“Nintendo Direct mini”発表! 今回は移植やリメイク、DLCが中心の発表! - ガメモ

“Nintendo Direct mini”発表! 今回は移植やリメイク、DLCが中心の発表! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

2020年3月26日の23時から“Nintendo Direct mini 2020.3.26”がYouTubeにて配信されました。今回は「mini」ということで、移植やリメイクにDLCを中心に紹介されています。
任天堂からの目立った発表としては『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』の発売日が2020年5月29日に決まったことと追加シナリオ「つながる未来」が収録されることです。また『ブレイブリーデフォルトII』の先行体験版の配信も始まっています。

任天堂からはこの他にはトランプやリバーシ、ダーツなど世界のパーティーゲームを集めた『世界のアソビ大全51』の発売や、新入社員として会社の業務を自分流に遂行するアクションパズル『Good Job!(グッジョブ)』の配信が始まったことが告知されています。

さらに人気ソフトからの追加ダウンロードコンテンツの発表もありました。『あつまれ どうぶつの森』のイースターイベント配信、『リングフィット アドベンチャー』にリズムゲームが追加、『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』の追加ファイターは『ARMS』から参戦が発表。さらには『ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンションパス』“鎧の孤島”の最新情報が公開されました。

サードパーティーの移植作が楽しみ!

そして任天堂だけではなく、サードパーティーからも多くの新作や移植作が発表されました。その中から気になるソフトをピックアップしてお送りします。

『不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』

入るたびにダンジョンのマップが変わる「ローグタイプ」RPG。このタイプのゲームを初めてプレイしたのが「風来のシレン」だったという人も多いでしょう。
入るたびに変化するマップ。自分が動くと相手も動くターン制。ダンジョン内で倒されてしまうと装備品や所持品がすべてなくなる。進むと戻るのシビアな選択が迫られるゲームです。
本作は2010年にNintendoDSにて発売された「不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」の移植に新ダンジョンが追加されたタイトルです。

タイトル:不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス
ハード:Nintendo Switch
発売日:2020年
発売:スパイク・チュンソフト

『不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイス』公式サイト


『キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch』

『キャサリン・フルボディ』は、浮気と結婚の決断に揺れる男女の恋愛模様を描いたアクションパズルゲーム。優柔不断な浮気男の見る悪夢がアクションパズルで表現されています。パズルをクリアすれば目が覚めますが、クリアできなければ目が覚めずにそのまま死。命がけのパズルに挑戦です。
今回のNintendo Switch版は2019年2月14日にPS4、PS Vitaで発売された『キャサリン・フルボディ』の移植作。Catherine(キャサリン)のボイスを変更できる有料DLC「Catherine"理想の声"全ボイスセット」”がはじめからすべて収録されています。さらに、追加ボイスとして“ヒーリングフラワー”花澤香菜、“生意気後輩”竹達彩奈、“インテリジェンスビューティー”井上麻里奈の3人の声が追加され、全14名から選べるようになっています。
ちなみに『キャサリン・フルボディ』の対戦モードは、格闘ゲームの祭典であるEVO Japanでも大会が開かれるくらい盛り上がりますので、ゲームクリア後はぜひともオンライン対戦に挑戦してください。

タイトル:キャサリン・フルボディ for Nintendo Switch
ハード:Nintendo Switch
発売日:2020年7月2日(木)
価格:6980円[税抜](パッケージ版/ダウンロード版)
初回生産限定:描き下ろしスペシャルパッケージ仕様
ジャンル:パズルアクション・アドベンチャー
プレイ人数:1~2人
発売:アトラス

『キャサリン・フルボディ』公式サイト

『キャサリン・フルボディ』公式アカウント:@stud_zero

人気ゲームの音楽をフルオーケストラで! 『キャサリン・フルボディ Symphonic Concert』の開催が決定!

グノーシア(GNOSIA)

グノーシア(GNOSIA)はPlayStation Vitaで発売されたインディーゲームで、開発をしたのはマンション型タワーディフェンスゲーム「メゾン・ド・魔王」を製作したプチデポット。
発売後、SF版「人狼」ゲームとして好評を得たソフトです。
宇宙船の中に紛れ込んだ人間を襲う未知の敵“グノーシア”を見つけるアドベンチャーゲーム。繰り返して遊ぶことで登場人物のキャラクターを把握し、推理の役に立てていきます。
そしていろいろな登場人物が“グノーシア”になったり、疑われてコールドスリープをさせられるのを繰り返していくうちに真実が浮かび上がってきます。
Nintendo Switchに移植されるに当たって、グラフィック、サウンドのクオリティアップ、バックログなどの新機能追加、コントローラーの両手持ち、片手持ち設定、バランスなど100箇所以上を調整されています。
イベントやシナリオはPS Vita版と一緒とのことですので、すでにプレイ済みの方は変更点を吟味してから購入したほうがいいかもしれません。

関連記事

コンフィデンス採用

人気記事