キッザニアに任天堂のパビリオン「ゲーム会社」がオープン予定! - ガメモ

レトロゲーム,セガ,メガドライブ,メガドラ,サターン,任天堂,NintendoSwitch,Vtuber,eスポーツ

子供向けの職業体験型テーマパーク「キッザニア」の「キッザニア甲子園」では7月12日、キッザニア東京」では7月16日のどちらも16時から任天堂のパビリオン「ゲーム会社」がオープン予定です。

なろう! ゲームクリエーター


仕事の内容は、専用のユニフォームに着替えて基礎知識を学んだ後、新しいコントローラー“Toy-Con”(トイコン)を開発します。
“Toy-Con”(トイコン)の開発はNintendo Switchで発売中の「Nintendo Labo」を使って開発するので、プログラムやテストプレイが簡単に行なえます

自分で考えた新しいコントローラーとプログラムを組み合わせてテストプレイをしていきます。この仕事をすることで、発想力やチャレンジすることの大切さが学べます。

パビリオンの所要時間は約40分、6名の定員制で、最後に写真撮影が行われ、自身が作った“Toy-Con”(トイコン)を持った顔写真入りオリジナルゲームカードケースがもらえます。

ゲームクリエーターっていろいろな職種がありますよ


プロ野球選手、プロサッカー選手、医者に続いて「男子小学生のなりたい職業ランキング2018」(日本FP協会/2018年調べ)では4位、「男子中学生のなりたい職業ランキング」(ソニー生命株式会社/2017年調べ)ではITエンジニア・プログラマーに続いての2位だったゲームクリエイター。
ゲームクリエイターといっても様々な職種に分かれていて、どれも無くてはならない職種です。今回の「新しいコントローラーの開発」という仕事の内容から考えますと、プログラマーかプランナーのようですね。

ゲームのアイディアを出して実現するという要素を重要視しているのが非常に任天堂らしいです。
これがソーシャルゲーム運営会社ですと、こどもたちがガチャのレア割合や課金を促すマラソンイベントとか考えさせられたりするのかと思いますとぞっとします。
やはり、なれる職業ではなく、なりたい職業を考えている世代には実現に向けてがんばってほしいです。

任天堂公式サイトリリース

キッザニア甲子園

キッザニア東京


週刊Vtuber

人気記事