転職すれば何でも希望が叶うと思ったら大間違い!? ゲーム業界転職の真実

転職すれば何でも希望が叶うと思ったら大間違い!? ゲーム業界転職の真実

今までのゲーム業界での経験を生かしてステップアップを考えている人や、今の職業から夢だったゲーム業界への転職を考えている方、転職すればやりたい仕事にたくさんのお給料、それに休暇だって取り放題と思っていませんか?
希望する会社に応募する前に、自分の希望に優先順位を付けて自分が本当に会社に求めているものを探してみましょう。

自分の希望を全部かなえるために応募をしたら…

転職エージェントに相談するとまず聞かれるのが自身の希望です。「誰でも知ってる有名タイトルに携わりたい」「年収を上げたい」「スキルを磨きたい」「ワークライフバランスを整えたい」と思いつく限り上げてみます。するとエージェントから送られてくるのが、誰もが知っている有名ゲーム会社の求人の数々。どの会社でも転職できたら最高と大喜びで応募してみるものの結果は全社から不採用の大惨敗。その原因とは一体何なのでしょうか!?

企業にも希望する応募者がいるんです

この全社不採用の大惨敗の原因は、自分のキャリアやできることを無視して自分の希望だけで応募する会社を選んだことです。いくら自分が希望をしている会社でも、その会社が求めている能力やスキルに達していなければ採用はされません。会社が求めているのは「ここで働きたいと思っている人」ではなくて「会社に貢献できる人」なのです。
そこで必要なのが自分の希望に優先順位をつけることと、自分のできることと自分の実績をキチンと考えた上で、自分の希望とできることに折り合いをつけることです。

人に話すことで自分の希望が整理されます

転職エージェントと面談をすると自分の優先順位のついた希望と自分のこれまでの実績、今後の自分がどうなりたいかを聞かれます。この条件や実績を話すことで、今まではなんとなく「転職したいな」と思っていただけなのが、はっきりとした希望に変わる場合があります。
「転職しようかな」と思った理由は、仕事の内容に不満があるのか、給与なのか、ワークライフバランスを整えたいのか…。
自分の希望をはっきりさせることができれば、転職エージェントが今まであなたが仕事で積み重ねた実績から考えて少しでも希望に添えるようなゲーム会社を紹介してくれます。

希望は聞きつつ見直してくれるエージェントを頼りましょう。

転職希望者の入社したいゲーム会社に履歴書を送るだけなら自分でも応募できます。転職エージェントに頼るなら自分が会社に望むことを伝えた時、しっかり希望を聞いてくれるだけでなく、少しでも転職が有利になるように実績を見直してくれるようなエージェントを頼りましょう。

 

WEB面接で気をつけるべきポイント6つ!

 

 

 

 最後の難関!「最後に質問はありますか?」の突破法

 

 

 

転職すれば何でも希望が叶うと思ったら大間違い!? ゲーム業界転職の真実

 

 

 【ゲーム会社の面接には何を着ていくのがベスト!?【男性偏】

 

 

 

 面接だけどかわいい服を来て臨みたい! そんな女子必見の面接服装を教えます!【女性偏】