NFTアート『VeryLongAnimals』とは|魅力と買い方・始め方

NFTアート『VeryLongAnimals』とは|魅力と買い方・始め方

NFTアート『VeryLongAnimals』とは|魅力と買い方・始め方

『VeryLongAnimals』(ベリロン)というNFTをご存じですか?縦に長い動物たちの顔が印象的なこのNFTは、「自由すぎるNFT」として今注目されています。本記事では『ベリロン』の魅力・購入方法を徹底解説していきます!

コンテンツ [表示]

  1. 1VeryLongAnimalsとは?|日本のNFTプロジェクト
  2. 1.1NFTの魅力①|商用利用OK!自由なNFT
  3. 1.2NFTの魅力②|ゆるーいアートワーク
  4. 1.3NFTの魅力③|イベントや企画盛りだくさん!
  5. 2VeryLongAnimalsとは?|魅力的なNFTアートを紹介!
  6. 2.1VeryLongAnimals |#17
  7. 2.2VeryLongAnimals|#25
  8. 2.3VeryLongAnimals|#7
  9. 3VeryLongAnimalsを買うには?|NFTの始め方
  10. 3.1① ウォレットを作成
  11. 3.2② 暗号資産取引所の開設
  12. 3.3③暗号資産取引所でイーサ(ETH)を買う
  13. 3.4④暗号資産取引所からウォレットに送金
  14. 3.5⑤OpenSeaにウォレットを接続
  15. 3.6⑥OpenSeaでVeryLongAnimalsのページに移動して購入
  16. 4VeryLongAnimalsからNFTを始めよう!
  17. 5免責事項

VeryLongAnimalsとは?|日本のNFTプロジェクト

『VeryLongAnimals』通称『ベリロン』は、MEISO合同会社が運営するNFTプロジェクトです。

特徴的なのはすべてのNFTイラストが「顔が長い動物」であること。一目見たら忘れられないインパクトとゆるい可愛さを持つイラストは、現在大注目されています。

Opensea販売ページより引用(#100、#46、#15、#2)

「やることなすことも冗長で許されます」という説明の通り、『ベリロン』はさまざまな方面でひたすら自由度が高いNFTです。どのようなNFTなのか、さっそく紹介していきます!

NFTの魅力①|商用利用OK!自由なNFT

『ベリロン』の魅力1つ目は、「自由度が高すぎるNFT」という点です。

『ベリロン』は個人で楽しめる他にも、商用利用(個人・法人問わず)も無料で許可されています。

また、編集や加工、二次創作の販売もOKとされており、まさに「やりたい放題できる」NFTとなっています。

二次創作イラスト、グッズ販売の他にも、店舗のマスコットとしても利用OK!カラーリングや背景を加工して、自分好みの『ベリロン』にアレンジすることも可能です。

公式サイトにある『VeryLongAnimals 2次創作掲示板』では、様々な『ベリロン』二次創作を見ることができます。

VeryLongAnimals 2次創作掲示板~Gallery of Secondary Works~

NFTの魅力②|ゆるーいアートワーク

『ベリロン』の魅力2つ目は、「ゆるゆるなアートワーク」であるという点です。

『ベリロン』Opensea販売ページより引用(#23)

見ての通り、ドット絵で描かれた縦にながーい動物たちは、見る人ものんびりしてしまうような独特のゆるさを持っています。

哺乳類の他にも、イカやエビといった海にいる生き物、ニワトリやインコなどなどの鳥類と、動物のバリエーションはたくさん!みんなから親しまれやすいアートワークとなっています。

NFTの魅力③|イベントや企画盛りだくさん!

『ベリロン』の魅力3つ目は、「イベントや企画が充実している」という点です。

Twitterのハッシュタグ「#VeryLongAnimalsNews」で検索をすると、たくさんの『ベリロン』ホルダーたちが主催するイベント企画をチェックできます。

また、『ベリロン』公式でも、テレビドラマとのタイアップやオンラインイベント、サッカーチームとのコラボなど、さまざまな企画に力を入れています。

VeryLongAnimalsとは?|魅力的なNFTアートを紹介!

ここまで、『ベリロン』がどのようなNFTであるのか、どのような魅力があるのかをお伝えしてまいりました。

続いて、『ベリロン』のNFTアートとしての魅力をご紹介します!

VeryLongAnimals |#17

VeryLongAnimals #17:Opensea販売ページ

ベリロン#17』は、卵から産まれたひよこです。

ひよこ本体が長いなら、きっと卵も長いんだろうな…といった想像をしてしまいますね。どこか表情がシュールな雰囲気があるのも『ベリロン』らしさです。

VeryLongAnimals|#25

VeryLongAnimals #25:Opensea販売ページ

ベリロン#25』は、口をとがらせたタコです。

お弁当に入っているウインナーのように赤い体と、何か不満げに口をとがらせている表情がとても可愛らしい一枚です。

『ベリロン』は虫や海洋生物など、さまざまな生き物がモチーフになっています。多くの人がそれぞれ好きな動物の『ベリロン』に出会えるのも魅力のひとつですね。

VeryLongAnimals|#7

VeryLongAnimals #7:Opensea販売ページ

ベリロン#7』は、パンダのベリロンです。

赤ちゃんの誕生などでたびたび話題になるパンダは、おそらくファンである方も多いと思われます。2023年の2月には、返還の際に大きな話題にもなりました。

「推し」の動物たちをアピールしたい!という方にも『ベリロン』はおすすめのNFTです。ぜひSNSのアイコンやグッズなどでアピールしていきましょう!

