「機動警察パトレイバー30周年突破記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION featuring EARLY DAYS─PATLABOR THE MOVIE~in 東京」いよいよ開催! - ガメモ

「機動警察パトレイバー30周年突破記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION featuring EARLY DAYS─PATLABOR THE MOVIE~in 東京」いよいよ開催! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

最初のOVAから劇場版までをフューチャーし、2019年夏の大阪で大好評だった展覧会がついに今冬、東京で開催されます。
この展覧会は、2019年夏に大阪で行われた「機動警察パトレイバー30周年記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION~」の内容を一部変更して有楽町マルイ(2019年12月20日~2020年1月13日)にて開催されます。

2018年末に開催された「30周年記念展 in 池袋マルイ」は「シリーズ30年を俯瞰する」総合展をコンセプトに開催し、およそ1万人の来場があり好評のうちに幕を閉じています。
そして2019年8月からは大阪ATCにて「featuring EARLY DAYS─PATLABOR THE MOVIE」と題して、1988年のOVAから1989年の最初の劇場アニメ『機動警察パトレイバー the Movie』に絞っての展覧会を開催され、およそ8,000人の来場を記録しました。

そして再び開催される東京展では、大阪展から一部展示内容がアレンジされて展示が行われる予定です。大阪展に来場した人も来場しなかった人もパトレイバーのさらなる世界観を楽しめる内容となっています。

東京展の見所

大阪展では公開されていなかった制作資料、小説版のイラスト、新旧イラスト、ポスターなどの他、劇場版の貴重な原画・修正原画を展示されます。
原作HEADGEARの協力の下、展示会スタッフが大阪展以降に資料の再探索を行い、発見された『EARLY DAYS』/『PATLABOR THE MOVIE』の貴重な資料の展示も行われます。

主な展示物紹介

大阪展から引き続き展示

・OVA(EARLY DAYS)準備段階から『劇場版』までのアニメ制作資料・ラフスケッチ
 
・OVA(EARLY DAYS)から『劇場版』公開時期のイラスト、ラフスケッチ(ゆうきまさみ、高田明美、橘田幸雄)

・『劇場版』ロケハン写真(樋上晴彦)、背景美術(美術監督:小倉宏昌) 

背景美術(美術監督:小倉宏昌)
背景美術(美術監督:小倉宏昌)


・『劇場版』原画(43カット)

・方舟ジオラマ

大阪展でも展示され話題となった、プロモデラー新保光利氏による方舟のジオラマを大阪展閉幕後から約3ヶ月の時間をかけ、ディティールアップを行いました。

東京展にて初公開

・ゆうきまさみによる「二課棟」ラフスケッチ他、鉛筆画資料

・OVA(EARLY DAYS)の絵コンテ、シナリオ

・新たに発見された『劇場版』背景美術と背景原図、レイアウト
・新たに発見された『劇場版』オープニング原画
・LEDパネル(VMパネル)による原画展示

会場に行った人だけが楽しめるコンテンツもあり

会場だけで聞ける冨永みーなさんによるARナレーション

会場では昨年の池袋展、そして本年の大阪展同様に、スマホでQRコードを読み取ると冨永みーなさん(泉 野明役)のコメントが聞けるARナレーションを設置。

オリジナルグッズの先行販売

グッズ売り場では大人気の篠原重工グッズの新作や上海亭カップラーメン、ATC大阪展のメインビジュアル2種の複製原画の販売などバラエティに富んだグッズが多数ご用意致します。グッズ売り場は会期中入場無料です!
※発売される商品の詳細はパトレイバー公式Twitterをチェック!


週刊Vtuber

人気記事