ゲームプランナーからゲームディレクターになるにはどうすればいいの? - ガメモ

ゲームプランナーからゲームディレクターになるにはどうすればいいの? - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

ゲーム業界でnoteに投稿されたある記事が話題になっています。その記事とは「ゲームプランナーは、ディレクターになれない!隠されたクラスチェンジ条件とは」というもの。
筆者は自身がゲームディレクターで、アプリ開発会社ScopeNext取締役とAR体験を提供するGraffity顧問も務めるかえるDさん。

 この記事は新人ディレクターや将来ディレクターになりたい人向けに書かれたもので、ディレクターに必要な考え方やスキルの話をされています。

そもそもディレクターとプランナーの違いとは

ゲームに限らずCMやWebサイト、TV番組、映画などチームでひとつの作品を作る場合、ディレクターとプランナーという仕事が現れます。
簡単に説明するとディレクターは監督です。システムや企画などの最終決定をする役目の人です。マスターアップ間際に不具合が見つかった時に、スタッフが家に帰れなくても修正するか、「これは裏技!」と叫んで不具合を無視するかを決める仕事です。
そしてプランナーは直訳通りの企画者です。ゲームの内容に関する様々な企画や提案を行って、ディレクターが決めてもらう仕事です。

かえるDさんは、プランナーという企画職からディレクターという監督職になるというのは自然な流れだが、この流れが実はほとんど存在していないと言っています。
これは、プランナーにはディレクターに必須のスキルを習得できないからだということです。
その必須な能力とは制作を管理する能力のことで、一般にはプロジェクトマネージャーと呼ばれる仕事です。
チーム全体を管理してスケジュールを守らせつつ、各グループのリーダーとコミュニケーションを図って、ディレクターに繋げる仕事です。この仕事で重要なのが、ゲームの制作工程を理解して、ゲームが完成へと向かっていく方向が理解できていることです。

プランナーの仕事は面白いアイディアを形にして、これがどれだけ面白いかを伝える仕事です。なので他のチームのとりかかっている仕事量とか、そのアイディアを盛り込んだ結果、発売日に間に合うのかなどを考える必要がありません。そこを考えて決定するのがディレクターだからです。
プランナーでは、ゲーム制作全体の流れを考えるスキルを身につけることができないので、プランナーからディレクターになることは難しいけれど、プランナーとプロジェクトマネージャーを兼業することでディレクターへの道が開いてくるという話です。

分業化が進んだゲーム業界で職種を変えるには

とは言っても、大きなタイトルになればなるほど分業化が進んでいて、兼業をすることが難しくなっています。
ではどうすればいいかと考えると、ひとつは無理矢理でも道を作ってプランナーに制作管理の仕事をさせることと、小さなチームに所属してプランナー以外の仕事をせざる得なくすることのふたつが挙げられます。
ただ、ここでふたつの方法にも問題が生まれます。

ひとつめにあげた方法の問題点は「面白いことを考えつく人は制作管理ができない」問題です。日常で面白いことを考え続けられる才能を持っている大体の人は、時間を忘れるほど集中力が突出していたり、ノッてくるとスケジュールを無視してしまいがちです。制作進行はそれではダメなのです。かといって、つまらないけどスケジュールが守れるプランナーはプロジェクトマネージャーには向いていますが、ディレクターに向いていません。ディレクターは「面白さとスケジュール」を天秤にかける人なので、確実につまらない作品ができあがります。

そこから考えられるのは、まだ業界の仕組みがわかっていない段階でプランナー全員にプロジェクトマネージャーの仕事を少しだけ兼業して、プランナーにはこういう技能が必要だと勘違いさせることです。全チーム全体の流れを見ることで、なんとなくゲーム制作の全容を知ってスムーズにプロジェクトマネージャーになれる道筋をつけておくことです。

ふたつ目の小さいチームでプランナー以外の仕事をムリヤリするということの問題は、小さいゲーム制作チームにプランナーという仕事が存在しないことです。小さいチームですと人員は最低まで切り詰められていますので、あらゆる作業が兼業になります。そうなりますとまず最初になくなるのが企画職です。そうなるとプロデューサーやディレクターや品質管理、カスタマーサポート、場合によっては社長など、あらゆるポジションの人が企画を考えます。この作業を何年も続けていると、全部の仕事がなんとなくできる人ができあがります。

実はこれはステップアップするには非常に向いていないポジションで、所属している会社ですと「ディレクターになりたい」と言っても「やる仕事は一緒だよ」と言われます。

どうにか現状を変えようと転職しようとすると、肩書は会社が決めたひとつですが、実は制作進行、カスタマーサポート、品質管理、イラスト発注、外注管理、HP更新などの業務をしているので、自分のセールスポイントがわからなくなります。

こういう時の攻略法はとにかくディレクターになっておくです。企画が通った後に「やる仕事一緒だから」と言われても、「やる仕事が一緒ならディレクターにしてくれ」とお願いしましょう。小さい会社の適当さでほぼディレクターになれます。

そうなれば転職活動の時にディレクターと名乗れますので、次の会社からはディレクターです。その代わり何でもやらされていたので、本当のディレクターの仕事がわからない状態ですので、そこだけはちゃんと説明して、周囲の理解を得ましょう。

険しいけれど道はある!

ゲームの仕事の分業化は大勢でひとつの作品に関わる大作主義になってから始まりました。これはTV番組やCM、映画などが進んできた道です。
分業化は業界の成熟を表していて、とても喜ばしく仕事もしやすくなったのですが、その反面、業務の垣根を越えることができにくくなりました。
現在、ソーシャルゲームのタイトルなどでは稼働しているタイトル数に比べて、ディレクター不足の声も少なくありません。
とにかく、プランナーからディレクターになる道はないかもしれませんが、ディレクターになれる道はありますので、あきらめ無いことが肝心です。

ディレクターとプランナー以外にゲーム業界にはどんな仕事があるの?
ゲーム業界お仕事図鑑

 

関連記事


週刊Vtuber

人気記事