『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』90年代の日本が舞台の追体験ホラーノベル

<追記あり>【おすすめインディーゲーム】『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』90年代の日本が舞台の追体験ホラーノベル

ねん発売されるインディーゲームの中から勝手にオススメをしてしまう【おすすめインディーゲーム】。今回は2020年2月6日発売にNintendo Switch版がダウンロード発売されます『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』を紹介。こちらのソフトの価格は1280円(税込)です。

放課後、夕暮れの教室、ぼくひとり、怪談を読む

『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』は2019年にVR対応としてSteamからPC版が発売されました。夕暮れの教室でたったひとり机に座って怪談を読む。オレンジ色に染まる教室で怪談を読む自分という不思議な状況を体験していきます。。
PC版はVRでしたので、夕日で教室の半分が暗い感覚やヒグラシの鳴き声の臨場感。ノベルゲームの弱点である没入感の少なさを補って余りある怖さでした。
今回発売されるNintendo Switch版ではVR機能は無いものの、ジャイロセンサーを使ってカメラを操作する事ができるそうなので、自分の足元を見たり、教室の隅の暗がりに注目したりはできそうです。この視線の移動が、ゲームの演出にどのように作用するかが気になります。

物語

 

1990年代中盤、ある夏の日、ある地方都市――小学生五年生のシュウジは、「オトナのジジョウ」により引っ越しを繰り返す生活を続けていた。

 仲が良くても、必ず失われる関係性に、シュウジは友情というものを信用しなくなっていった。

 「ツンって知ってるか?」その日、ナミとシュウジは、ガキ大将のゴトウから学校の怪談を聞かされる。

 整合性の取れていない怪談話に、ナミは下らないウワサと断じ、シュウジも真に受けていなかったが……。

『新世紀エヴァンゲリオン』初回放送の時代に生まれる恐怖

この時代設定を「懐かしい」とするか「この間」とするかで、なにかとなにかを分ける線が引かれそうな気がします。

1990年代の後半というより平成の始めが舞台の物語。口裂け女の都市伝説や駄菓子屋の前のゲーム機。インターネットが普及していなかった時代にも関わらず、全国各地に同じように流布する都市伝説。テクノロジーは進化したものの、バブル時代を懐かしむかのように人々はいまだに昭和を引きずっていた時代。そんな時代の小学生が体験する恐怖とは? 
当時、小学生だった人や平成一桁が懐かしいと感じる人は是非プレイしてください。
またこちらのタイトルはタイトルに「零」と付いているとおり第0作です。実は「夕鬼(仮称)」というホラーアクションゲームのプロローグ的な作品となっているのです。

この作品が大ヒットとなれば、この「夕鬼(仮称)」の開発もよりスムーズに行われると思われますので、ぜひとも購入してプレイしてください。

商品概要

商品名:『夕鬼 零 -Yuoni:ゼロ-』
発売日:2020年2月6日
価格:1,280円

『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』(Nintendo Switch版販売ページ)https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000023411
『夕鬼 零 Yuoni: Rises』(Steam)https://store.steampowered.com/app/989710/__Yuoni_Rises/
『夕鬼』公式サイト https://www.yuoni.net/
『夕鬼』Twitterアカウント @YuoniGame
株式会社トライコアTwitterアカウント @tricore_fukuoka
株式会社トライコアサイト https://www.tri-core.co.jp/

<追記>
更新データ:Ver.1.0.1配布開始
TVでプレイする人に向けた修正です

 

 スタッフからは没入感を演出するために携帯モードでのプレイが推奨されていた『夕鬼 零 -Yuoni: ゼロ-』。
しかし思ったよりもTVでプレイするファンが多かった模様で、TVモードでのプレイでは視点変更が難しいという意見が多く寄せられたそうです。
それを受けて修正パッチを配布。修正点は以下のものとなります。

・携帯モード以外では、右スティックによるカメラ操作固定に修正
・携帯モードのカメラリセット時、教室正面ではなく、本を基準にリセットされるように修正

また、ゲームに隠された真エンディングがあることもツィートで発表。真エンディングを迎えると、隠された用語集が解放され、エンディングのあとにあるやりとりが追加されますとのこと。
まだ見ていない方は、ぜひともチャレンジしてください。そして見事、見られた方は公式Twitterに報告してください。スタッフの方々が見つけてもらえるかすごく心配しています。 

 

 

『Florence』ひとりの少女の半生を描いたインタラクティブムービー【おすすめインディーゲーム】
『Mosaic』ノルウェー産 現実逃避したサラリーマンが見つける世界の真実とは!?【おすすめインディーゲーム】
『To the Moon』老人の「月に行きたい」という夢を叶えよう【おすすめインディーゲーム】
【おすすめインディーゲーム】『コーヒートーク』ローファイ・ヒップホップをBGMにシアトルのカフェで味合う多様性のストーリー