要な条件」について触れました。

今日の技術では、完全なメタバースを実現することは難しい、ということですね。

ですが、7つの条件のうち、すべて実現できていないかというと、そんなことはありません。

次回のざっくりメタバースでは「実現に近づいている」条件について、

触れていきたいと考えております。次回をお楽しみに!

はがね
ライター

はがね

Web3とメタバースの分野を専門にインタビューライターをやっております。 新しい分野の最前線で活躍する方のインタビューを通じて、世の中にもっとその価値を広めたいがゆえに書いています。 Twitter:@hagane_Web3 アイコンはなむなむ(@namunamu_OwO )さんのNFT


▼大手中心に求人数約18,000件!IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門の転職支援サービス

Geekly
gamemotantei

geekly