ゲーム業界お仕事図鑑 - ガメモ

ゲーム業界お仕事図鑑 - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

小学生のなりたい職業といえば、昔からプロ野球選手やプロサッカー選手、医者や最近ですとユーチューバーなんていうのもランクインしています。
そんな人気の職業の中に必ず入っているのがゲーム制作関連のしごとです。(2018年日本FP協会調べ)

そんなゲーム制作関連の仕事ですが、ゲームを作るだけでは、作ったゲームがユーザーの皆さんの手に渡ることはありません。ゲーム制作以外に多くの仕事をたくさんの人が積み重ねていくことでゲームが作られ、ユーザーの手に渡ります。
ではゲーム制作会社にはどんな仕事があるのか? そんな疑問に答えるべく具体的な仕事を紹介します。

ゲームの仕事がしたいけど、プログラムできないし絵も描けない。なんて人はこちらをみて、ゲーム制作会社の中のいろいろな仕事を見てください。中には一般企業にもある仕事もあります。自分にできそうな仕事があればぜひ憧れの職業にチャレンジしてみてください。

 

ゲーム業界仕事図鑑

1.企画職

1-1. ゲームプロデューサー
1-2. ゲームディレクター
1-3. ゲームプランナー

2.ゲームデザイン職

2-1. アートディレクター
2-2. 2Dデザイナー
2-3. 3Dデザイナー
2-4. WEBデザイナー

3-1. クライアントサイドエンジニア
3-2. サーバーサイドエンジニア
3-3. フロントエンドエンジニア
3-4. インフラエンジニア

4.開発以外のゲーム業界職種

4-1. カスタマーサポート
4-2. 品質管理・QA・デバッグ
4-3. シナリオライター
4-4. サウンドクリエイター
4-5. 翻訳、海外担当

5.その他の仕事

5-1. 営業
5-2. プロモーション・広報
5-3. 財務・経理
5-4. 法務・知的財産管理
5-5. 人事・労務・採用
5-6. 秘書・アシスタント
5-7. 情報セキュリティシステム

 

企画職

1-1. ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーは開発するゲーム全体のリーダーです。予算の管理やスケジュールの管理、宣伝企画などゲームタイトルに関する様々な仕事をしたり、企画したゲームに関する最終決定をする仕事です。
タイトルに関わる人たちが多ければ多いほど、打ち合わせと責任が増えていきます。
Topに戻る

1-2. ゲームディレクター

ゲームディレクターはゲーム制作現場の現場監督のポジションです。
ゲームの内容はもちろん、発売やサービス開始までのスケジュールの管理、職場で働いている人のケアまで気を配ります。ゲーム制作に関わるすべての仕事を把握した上で、仕事のバランス調整や人間関係のコミュニケーション能力も求められる仕事です。
Topに戻る

1-3. ゲームプランナー

ゲームプランナーはディレクターのひとつ下に位置するポジションで、ディレクターがゲーム全体の管理をするなら、プランナーはシナリオやCG、システムなどそれぞれの部門の管理やコミュニケーションを図る仕事です。
オンラインゲームでは、新作ゲームの企画立案や製作中のゲームの仕様を考える開発プランナーと、ユーザーが喜ぶイベントやアップデートなどの企画を考える運営プランナーのふたつに分ける場合が多いです。
Topに戻る

 

ゲームデザイン職

2-1. アートディレクター

次のページ

ゲームエンジニア職

関連記事


週刊Vtuber

人気記事