VeryLongAnimalsを買うには?|NFTの始め方

ここまで『ベリロン』そのものの魅力をお伝えしてきました。ここからは「実際に『ベリロン』を購入したい!」という方に向けて、NFTアートの購入方法を解説していきます。

まずは、NFT購入における全体の流れをご紹介します。

こちらで解説する手順は『ベリロン』に限らず、すべてのNFTアート購入の際に共通となります。ぜひ、『ベリロン』をきっかけに、多くのNFTアートに触れてみてください!

① ウォレットを作成

NFTアートを購入する際にまず準備するものは『ウォレット』です。

ウォレットとは文字通り「お財布・金庫」の役割をするもので、引き換えた仮想通貨や購入したNFTを保管・管理するサービスです。

本サイトでは別記事で代表的なウォレット『Meta Mask』の始め方を詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

あわせて読みたい
Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(PC編)|NFTの始め方①のイメージ
Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(PC編)|NFTの始め方①
Meta Mask(メタマスク)は、NFTアートの購入に使うウォレットの一つです。NFTアートを買いたい!という方には必須のツールですが、使い方・始め方がとにかく難しいです。今回はMeta Mask(メタマスク)の使い方・始め方について簡単に解説していきます!
あわせて読みたい
Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(スマホアプリ編)|NFTの始め方①のイメージ
Meta Maskの初期設定と使い方を解説!(スマホアプリ編)|NFTの始め方①
Meta Mask(メタマスク)は、NFTアートの購入に使うウォレットの一つです。NFTアートを買いたい!という方には必須のツールですが、使い方・始め方がとにかく難しいです。今回はMeta Mask(メタマスク)の使い方・始め方について簡単に解説していきます!

② 暗号資産取引所の開設

ウォレットが準備できたら、次は現実の通貨を、WEB上で取引される『仮想通貨』に変換します。変換は『暗号資産取引所』にて行います。

暗号資産取引所では、現実世界の銀行と同じく、口座開設が必要です。

こちらで暗号資産取引所『BITPOINT』の口座開設方法を詳しく紹介しています!

あわせて読みたい
【暗号資産取引所】BITPOINT(ビットポイント)の使い方とは?のイメージ
【暗号資産取引所】BITPOINT(ビットポイント)の使い方とは?
沢山あるマーケットで、初心者にもそうでない人にも優しい取引場『BITPOINT』がオススメな点を今回はお伝えしたいと思います。また、情報は令和4年10月4日のものです。

③暗号資産取引所でイーサ(ETH)を買う

暗号資産取引所で口座を開設したら、現金を『仮想通貨』に引き換えます。

仮想通貨はたくさんの種類がありますが、NFTアートの取引でよく用いられるものは『ETH(イーサリアム)』です。

④暗号資産取引所からウォレットに送金

ETHが準備できたら、最初に作ったウォレットにETHを送金しましょう。

今後、購入した仮想通貨はすべてウォレットで管理します。

⑤OpenSeaにウォレットを接続

ウォレットにETHを送金できたら、さっそくNFTの購入…といきたいところですが、その前に、ウォレットをNFTのマーケット・『Opensea』に接続しましょう。

『Opensea』は世界最大級のNFTマーケットプレイス(販売所)です。ここで購入したNFTはすべてウォレットに送られます。ですので、まずは購入の前にウォレットを接続する必要があります。

⑥OpenSeaでVeryLongAnimalsのページに移動して購入

ウォレットの接続ができたら、NFTを購入してみましょう!

『ベリロン』の販売ページにて、現在販売している、お好きなNFTアートをクリックします。

『ベリロン』Opensea販売ページ

個別ページに移動したら、そのまま『Add to cart』をクリック。するとブロックチェーンのトランザクションが開始します。こちらが無事に終了したら、NFT購入完了です!

VeryLongAnimalsからNFTを始めよう!

以上が『ベリロン』の魅力と購入方法の解説でした。

シンプルな絵柄ながらも目を引く『ベリロン』。二次利用の自由さなども相まって今後ますます盛り上がりを見せると予想されます。

みなさんも「最近堅苦しいなあ」と感じたら、ぜひ『ベリロン』に触れて「伸び伸びアニマル」になってみてください!

免責事項

当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

ちゃこし
ライター

ちゃこし

元フロントエンドエンジニア。文章・イラスト・マンガの三本槍でものごとを伝えていきます。皆様にとって少しでも面白いと感じられる記事をお送りしていきたいです。

リンクと画像の例

Risdom事前登録受付中!

Sample Image

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」日本上陸!

タワーオフェンスゲーム「Knightcore Kingdom(ナイトコアキングダム)」