コンパイルハートが「謎のサイト」と映像を公開! 一体何から逃げているのか!? - ガメモ

コンパイルハートが「謎のサイト」と映像を公開! 一体何から逃げているのか!? - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

コンパイルハートは2019年7月1日から“逃げろ”という文字で埋め尽くされた「謎のサイト」を公開しました。
コンパイルハートの公式サイトにアクセスすると「逃げろ」という文字で画面が埋め尽くされ中央に動画が現れます。

 

 



サイトには他にヒントとして「逃げ逃ゲー」というロゴと「死んだハードの思いを霊能者の力を借りて聞いてみる」というタイトルの謎の動画、そして「除霊」ボタンが設置されています。この「除霊ボタン」を押すと通常の公式サイトに戻ります。

 「情報公開まであと2日…」という文章から2日後に「逃げ逃ゲー」というジャンルで死んだハードの思いを受け継いだ「ホラーゲーム」が発表されるのでしょうか。
2日後のサイトの動向が気になります。

コンパイルハートってどんな会社?


こんな気になるサイトを公開したコンパイルハートは、2019年8月29日にPS4にて「アズールレーン Crosswave」の発売が予定されているゲームメーカーです。
かつて存在したゲームメーカー「コンパイル」の「ぷよぷよ」シリーズと「アレスタ」シリーズを除くコンシューマゲームソフトの営業権を所有しており、旧コンパイルの版権を活かした展開を行っていくそうです。

とはいうものの、「アガレスト戦記」や「超次元ゲイム ネプテューヌ」などのオリジナル作品が好評を得ていて「コンパイル」の名前に頼らない独自の展開をしていて、2013年にPS Vitaから「〜聖魔導物語〜」という「魔導物語」の名前を受け継いだローグライクゲームのRPGを発売しています。

ただ「魔導物語」に登場するキャラクターは「ぷよぷよ」シリーズにも登場しているため、キャラクターは完全に新規のものとなっています。

「逃げ逃ゲー」、「死んだハードの思い」というヒントはあるものの、コンパイルのゲームでもコンパイルハートのゲームにもホラー系はありません。「死んだハード」と言われてもコンパイルがゲームを発売していたハードはMSXやファミコンなので古すぎますし、コンパイルハートのゲームはPS3やXBOX360など化けて出るほどの古さではありません。

古くてコレクターズアイテムになっているソフトとしては「魔王ゴルベリアス」(コンパイル/1987年)なんてのがありますけど「逃げ逃ゲー」ではありません。

いずれにせよ発表までがあと僅か。どんなものから逃げることになるか気になるところです。

コンパイルハート公式サイト


週刊Vtuber

人気記事