【面接の極意】最後の難関!「最後に質問はありますか?」の突破法 - ガメモ

【面接の極意】最後の難関!「最後に質問はありますか?」の突破法 - ガメモ

面接の最後に聞かれる「最後に質問はありますか?」これにはどう返したら良いのでしょうか? そもそも質問しなければいけないのでしょうか? この疑問にズバリ答えます。

憧れのゲーム業界の面接、志望動機はばっちり会話も弾む、そんな面接の終盤に「なにか最後に質問ありますか?」と聞かれたら、一瞬フリーズしてしまいますよね?
就活サイトにも質問はしたほうが良いという記事はたくさんありますが、結局何を聞けばいいのか迷ってしまいます。
そんなあなたに、インターン・新卒・中途・アルバイトまでの採用面接をした経験のある方に、この最後の質問の突破方法を聞きました。

目次

最後の質問「最後に質問はありますか?」
「最後の質問」にはこんな質問をしましょう
「○○という経験があるのですが、御社でそのスキルは活かせますでしょうか?」
こういった質問をするのは避けましょう
まとめ

最後の質問「最後に質問はありますか?」

面接も最後に差し掛かると決まって「最後になにか質問ありますか?」
と聞かれます。面接の場面で聞かれているので、なにか答えなければならないのかと迷ったこともあると思います。
こう聞かれた場合は、基本的には質問をしたほうがいいでしょう。
では「最後に何か質問は?」という面接担当が聞いた意図と、どう答えると良いのかを説明しましょう。

「最後に質問はありますか?」に隠された意図

「最後になにか質問は?」の質問がされる意味は、2つあります。
1.「面接はこれで終了となるので、最後に言いたいことありますか?」
2.「最後に何かあなたからアピールしたいことはありますか?」

1には、ただの話の終わりとしていきなり終わってしまうと候補者の方に不安感を与えかねないので、クッションとして聞いていることがほとんどです。

2には、会社への志望度や仕事への興味などを知るために、候補者の方がどんな質問を
してきたかによって会社の志望度を図るために聞いています。
多くの場合、1よりも2の意図で聞いていることが多いです。

「最後の質問」はこういう質問をしましょう。

先ほどの隠された意図の解説で、企業は志望度を図っていると言いました。その意図を汲んでこちらは、質問をする際は志望度や自分のスキルをアピール出来るような質問をしましょう。

<例>
(営業志望の場合)「○○の地域で営業活動されていますが、範囲はどのぐらいまで広げるおつもりですか?」
(プランナーだった場合)「運営プランナーは1つのイベントに対して、何名規模で行っていますか?」

など自分が仕事をしていく上で必要な情報を素直に聞くだけで、志望会社に対して働く意志の強さをアピールすることが出来ます。

「○○という経験があるのですが、御社でそのスキルは活かせますでしょうか?」

希望職種の質問以外にも、面接では伝えきれなかったスキルをさりげなくアピールすることが出来ますし、その返答によっては付け加えて、
「ありがとうございます。○○の部分では過去にこのぐらい実績を残しましたので、そのスキルで御社に貢献したいです。」
など一言添えると更に印象がよくなるでしょう。

こういった質問をするのは避けましょう

「私にもその仕事は出来そうですか?」

この質問、一見当たり障りのない質問かと思いますが自信の無さをアピールしてしまいますのでやめましょう。

「もし、ご縁が会った際になにか身に着けておくスキルはありますか?」

この質問は正直、愚問です。面接の場まで来る方は、来た時点で入社させても良いかもしれないというスキルを持っていますので、その質問ももしかしたらマイナスイメージをつけてしまう可能性がありますので気を付けましょう。

まとめ

「最後になにか質問ありますか?」の質問の裏側には、自分の時間ではなくあくまでも企業の選考の一部であるということを理解しましょう。
ですので、会話の流れを読み、適切な質問をしながら自分のスキルややる気をアピールしましょう。
しかし、上記の例はあくまで一例に過ぎません。行く業界によっては的外れになってしまいますので、しっかりと自分なりの質問を用意しておきましょう。

ゲーム業界に就職・転職する時に一目置かれる志望動機とは?

WEB面接で気をつけるべきポイント6つ!

ゲーム会社の面接には何を着ていくのがベスト!?【男性偏】

面接だけどかわいい服を来て臨みたい! そんな女子必見の面接服装を教えます!【女性偏】

  本当はこんな意味だった!?【ビジネス用語辞典】

 

  • 1

関連記事


週刊Vtuber

人気記事